【初めて】オンライン交流ツールRemoの使い方を解説【簡単】

Remoというツールの使い方を知っていますか?イベントやテーブルの設定の仕方、ステージ設定や画面共有の仕方など、そしてiPadでどう使うのかを解説していきますので、Remoを使いたいと考えている人は参考にしてみてください。

Remoは多機能なバーチャルオフィス風WEB会議ツール

イベントなどの打ち合わせをするときに使い方を覚えておきたいのが、オンラインのweb会議ツールではないでしょうか。ステージの設定や画面共有などの使い方を覚えておいていざというときに使えるととてもスムーズにイベントの設定やテーブル、ステージ設定や画面共有をすることができますので、オンラインのweb会議ツールの使い方を覚えておきましょう。イベントやテーブル設定をスムーズに行うために、チェックしましょう。

パソコンでもiPadでも使える

オンラインのweb会議ツールは、本来パソコンで用いるという使い方をしますが、オンラインのweb会議ツールにはiPadでも使うことができるというものがあります。いちいちパソコンを起動しなくても、iPadで使うことができ、イベントやテーブルの設定をすることができるというのは手軽な使い方ではないでしょうか。iPadで使えるオンラインweb会議ツールを使ってイベントやテーブルの使い方を学んでみてください。

使い方をしっかり把握しよう

iPadで使い方を学べるといっても、イベントやテーブルの使い方が分からないという人はこれから紹介するオンラインweb会議ツールの使い方、iPadでの使い方、テーブルの使い方などをぜひ参考にしてみてください。iPadで使い方を学ぶと同時に、パソコンでの使い方を学んでおくとパソコンでもiPadでも便利にツールを使いこなすことができますので、iPadの使い方とパソコンの使い方も同時に学んでおきましょう。

web会議の種類

そもそもweb会議というのには種類があります。それが、クラウド型とオンプレミス型というものです。それらの違いを明確にしておかないと、いざweb会議をしたいというときに困ってしまいます。クラウド型とオンプレミス型の違いを紹介しますので、web会議をしたいというときにクラウド型かオンプレミス型の違いを事前に知っておいて、会議の時に活用してみると、スムーズにweb会議をすることができるようになるのです。

クラウド型とは

クラウド型web会議というのは、とても低コスト、そして手間をかけずに行うことができる形式のことを言います。あらかじめwebにある会議システムをそのまま利用してweb会議をすることができるので、簡単に使うことができますしコストもあまりかからないというメリットがありますが、しかしカスタマイズができないので場合によっては便利に使うことができないというデメリットもありますので、よくチェックしてみましょう。

オンプレミス型とは

オンプレミス型web会議というのは、クラウド型があらかじめ用意されているツールを使ってweb会議をするのとは違い、自分たちで作り上げたweb会議ツールを使ってweb会議をするというものです。一からツールを作るので、完全に会議で使えるようになるまで多大な時間を要しますし、サーバーの管理も自分たちでやらなくてはいけないので大変ですが、その分セキュリティを強固にすることができるというメリットがあります。

テレビ会議とweb会議の違い

オンプレミス型、クラウド型の違いを覚える必要はあるのか、そもそもテレビ会議やビデオ会議があるのだから、web会議をする必要はないのではと考えている人もいます。実はweb会議とビデオ会議やテレビ会議は、同じようなものと思われていますが、実は全く違うのです。web会議とビデオ会議の違いを解説していきますので、会議内容によってweb会議で会議するか、ビデオ会議で会議するかを決定するとスムーズに行えます。

web会議の方が手軽

web会議とテレビ会議の違いは何かというとweb会議はパソコンやiPadなどの機器が1台あって、そしてweb会議をするためのツールをインストールしてあればすぐにすることができますが、テレビ会議をしたいというときはテレビ会議をする専用の機器が必要になり、さらにその専用の機器がある部屋を複数用意して、その部屋を回線で繋いで行うという多人数会議をしたいときにテレビ会議をするという明確な違いがあるのです。

ネット回線はテレビ会議が安定している

さらにweb会議とテレビ会議の、詳細な違いを紹介していきます。web会議の動作環境は、ネット回線が繋がればどこでも行えるのに対して、テレビ会議は決まった場所で、かつ専用の機器がないと行うことができません。web会議は安価に行えて映像や音声を映し出せますが、安定性はあまりありません。テレビ会議は安定していますが高価で、映像や音声を映し出せますが画面共有などはできないというポイントの違いがあるのです。

web会議は最近注目されている

テレビ会議とweb会議には様々な違いがあり、そして安定性はあっても高価なテレビ会議より、安定性はなくてもどこでも開くことができるweb会議の方が現在注目されているのです。web会議は莫大な通信費がかからずに開くことができますし、音声や映像のみの共有ではなく、チャットや画面共有などができるなど多機能という面もあります。さらにiPhoneやiPadなどの機器が1台あれば手軽に行えるのも魅力の1つです。

Remoはおすすめツール

そんな便利なweb会議をすることができるツールを1つ紹介します。それがRemoというものです。このRemoというのは現在主流になっているweb会議を行う際に使いたい機能が満載のツールとなります。バリエーションに富んだweb会議をしたいと考えている人は、ぜひRemoを導入して使ってみてください。Remoを使うとweb会議も盛り上がること間違いなしです。Remoの使い方を学んで実際に使ってみましょう。

様々な背景が設定できる

Remoはバーチャルオフィス風web会議ツールとなります。Remoでできるバーチャルオフィスはバリエーションに富んでいるので、会社のweb会議で使えるのはもちろん気の合う仲間と旅行の相談やオンライン飲み会などで使うととても盛り上がります。会議の内容に合った背景を設定したいというときはRemoを使って移動などをせず気の合う仲間とweb上で会話をしましょう。Remoを活用して使いこなしてみてください。

トライアル期間がある

Remoは無料で使うことは可能ですが、トライアルです。一定期間を過ぎたり、Remoのトライアルにない機能を使いたいというときは有料になってしまいますので注意してください。Remoの料金はRemoをどのように使いたいかによっても変わってきますので、Remoを使いたいと考えている人はRemoの料金体系をよくチェックしてみてからRemoに登録をしてください。そうすることで慌てずに登録することができます。

料金体系をチェック

例えば50人で一気に参加して、75分ほどで会議をしたいというときは、ひと月で1万円かかります。200名で150分会議をしたいというときはひと月で3万円となります。金額が上がっていくごとに最大参加者人数と、会議時間が増えていき、使える機能も増えていくので頻繁に多人数で会議をしたいという人はぜひRemoの料金プランをチェックしてからRemoに登録して、料金分Remoを活用してみることをおすすめします。

気軽にWEB会議を呼び掛けられるサービス

気軽にWEB会議を呼び掛けられるサービス、それがRemoです。Remoでは、気軽にweb会議をしようと呼びかけることができますし、さらにテーブルを設置することができますので、とても便利です。Remoでテーブルを設置して、バーチャルオフィスを設定して、ぜひ多人数で会議ができるようにしてみてください。

WEB上でイベント会場を制作

RemoではWEB上でイベント会場を制作することもできます。手軽にWEB上でイベント会場を制作したいという時も、このツールを使って思い通りのバーチャルのイベント会場を作りましょう。

14日間無料の試用期間

Remoの使い心地を確かめたいという時は14日間無料の試用期間がありますので、確かめてみてください。14日間無料の試用期間でもどのように使えるのかが分かるので登録をしてみましょう。

ZoomやSkypeとの違い

RemoとZoomやSkypeとの違いは、イベント会場やテーブルを作れるか、また無料で使えるかどうかなど様々な違いがあるのでRemoとZoomやSkypeとの違いを見てみましょう。

Remoの使い方を登録からイベントまで順に解説

Remoの使い方を登録からイベントまで順に解説していきますので、Remoの使い方を登録からイベントまでチェックしたいと考えている人はぜひチェックをしてからツールを使ってみましょう。

Remoのアカウント登録の仕方