「この操作を実行するアクセス許可が必要です」の原因と対処を解説!

windows10でファイルやフォルダを操作していると「この操作を実行するアクセス許可が必要です」といったメッセージが表示されることがあります。
この記事では、メッセージが表示される原因や対処方法について紹介していきます。

「この操作を実行するアクセス許可が必要です」の原因

Windows10で画像やドキュメント等のファイル操作時に「この操作を実行するアクセス許可が必要です」といった確認メッセージが表示される原因にはいくつかあります。
以下で、確認メッセージが表示される原因を紹介しますので、原因を調べる際の参考にしていただけると幸いです。

【原因】ファイル・フォルダへのアクセス権限がない

画像やドキュメントといったファイルを編集・削除操作を実行する場合、使用しているユーザーがファイルへのアクセス許可を持っている必要があります。
アクセス許可設定が無いユーザーでファイルの操作を実行した場合、エラーメッセージが表示されます。

【原因】Windowsのシステムファイルを変更しようとしている

WindowsのOSに関連するシステムファイルを変更しようとすると「この操作を実行するアクセス許可が必要です」というエラーメッセージが表示されます。
基本的に、WindowsのシステムファイルはOSを動かすうえで必須のファイルとなっている為、ユーザー側からは操作できないように「Trustedinstaller」というユーザーを所有者にして操作できないように制限されています。
システムファイルやフォルダ内の操作を実行するには、ユーザーを変更する必要があります。

【原因】ウィルス対策ソフトなどがブロックしている

外付けHDDやUSB等のファイルやフォルダを操作する際に「この操作を実行するアクセス許可が必要です」のメッセージが表示される場合は、ウイルスソフトが外付け端末との通信データをブロックしている可能性があります。
なお、ウイルスソフト等で制限されているファイル操作を実行すると同様のエラーが発生しますので注意が必要です。

【原因】外付けHDDの共有設定に問題がある

外付けHDDを共有フォルダとして設定し、親PC以外からネットワーク経由で別PCからアクセスしようとした際に「アクセス許可が必要です。」といったメッセージが表示されることがあります。
エラーメッセージが表示される原因として、共有フォルダのセキュリティ設定が間違っていることが原因で発生する事があります。
外付けHDDの共有フォルダ設定の確認は、親PC側で該当の共有フォルダ上でプロパティを表示する事で確認できます。アクセス権限の許可設定については、プロパティ内の「共有」タグの中に存在します。
※実際の対処法については別途ご紹介いたしますので、其方を参考にしてみてください。

【原因】ネットワークドライブの接続設定に問題がある

会社などで使用されることが多いNAS(Network Attached Storage)ですが、最近では個人の方で利用されている方も多く存在します。
NASは同一ネットワーク上のPCからアクセスする事ができ、画像やドキュメント等のネットワーク上に保存し、同一ネットワークのPCと共有する際に便利なツールです。
NAS上に保存されたファイルやフォルダ等を別ユーザーから操作する場合に「この操作を実行するアクセス許可が必要です」と表示された場合は接続アカウントの設定や、ネットワーク等の各種NAS側の設定が原因で発生している事があります。

【原因】グループポリシー設定でUSBアクセスが制限されている

 

会社等で使用するPCにUSBケーブルを接続した場合に「アクセス許可が必要」といったメッセージが表示されることがあります。
この場合は、情報流出を防ぐために会社側でUSBの利用を制限するグループポリシーが原因で発生する事があります。基本的にグループポリシーが設定されている場合は、会社側からUSBメモリ等の利用を禁止されている事が考えられます。
どうしてもUSBメモリを使用する必要がある場合は、会社側に確認を取って解除して貰う必要があります。