Tポイントのおすすめの使い道は?期間限定ポイントの使い方も

全国の提携店やネットで貯まる・使えるポイントといえばTポイントですが、Yahoo!JAPANサービスとの連携が終了して使い道や交換先に困っているという方はいませんか。本記事では、Tポイントのおすすめの使い道と、Tポイントを高レートで使う方法をご紹介します。

Tポイントは2種類ある!期間限定Tポイントとは

まずは、Tポイントの種類について解説します。

Tポイントは、通常のTポイントと、利用先と期間が限定されるストア限定Tポイントの2種類があります。ポイントの種類によって使い道も異なるので、再確認しておきましょう。

通常のTポイント

通常のTポイントは、すべてのTポイント提携先で1ポイント1円として利用できるポイントです。提携先でポイントを使いたい場合は、利用したいポイント数を自分で指定することができます。

有効期限は最終利用日から1年なので、小まめにTポイントサービスを利用している限り失効しません。

期間限定(ストア限定)Tポイント

期間限定Tポイントとは、特定の提携先でのみTポイントの利用ができるポイントです。TSUTAYAやオートバックスなど、街の店舗で貯まる・使える期間限定Tポイントや、ネットのサービスで貯まる・使える期間限定Tポイントがあります。提携先によっては、ストア限定ポイントや期間固定Tポイントと表示されています。

なお、期間限定ポイントも通常のTポイントと同様に、1ポイント1円として利用可能です。指定された提携先を利用していなくても、キャンペーンで自動的にTポイントが付与される場合もあります。

ただし、期間限定Tポイントは、利用先と使用期限がポイント毎に決められています。使用期限を過ぎるとポイントが失効してしまうことに気を付けなければいけません。

通常Tポイントのおすすめの使い道

期間限定のTポイントは利用先や使用期間が限られているため効率よく使用する必要がありますが、通常のTポイントであれば全国の様々な提携先で使用できるので上手に利用しましょう。

では、Tポイントにはどんな使い方があるのでしょうか。Tポイントのおすすめの使い道をご紹介します。代表的なものから、あまり知られていない使い道までまとめているので参考にしてみてください。

使い道①ネットショッピングやコンビニで使う

まずは提携先のファミリーマートやネットショッピングでの買い物です。

2022年3月31日より、Yahoo!JAPANのサービスでTポイントサービスが終了となりましたが、Yahoo!ショッピングやPayPayモール以外にもTポイントが使えるネットストアは多数あります。

代表的なネットストアは以下の通りです。

・TSUTAYA
・エディオン
・ソフマップドットコム
・BEAMS ※T-MALL経由
・dinos ※T-MALL経由
・DHC ※T-MALL経由

家電販売のイメージが強いエディオンですが、ネットではトレットペーパー、おむつ、飲料などのかさばる物や重たい物をTポイントで購入することができますよ。また、全国各地に店舗を構えるファミリーマートでは、食料品、日用品、本、ゲーム、ヤマト宅急便、カタログギフトなど、様々な商品の購入にTポイントを利用することができるので使い勝手が良いです。

使い道②飲食店やデリバリーで利用する

Tポイントの使い道としては、街の飲食店やデリバリーもおすすめです。街の飲食店であれば、以下のような提携先でTポイントが使えます。

・ガスト
・バーミヤン
・ジョナサン
・から好し
・グラッチェガーデンズ
・吉野家
・牛角
・ロッテリア
・ステーキ宮
・しゃぶ葉

また、デリバリーであれば、すかいらーくグループや上海エクスプレス、ニューヨークニューヨークなどでTポイントが使えます。

使い道③提携のトラベルサイトで使う

こちらも定番ですが、貯まったTポイントをトラベルサイトで利用するという使い道もあります。2022年3月31日にYahoo!トラベルや一休.comにおいてTポイントとの連携が終了してしましましたが、Tトラベルじゃらんでは引き続きTポイントの利用が可能です。

Tトラベルなら一部の海外ツアー、海外航空券、国内空港兼、国内宿泊施設のオンライン予約時にTポイントを使って、お得に旅行を楽しむことができますよ。ただし、クレジットカード決済を指定するなどの条件付きである場合もあります。Tポイントを利用する際は、事前に公式のトラベルサイトで調べておくと安心です。