【2022年最新版】楽天ポイントを現金化する方法を紹介!

楽天経済圏でサービスを利用することで獲得できる「楽天ポイント」。楽天ポイントは楽天のサービスだけでなく、全国の商店でショッピングをする際にも獲得ができます。この記事では、楽天ポイントを現金化する方法や楽天ポイントに関するQ&Aをご紹介します。

楽天ポイントは現金化可能?

日本では大手のショッピングサイトの楽天。ネットショッピングだけでなく、実店舗でも買い物をすることで獲得できるのが楽天ポイントです。まずは、楽天ポイントが現金化できるのかどうかについてご紹介していきます。

通常ポイントは現金化できる

結論から言うと、ショッピングなどで貯められる楽天ポイントは現金化可能です。現金化するには様々な方法があり、細かな現金化の方法については後述していきます。

楽天銀行への送金は不可

楽天ポイントは現金化できるとご紹介しましたが、楽天銀行などへの直接送金することはできません。あくまでもポイントはポイントなので現金ではありません。楽天ポイント=現金というわけではないので覚えておきましょう。

期間限定ポイントは現金化できない

楽天ポイントには、期間限定のポイントが付与される場合があります。楽天のサービスに加入することで得られるポイントは大体の場合期間限定ポイントですが、そういったポイントは現金化することはできないので覚えておきましょう。

楽天ポイントを現金化する9つの方法

では、楽天ポイントを現金化する方法を9つご紹介していきます。現金のように使うことで現金化することができます。楽天ポイントが余っているなら自分に合った方法で現金化しましょう。

方法①楽天証券で投資信託に運用する

楽天ポイントは、楽天証券を使って投資信託の運用をすることができます。投資信託は投資に部類されるので、貯めたポイントよりも損をする可能性もあるので注意が必要です。

ただ、価値の変動があれば運用に回したポイントよりも多い分の金額を得られる可能性もあるので運用することも念頭に置いてみてください。

方法②電子マネーにチャージする

楽天ポイントは、電子マネーにチャージすることも可能です。全ての電子マネーにチャージできるわけではありませんが、一般的に使える電子マネーにもチャージできるので実店舗で使いたい場合は検討してみましょう。

ただ、電子マネーにチャージするのは実際に現金にできるわけではありません。ただ、現金としてい利用できるようにはなるのでおすすめです。

電子マネー①楽天Edy

「楽天Edy」は楽天が運営するプリペイド型の電子マネーです。全国で78万店舗以上の店舗で利用でき、楽天Edyの公式サイトから簡単にチャージができるのでおすすめです。

電子マネー②Suica