Macのクラムシェルモードのメリットは?排熱効率を良くする方法も

Macでのクラムシェルモードが最近ネット上で話題になっています。

クラムシェルモードはかなり便利な機能で使って、誰もがおくべき機能なんです。

そこでMacのクラムシェルモードのメリットや排熱効率をよくする方法を見ていきましょう。

Macbookのクラムシェルモードとは?クラムシェルモード使用に必要なもの

まずはクラムシェルモードについて見ていきます。

ネット上でもクラムシェルモードを中心としたインテリアが販売されています。

このようにクラムシェルモードはかなりの割合を占めているんです。

Macの内臓ディスプレイを閉じた状態で外部ディスプレイを使用できる

まずMacの内臓ディスプレイを閉じた状態で外部ディスプレイを使用できるんです。

閉じた状態では当然トラックパッドやキーボードが必要になってきます。

ですがそれ以上にクラムシェルモードのメリットが存在するんです。

YouTubeなどで検索すればかなり応用策が出てきますよ。

クラムシェルモードを使うために必要なもの

なのでクラムシェルモードに必要なものは

  • 電源アダプタ
  • 外付けキーボード、マウス、トラックパッド
  • 外付けディスプレイ

です。

これらがそろえばクラムシェルモードが使えます。

かなり便利ですよね。

クラムシェルモードのメリット

ではクラムシェルモードのメリットを見ていきましょう。

YouTubeでもおしゃれな印象を与えるものとして使われています。

①大画面で作業が可能に

まずは大画面で作業が可能になります。

クラムシェルモードでは普段使っているMacよりも大きいディスプレイを使うことができます。

なのでノートパソコンよりもディスプレイで作業をすることができるのでかなり便利です。

大画面で作業すれば作業効率が上がること間違いなしです。

もうクラムシェルモードを使っている人がネット上にはあふれかえっています。

②一画面にまとめられる

またクラムシェルモードでは一画面でまとめられるようになります。

マウスカーソルを見失うことがなくDockの位置で混乱することが無くなります。

なので一つの画面で作業に集中することができます。

かなり作業が効率化されます。

Youtubeでも称賛されています。

③省スペース化ができデスクを広く使える