便利なおすすめアプリ

オートクリッカーの使い方!iPhoneでも使える?自動操作で画面タップが超便利!

2022年10月10日

オートクリッカーは画面タップを自動操作するAndroidアプリです。オートクリッカーの使い方は簡単で導入手順を紹介します。iPhoneには対応していませんのでApple Storeを探してもありませんが、iPhoneでも使える代わりの機能を紹介します。

タップの自動操作をするならオートクリッカー

「オートクリッカー」というものがあることをご存知でしょうか?オートクリッカーは、画面を手動でタップする際の操作内容を自動操作の対応に実現できるすごいツールです。
オートクリッカーの使い方はむずかしいことはなく、とても便利なアプリです。使い方を覚えて、オートクリッカーで自動操作を楽しんでみませんか?オートクリッカーは、Androidで使えるツールであるためにGooglePlayストアからダウンロードして導入がすぐに可能です。

オートクリッカーは便利なツール

オートクリッカーの使い方を覚えると、普段、指で画面をタップ操作していたところを自動操作が可能になるので、Android機種を持っている人は、オートクリッカーのアプリの操作をマスターして、自動操作を体験してください。
なお、iPhoneにはオートクリッカーのアプリそのものはありませんが、オートクリッカー操作に代わる機能が、iPhone本体のツールに持っています。オートクリッカーに代わるツールの使い方に興味がある人は、のちほど使い方を紹介しますので、iPhone機種の人も、ぜひこの記事を最後までご覧ください。

1.Google Play Storeからインストールする

それでは、Android機種の端末でオートクリッカーを導入する方法を説明していきます。GooglePlayストアの中からオートクリッカーを探して、アプリをダウンロードしてインストールします。検索でオートクリッカーと入力するとGooglePlayストアの1番目に表示されますので、すぐにわかるはずです。

2.オーバーレイ権限の下にある「承諾」をタップする

オートクリッカーアプリをGooglePlayストアからインストールが終了したあとは、さっそくアイコンをタップしてオートクリッカーを起動してみましょう。オートクリッカーが開始するとオートクリッカーの設定画面が表示します。
このオートクリッカーの設定画面が表示したタイミングでの設定を実行しないと、オートクリッカーの起動はないことに注意しましょう。必ず最初にアプリを起動した時の設定画面でオートクリッカーの設定を完了させる必要があります。

アプリの画面上にボタンを表示する

オートクリッカーの起動後に、オーバーレイ権限を承諾するという確認事項があります。このオーバーレイ権限を承認にしないと、使用するアプリの画面上にオートクリッカーを使うための機能を有効にできません。
オーバーレイ権限を承認させることで、アプリ画面上に、オートクリッカーの操作ボタンを表示させることができます。まず、オートクリッカーの項目のオーバーレイ権限の承諾を完了にさせます。

3.「他のアプリの上に重ねて表示できるようにする」を有効にする

オーバーレイ権限を承諾にしたあとに、「他のアプリの上に重ねて表示できるようにする」という設定スイッチが表示されます。このスイッチをオンにすると、実際にオーバーレイ表示で、他のアプリを起動させながらオートクリッカーの設定画面も薄く重ねて表示することが可能になります。
しかし、他のアプリの方を使用して操作する場合は、オーバーレイしたオートクリッカーは邪魔になるので、オートクリッカーは表示させないことです。または操作部からずらして表示させる必要があります。

オーバーレイとは薄く重ねるという意味

オーバーレイとはコンピューター用語で、薄く重ねるという意味の言葉です。コンピューターグラフィックを作成するときによく使う用語です。薄く重ねることで、もとの全体表示を邪魔しないで、全体の雰囲気や表示色を変えたいときに使用する機能です。
オートクリッカーのオーバーレイを有効にすると、他のアプリを動作させたままでオートクリッカーの使用を可能にするため、オートクリッカーアプリの表示を薄く画面上にオーバーレイ表示されます。

4.アクセシビリティサービスを「開始」をタップする

「オーバーレイ権限を承諾する」の項目の下に、「アクセシビリティ・サービス」の項目があります。このアクセシビリティ・サービスは必ず開始する必要があります。開始しないと、オートクリッカーの自動操作機能を送信ができません。
オートクリッカーの機能の動作を正常にさせるためにも、アクセシビリティ・サービスを開始に設定します。

正常に作動させるために必要

アクセシビリティ・サービスを「開始」の設定にすることによって、クリックやタップの自動操作情報を使用するアプリ側に送信することが可能ですが、このアクセシビリティ・サービスはいつでも無効にすることも可能です。
そのため、オートクリッカーのアプリが正常に動作しない場合は、アクセシビリティ・サービスが開始になっていない場合が考えられますので、このアクセシビリティ・サービス開始をチェックして有効にすると、動作を開始します。

5.「オートクリッカー」をタップする

アクセシビリティ・サービスを開始に設定すると、次にユーザー補助という設定画面が出てきますので、ダウンロード済みサービスの下に、オートクリッカーの項目に注目します。初期値はオフになっていますので、タップしてオンに変更します。

6.詳細画面が開くので「サービスの使用」をオンにする

次は、オートクリッカーという画面が表示されます。オートクリッカーが、ユーザーに代わってタップやクリックを行うサービスに使用することが書かれています。確認ができたら、サービスの使用スイッチをオンにします。

オートクリッカーの使い方は2通り

オートクリッカーには、2通りのモードの使い方があります。1箇所を素早く連打する使い方がシングルターゲットモードで、複数の箇所をタップする使い方のマルチターゲットモードです。
この2種類の使い方や設定のしかたを解説していますので、使用するアプリによって、どちらかのオートクリッカーを使用します。

オートクリッカーで1箇所を高速タップする場合

オートクリッカーアプリのアイコンをタップし起動させると、シングルターゲット・モードという設定箇所が出てきます。シングルターゲット・モードをタップすると、同じ場所を素早く連打できるモードが起動しますので、ゲームなどで画面を連打するような用途に使うと効果があります。

オートクリッカーで複数の箇所をタップする場合

オートクリッカーで複数の箇所をタップしたい場合は、シングルターゲット・モードの下にある、マルチターゲット・モードを選択します。マルチターゲット・モードを動作させると、複数のタップ箇所の番号が出てきます。
1、2、3のタップ箇所が出てきますので数字順にタップできます。その順で複数の箇所がタップされる操作に便利です。

オートクリッカーの起動中の画面

シングル・ターゲットモードのオートクリッカーをたちあげると、グレーのボックスが表示されます。ボックスのどの角をクリックにするか、四隅のどこかに黒い三角をタップで移動させて選択します。

オートクリッカーのクリックをさせる一角の選択が完了した後は、中央の三角の再生ボタンをタップで押すと自動クリックがスタートします。同時にボックスの色が、グレーからグリーンに変わります。

停止したい場合は、縦棒2つの一時停止ボタンをタップで押します。完全終了は×マークをタップで押します。

マルチ・ターゲットモードのオートクリッカーが起動すると、グレーの縦長のボックスが表示されます。+記号をタップするとクリッカーする場所の設定が、1番から順番に丸で数字のタップする箇所が複数設定できます。

オートクリッカーの複数クリックする場所の選択が完了した後は、上段の三角の再生ボタンをタップで押すと自動クリックがスタートします。同時にボックスの色が、グレーからグリーンに変わります。

停止の場合は、縦棒2つの一時停止ボタンをタップで押します。完全終了は>マークを押して×マークをタップで押します。

オートクリッカーのクリック設定画面

オートクリッカーのメニューで歯車マークをタップすると、自動クリッカーの間隔時間などが設定されます。デフォルトのタップ速度は25ミリ秒で、早いクリック間隔に設定されています。

ゲームによっては早い周期を検知されてバンの規制の対象になる場合があります。その場合はこの設定メニューで時間を変更することです。

Androidでおすすめの自動タップツール5選!

 

Androidでおすすめの自動タップツールのアプリを紹介します。自動でタップしてくれるツールは、オートクリッカー以外にもあります。
5つのおすすめの自動タップツールを紹介していますので、興味のある自動タップツールは、GooglePlayストアで検索してやってみてください。特徴などを示しますので、ぜひ参考にしてください。

1.オートクリッカー

おすすめの自動タップツールの1つ目は、もちろんこの記事で紹介のオートクリッカーです。
設定も簡単であることと、1箇所を素早く連打、複数の箇所を同時にタップすることも可能なツールですので、Androidの端末で自動タップツールをゲームなどに使いたいと考えた人は、オートクリッカーをGooglePlayストアでダウンロードしてください。

2.自動クリック プロ

自動クリックプロは、台湾の会社が開発し発売の自動タップツールです。アプリ言語は日本語に対応しているため安心仕様の自動タップツールです。ぜひダウンロードしてみてください。

クリックできる場所は最高10箇所があり、メニューもたくさんあります。慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、慣れるととても便利なアプリです。

3.Auto Clicker

Auto Clickerはベトナムで開発されました。Auto Clickerのメリットは100以上のクリックターゲットに対応していることです。一方、クリックやスワイプに対応していてむずかしいことや、クリックターゲットが見づらいことと、パターンが1つだけのセーブしかできないことがあります。
しかし、結論としてはシンプルで使いやすい自動タップツールのアプリといえますので、おすすめのひとつです。

4.クリックアシスタント

こちらも台湾の会社が開発したクリックアシスタントという自動操作のアプリもおすすめです。ターゲット数は15で少ないと感じるかも知れませんが、フリックにも対応してメニューもたくさんそろっているので、自動タップツールの中でも特におすすめのものです。

5.Tapping

Tappingは無料で使える自動タップツールです。このアプリの特徴は連打数で、起動させると、10秒で200回の連打を実現してくれます。連打数で勝敗が決まるゲームなどでは、とても頼りになるアプリですので、使ってみてください。

iPhoneでオートクリッカーは使用できる?

このようにオートクリッカーのアプリは、Android端末では使用可能ですが、iPhone端末では使用できないアプリです。しかし、あきらめないでください。それに代わる機能がiPhoneにはスイッチコントロールというもので設定が可能です。ここから解説していきます。

iPhoneのスイッチコントロールの使い方

iPhoneのスイッチコントロールで自動タップ操作を作ることが可能です。自動タップのレシピを作って、自動操作をさせることがスイッチコントロールでは可能です。この機能はゲームなどで使うことが可能ですので試してみてください。

画面タップを割り当てる

設定を開いて、アクセシビリティをタップしてスイッチコントロールにいくとフルスクリーンという項目が出てきますので、新しいスイッチの追加をタップしてください。これによって画面タップを割り当てることができます。

レシピを作成する

「レシピ>新規レシピを作成」という順に項目をタップして、設定したレシピに名前を付けることを忘れないでください。名前を打ち込むことでレシピを起動しやすくします。

また、設定を開いて、アクセシビリティをタップしてスイッチコントロールに進むと、フルスクリーンという項目が出ますので、新しいスイッチの追加をタップします。これによって画面タップを割り当てることができるようになります。

作ったレシピを起動しやすくする

スイッチコントロール設定からレシピ、新しいレシピの作成を開いて起動しやすいような名前をつけておくと作ったレシピが起動しやすくすることができます。このように、スイッチコントロールを使った自動タップツールは、iPhoneでゲームに使いたい人はためしてみるとよいです。

実際に起動してみる

作成したレシピは実際に起動して問題がないかよく確認しておきましょう。作成したレシピをためして起動させることで、ゲームの本番であわてないためです。作成したレシピは必ず作ったあと起動して実際の動作を確認する習慣をつけましょう。

オートクリッカーを使うことによる危険性

オートクリッカーは、必ず自己責任のもとで使用してください。ドラクエウォークなどのゲームやポコチャなどでは、ルール違反や規約違反になってしまう場合もあります。
最悪、規則違反で使用アカウントがバンになる場合もありますので、オートクリッカーは自己責任の範囲内で使用するものと理解していただき、安易なご使用はおすすめしません。

まとめ

オートクリッカーは、連打系のゲームなどではとても有効で便利なツールになります。オートクリッカーよって、大変むずかしいゲームの連打のタップ操作をいとも簡単に実行してくれます。
ただしゲームやアプリなどの規約に違反行為になる記述が掲載している可能性もあるため、規約をよく確認して自己責任のもとで、使用には十分注意をしてください。