Twitchが重い時の対処法!画面のカクつきや遅延の直し方も

Amazonが提供する動画ストリーミングサイトであるTwitch。

Twitchは世界的にも有名になっていますがTwitchが重い場合があります。

そこでTwitchが重い時の対処法、画面のかくつきや遅延の直し方などを見ていきましょう。

Twitch配信が重い時に考えられる原因

ではTwitch配信が重い時に考えられる原因を見ていきましょう。

Twitch配信が重い時に考えられる原因にはいくつかあるので1つ1つ見ていきます。

①回線速度が遅い

まずは回線速度が遅いことが原因です。

インターネットの回線速度が遅くなってしまうと勿論ですが配信が重いことになってしまいます。

回線には「下り」と「上り」の2つがあり今回の場合は「下り」の回線が必要です。

YouTubeなどの配信動画を見るときに必要になってくるのでその回線速度が遅いと配信が重いことになってしまいます。

②ストリーマー側の環境や設定の問題

次はストリーマー側の環境や設定の問題です。

ライブ配信が遅くなってしまうのはこちらサイドの問題ではなく配信者側の問題であるケースもあります。

視聴者がオンラインで何万人も見てしまうとサーバー側に負担がかかってしまいます。

その場合は仕方のないことですが重いことになってしまいます。

 

最近では30万人以上の視聴者が殺到しサーバーに負荷がかかりすぎて止まってしまうなんてことがありましたね。

 

日本でも有名な海外配信者になっています。

③広告ブロックソフトの影響

また広告ブロックソフトが原因で重いことになってしまうことがあります。

再生がかくつくというかエラーが出てしまい視聴できない場合はアドブロック系のソフトが邪魔になっているケースがあります。

アドブロックを斬ることで視聴途中に広告が出るようにはなってしまいますがエラーが出ることがありません。

勿論アドブロックは特定のブラウザでONにしたりOFFにできるのでOFFにして視聴を楽しみましょう。

④Twitchで障害や不具合が起きている

またTwitchでの障害や不具合が原因で重いことになってしまっているケースがあります。

Twitchに関してはCDNの不具合などで配信がうまくいかないケースがあります。

Twitterでは公式がありトラブルがあればいち早く配信してくれています。

 

英語にはなってしまいますが翻訳すれば読めなくともないです。

Twitch配信が重い時の対処法

ではTwitch配信が重い時の対処法を見ていきましょう。

Twitch配信が重い時の対処法にはいくつかあるので1つ1つ見ていきます。

①リロードを行う