【iPhone】WiFiのSETUPに勝手に繋がる理由と対処法

iPhoneを使用しているときに、なぜかsetupというフリーwifiに勝手に繋がることがあります。

なぜsetupは表示されるのでしょうか?勝手に繋がる理由とその対処法について紹介していきます。あわせてフリーwifiの危険性についても解説していきます。

フリーWiFiのSETUPって何?

外出先など普通wifiが繋がらないところで、鍵がかかっていない「setup」という鍵がかかっていないwifiにつながってしまうことがあります。

setupとは、端末をセットアップするためのSSIDと言われており、とても弱い電波になっています。

setupに繋がると、ネットに繋がらなくなるだけでなく、Bluetoothなどにもつながらなくなってしまいます。

SETUPの表示が勝手に出てくる理由は?

なぜsetupの表示が勝手に出てくるのでしょうか?

実はsetupはフリーwifiとなっており、端末の設定のwifiの自動接続をONにしていると、勝手に出てくるということになってしまいます。

setupはネットワーク接続がされている端末がすごく多くあると出現すると言われており、人の多い駅や電車などでsetupのwifiが出てくるという声が多いです。

逆に田舎など、人もあまりいないところはsetupのwifiはでないのです。

SETUPが危険な理由

ネットワーク接続する端末が多いところでsetupのネットワークがでてくるというケースが多いですが、setupは危険です。

なぜ危険と言われているかというと、setupが鍵のかかっていないフリーのwifiであるということです。危ない理由は、悪意を持った人がWiFiを飛ばしている可能性があるからです。

悪意がある日とが飛ばしているフリーwifiに接続してしまうと、個人情報を盗まれたり、盗聴や盗撮の危険性もあります。

フリーのwifiに勝手に接続されたということは、設定でwifiの自動接続をONにしている可能性があるので大変危険です。設定を変えるなどの対策をしましょう。

WiFiのSETUPに繋がると何が起こる?

駅や電車など、人が多いところでwifiのsetupに繋がることが多いですが、setupに繋がると一体何が起こるのでしょうか。

setup接続でなにが起こるのか説明します。

【SETUP接続で起こること①】ネットに繋がらなくなる

setup接続で、ネットに繋がらなくなることもあります。

なぜsetupに接続したらネットに繋がらなくなるかというと、setupは端末をセットアップするためのSSIDなので、とても弱い電波となっているからです。

とても弱い電波が繋がってしまうと、ネット接続もできなくなってしまいます。

しかし、setupのwifiに繋がっているのにネットも問題なく使えることがあります。この場合は、第三者がsetupという名前の電wifi波を飛ばしている可能性があるので、誤って接続しないように用心しておきましょう。

【SETUP接続で起こること②】Bluetoothなどの接続が切れてしまう

Bluetoothなどの接続が、setup接続で切れてしまうこともあります。

なぜsetupに接続するとBluetoothに繋がらなくなるか、それはsetupのwifiがBluetoothと端末の通信を妨げてしまうからといわれています。

最近はワイヤレスイヤホンなどがBluetoothで接続されていたりするので、wifiの自動接続の設定をONにしておくとイヤホンとの接続が切れてしまう場合があります。

実は危険?!暗号化されていないフリーWiFiに要注意