Windowsのプロダクトキーが使い回しできるパターンを紹介!

この記事では、Windowsのプロダクトキーについてお話ししていきます。ライセンス認証について、他のPCで使い回しができるのかご説明しています。また、プロダクトキーを安く購入する方法や紛失した際の確認方法にも触れています。最後までご覧ください。

Windowsのプリダクトキーの役割って何?

まず、プロダクトキーについてご説明します。プロダクトキーとは、Windowsのライセンス認証に用いるコードになります。WindowsのPCを使う際には、このプロダクトキーを入力する必要があります。

ライセンス認証について、最初からWindowsが搭載されているPCを購入された場合、製造の段階でライセンス認証が済んでいますので、購入時に何か特別にすることはありません。また、メーカー製PCの場合、そのPCのみで使うことができ、廃棄や故障となっても、キーの使い回しが出来ず、基本的に新しい機械でライセンス認証は出来ません。
※詳しくは次の項を参照

自作PCなど、個人でWindowsを購入した場合には、取得したプロダクトキーを入力すれば、どのPCでも使い回してライセンス認証が可能になっています。

通常、Windowsの購入時に、メールでマイクロソフトから受け取るか、梱包されていた箱などに同梱されているはずです。現状WindowsPCをお使いの方は、これを確認し入力していることになるはずです。

Windowsのプロダクトキーは使い回しできないケースがある

次に、現在使用しているプロダクトキーを、ほかのPCや再度同じPCに使い回しができるのか、ご説明します。以下、「同じPC」、「別のPC」、「プロダクトキーの移行」の三点に分けて順番にお話していきます。

①同じPCで使い回しする場合

まず、同じPCでの使い回しの場合です。これは、当初使っていたWindowsOSを再度インストールしたときなどの場合が該当します。

これは、可能であることが、Microsoft公式サイトでも明記されています。

●Microsoft公式サイト・該当ページはこちら

上のページにも書かれている通り、マザーボード(CPUやメモリーなどを搭載したPC部品)の取り換え、大きいハードウェアの変更、先ほどの通り調子が悪いときにWindowsを再インストールした時などは、この場合に該当し再度プロダクトキーを入力することで、同じプロダクトキーを使い回しできるようになります。

②別のPCと重複して使い回しする場合

次に、当初プロダクトキーが発行された機器以外に使い回しする場合です。

結論から言うと、使い回しできません。二台目以降にプロダクトキーを入力すると、「入力したものは使用できない」と言う旨のメッセージが表示されます。

プロダクトキーは、それぞれに対応したWindowsの個別判別を行うための製品番号のようなものです。そのため、二台目以降に使い回しした場合には、元々与えられた固有の番号がどこかでダブる、または一つの製品に固有番号が二つ存在する、という事態になってしまうため、意味がなくなってしまいます。

ですので、複数台では使い回しできない仕様になっているのです。

ライセンス認証がなされていないWindowsのPCは、一か月程度で使用できなくなりますので、注意しましょう。

③別のPCにプロダクトキーを移行する場合

最後に、別のPCへのプロダクトキーの移行です。

現在使っているPCの調子が悪いなどの理由で、新しいPCを用意して現在使っているプロダクトキーを使い回しする場合ですが、これは限定的な条件下可能になっています。

条件は、

  • 使い回しするPCがWindows10
  • 使い回したい現在使っているプロダクトキーのPCがWindows10のパッケージ版
  • Windows10の前のバージョンをインストールできる

となっているようです。

これを満たしている場合に可能なようです。しかしながら、この手順が煩雑で、正直PCが得意ではない方にはお勧めできません。一台のWindowsPCには一つのプロダクトキー、というように考えておくといいと思います。

ですので、次の項でご紹介するプロダクトキーの購入を参考にしてみてください。

Windowsのプロダクトキーを安く買う方が手っ取り早い

前の項でお話した通り、プロダクトキーの使い回しは、非常に手順が煩雑なため、そのような操作が苦手な方にはお勧めできません。結局のところ、幾らかのコストがかかっても、新しく購入してしまった方が使い回しするよりも簡単で、手っ取り早いとも言えます。

そこで、プロダクトキーの購入についてご説明します。

プロダクトキーの購入には二通り方法があり、一つが正規販売のDSP版で、一つがYahooショッピングなどで安い価格で購入する方法です。

まず、DSP版ですが、こちらはPCの他のパーツとセットで販売することで、価格を下げています。価格帯は、だいたい1万円強程度になります。これは、購入したパーツに対するライセンス、という扱いになりますので、このパーツがついているPCに対してのみプロダクトキーが有効です。もし、異なるPCに使った場合はライセンス違反になりますので、注意しましょう。

次に、ショッピングサイトでの購入ですが、1000円から2000円程度で販売されていることもあります。非常に安いですが、非正規品のプロダクトキーであったり、中古のメーカー製PCからの流用であったりします。おそらく、ただ使う分には問題はないと思いますが、ライセンス違反に該当し、正規サービスや保証を受けられなくなりますので、十分に注意していただいたうえで、自己責任でのご購入をお願いします。

現在のWindowsのプロダクトキーを確認する方法