Alcohol52%で仮想ドライブが設定できない場合の対処手順

CDやDVDのエミュレーションソフトであるAlcohol52%。

そんなAlcohol52%で仮想ドライブが設定できないことがあります。

そこで今回はAlcohol52%で仮想ドライブが設定できない場合の対処手順をご紹介します。

Alcohol52%とはCD&DVDエミュレーションソフト

まずAlcohol52%について見ていきます。

Alcohol52%により仮想ドライブを作成が可能

Alcohol52%とはCDやDVDが不要で、仮想上でCDやDVDの仮想ドライブを作成することができるエミュレーションソフトです。

しかも仮想ドライブCDや仮想ドライブDVDの再生などもでき、Alcohol52%は非常に便利なソフトウェアになっています。

Alcohol52%の詳細情報は

ダウンロード:17,330 回
言語:日本語
種別:シェアウェア
参考価格:29.75 ユーロ
試用制限:試用期間15日
動作環境:Intel/AMD based PC with Windows 95/NT/2000/XP/Server2003/XP Professional x64 Edition/Server 2003 x64, Vista ,Windows 7 , 8, 10
製作者:Alcohol Software
問い合わせ先:http://support.alcohol-soft.com/en/supportemail.php

となっています。

またAlcohol52%でできることはたくさんあり

  • 仮想ドライブを作成できる
  • イメージファイルをマウントすることができる
  • CDやDVDから仮想上のイメージファイルを作成することができる

などです。

対応形式は

  • mds
  • ccd
  • cue
  • iso
  • bwt
  • cdi
  • nrg
  • pdi
  • b5t
  • isz

です。

Alcohol52%はシェアウェア版とフリー版の2種類

またAlcohol52%には

  • シェアウェア版
  • フリー版

の2つがあります。

先ほどご紹介したAlcohol52%はシェアウェア版となっています。

Alcohol52/120%で仮想ドライブ作成できない時の対処法

ではAlcohol52/120%で仮想ドライブの作成ができない時の対処法をご紹介します。

CD/DVDにプロテクトがかかっていないか確認する

基本的なことですが、Alcohol52/120%はプロテクトがかかっている場合は仮想ドライブの作成ができないです。

さらにAlcohol52/120%にはコピーガードがかかっている場合も仮想ドライブの作成ができないです。

そのため

  • CD
  • DVD

にプロテクトがかかってできないかどうかを確認してみましょう。

最新版のソフトを再インストールする

次は最新版のソフトを再インストールする方法です。

Alcoholのアンインストール