「識別されていないネットワーク」の対処法9選!無線・有線別にご紹介!

Windows10のパソコンで識別されていないネットワークにアクセスし上手くインターネットが利用できないという経験はしたことはありませんか。Windows10のパソコンで識別されていないネットワークにアクセスしている際の対処法について紹介していきます。

windows10で「識別されていないネットワーク」というエラーが出た時の対処法【有線/Wifi(無線)】

Windows10のパソコンを利用してインターネットを活用することはよくあると思いますが、ネットワーク設定をした際に識別されていないネットワークというポップアップが表示された経験はありませんか。ここではWindows10のパソコンを利用している人向けに識別されていないネットワークというポップアップが表示された場合の対処法について紹介していきます。ネットワークの利用方法は、WiFiを活用する方法と有線LANケーブルの2パターンがありますが、ここでは両方のパターンで利用できる対処法について紹介していきます。

①トラブルシューティングを試す

まず一番簡単な方法としては、Windows10の標準機能を利用する方法があります。有線LANケーブルやWiFiでインターネット接続した際に識別されていないネットワークとポップアップが表示されて場合は、トラブルシューティングという機能を利用してみましょう。トラブルシューティングとは、Windows10のパソコン内で原因となる問題を調査して、対処方法を提示してくれる機能のことです。しかしトラブルシューティングは、インターネットにアクセスできていないと解決策を提案できない場合もあるので、その場合は他の方法を探す必要があります。

②IPアドレスを再取得する

Windows10のパソコンを利用していて「識別されていないネットワーク」と表示された場合はIPアドレスの再取得をすると解決する場合があります。IPアドレスとは、有線LANケーブルやWiFiでインターネット接続する際に自分の所在地情報のことです。もっと簡単に言うと家の住所に似た機能のことです。このIPアドレスが正しい情報を取得できていないとインターネットにアクセスしても正しくアクセスできずエラーになることもあります。IPアドレスの再取得方法としては、一度WiFiや有線LANケーブルを再度接続したり、再設定することでIPアドレスの再取得をしてくれます。もし固定IPアドレスの場合は、管理者に相談する必要がありますので確認してみましょう。

③ドライバーを更新する

インターネットにアクセスする際にドライバーという機能を利用していることを知っていますか。windowsパソコンはドライバーをインストールすることで周辺機器を利用できるようになっています。例えばプリンターやUSBメモリといった機器をパソコンで利用するにはドライバーをインストールすることで利用できるようになっています。もちろんWiFiや有線LANケーブルといったインターネット機器も同様です。そのドライバーが古かったり、また不具合が発生している場合はドライバーの更新をすることで「識別されていないネットワーク」というエラーを解決できることもあります。

④静的IPアドレスを割り振る

WiFiや有線LANケーブルのインターネット設定に問題がある場合の原因の1つとしてIPアドレスの設定があります。先程のIPアドレスの再取得をしてもIPアドレスが更新されず、誤ったIPアドレスが設定されてしまう場合もあります。その場合は静的IPアドレスを設定して「識別されていないネットワーク」エラーが解決するかを確認してみましょう。静的IPアドレスとは、IPアドレスの設定を固定にしてしまう方法です。通常IPアドレスは、ルーター等の機器によって自動割り当てされるようになっています。そのため静的IPを設定するには、インターネットの設定を変更することになるのでパソコンに詳しくない人にはあまりおすすめできません。

③イーサネットを有効にする

「識別されていないネットワーク」のポップアップが表示される場合は、もしかしたらWindows10のパソコン側で設定が有効化されていないだけかもしれません。Windows10のパソコンで有線LANケーブルを活用してインターネットを利用する場合は、イーサネットという機能を有効化していないとインターネットを活用することができません。イーサネットとはパソコンの有線LANケーブルを指す部分を利用できるようにする設定のことです。なので有線LANケーブルを挿してもイーサネットが有効化されていないとWindows10のパソコンは有線LANケーブルを認識することができません。

⑤Bonjourを削除する【windows7】