アプリケーション

カカオトークは浮気用アプリ?使う理由は通知オフとパスワードロック機能!

カカオトークは浮気用アプリとして利用されると言う声があります。その理由はLINEと違って、通知オフとパスワードロック機能があるためです。不倫がバレるのを防ぐためカカオトークを使うケースの実態と、それ以外の浮気用アプリとして活用できるものについて解説します。

なぜカカオトークが浮気用アプリとして使われているのか

カカオトークは、SNSアプリケーションとしてスマートフォンやパソコンから利用できるメッセージ交換アプリです。

手軽に相手とメッセージ交換できるアプリですが、日本ではLINEの方が先に大きなシェアを取って主流となり、現状ではスマホユーザのほとんどがLINEアプリを活用しています。

そんな中、実はカカオトークを「浮気用アプリ」として活用するユーザが増えてきていると言う声を多く聞きます。

通知のオフやパスワードロックをかけることができるから

なぜカカオトークを浮気用として利用する人が多いのでしょう。カカオトークはスマホやパソコンで、通知をオフにしたりパスワードロック設定をすることができます。

それらガード機能である通知オフや、パスワードロック設定をすることで、彼女や奥さんへメッセージ交換の内容を見せないようにすることができます。

カカオトークユーザはこの通知オフやパスワード設定をフル活用して、浮気がバレるのを防ぐ工夫をしていると言われています。

アプリの知名度が低いので気付かれにくいから

LINEアプリのように認知度が高いアプリですと皆さん使い方に慣れているため、彼女や奥さんからLINEのチェックをされることがあるかもしれません。

しかしカカオトークはLINEアプリと比べて断然認知度も低いため、操作法など知らない人も多くスマホチェックをされてもスルーされる可能性が高いと言えます。

彼女や奥さんはそれが実はSNSアプリだと気づかずチェックから逃れることがあるため、浮気がバレることがないという理由で活用する人が多くいるのだと言われています。

複数のアカウントを使用することができるから

LINEアプリは電話番号連携やFacebook連携など、セキュリティ面を考えられて複数ユーザを作成できないようになっています。

しかしカカオトークの場合はユーザさえ作ってしまえば、複数のアカウントを活用することができます。

したがって浮気用のアカウントと仕事用のアカウントを準備して、うまく使い分けることで奥さんや彼女にバレることのないようにすることが出来てしまうのです。

送り間違えが起こりにくいから

カカオトークは、一人一人に「トークルーム」という連絡をやり取りする場所が用意されます。その結果、いわゆる「誤爆」で間違って送信をして、送り先を間違えることが少なくて済みます。

LINEでは特に、またメールやSMSの場合でも、宛先を間違えて誤送信をしてしまうことがよくあります。

しかしその点においては、カカオトークでは心配する必要性が低くて済むのです。

カカオトークを浮気用として決めつけない方がいい

カカオトークは通知オフやパスワードロック設定があり、認知度が低いことから彼女や奥さんに浮気がバレる可能性が低い「浮気用」アプリとして活用するユーザがいるようです。

しかし実際には、ごく普通のまともな目的で活用している場合も多々あります。

ですからカカオトークのアプリがスマートフォンにインストールされているからといって、それだけで浮気をしていると決めるのは早計でしょう。

ネット友達との連絡で使用している

カカオトークをSNSアプリとして、友人や家族とメッセージ交換する目的で活用している人もいます。

日本ではLINEの方が認知度が高いのでカカオトークの利用者は少なく、メッセージ交換をカカオトークメインで行っている人は少数です。

しかし事情によってはLINEを利用せず、カカオトークでメッセージ交換をしている人もいますから、浮気専用アプリと決めつけないようにしましょう。

韓国人の友達との連絡で使用している

カカオトークは日本ではマイナーなSNSアプリですが、お隣の韓国では非常に多くの人が利用しています。

韓国ではLINEの利用が制限されていたりするため、日本の友人と連絡を取り合う際にカカオトークを利用しているユーザもいるためです。

韓国人の友人・知人と連絡を取り合うために、スマホへカカオトークのアプリをインストールして、活用している人はたくさんいるのが実情です。

仕事上の付き合いの人にラインを教えたくないから

そして日本の場合だと、仕事でもプライベートでもLINEを活用するのが一般的になってきましたが、混同して仕事上の関係ではLINEを教えたくないと思う人もいます。

その場合にどうしてもプライベートスマホの連絡先を交換しないといけない場合には、カカオトークのアプリで友達登録をしている人もいます。

ですからある意味仕方なく、カカオトークを活用している人もいることを知っておきましょう。

相手がカカオトークを浮気用として使用していることが判明したときは?

ここまではカカオトークを浮気で利用している人の特徴や、友達とのやり取りで利用している人のポイントについて紹介してきました。

では自分の「相手」が浮気に使っているのかどうかをチェックする方法があるのでしょうか。

カカオトークを浮気用や不倫用として活用している人かどうかを確認する方法や、注意すべき点について紹介していきます。

まずは落ち着くことが大事

まず相手がカカオトークを浮気や不倫用として活用しているか怪しい場合は、急に相手を問い詰めたりせず、まずは落ち着いた行動をとるようにしましょう。

もしかしたら誤った情報や勘違いで相手の浮気を疑ってしまっている場合もあります。

ですからまずは、ともかく落ち着いて行動をするようにしましょう。

パスワードを解除してみる

相手の浮気が怪しい場合には、実際に相手のスマートフォンからカカオトークのパスワードを解除して見てみるのもいいかもしれません。

パスワードの解除方法を知っていれば、スマートフォンさえあればこの方法で相手の浮気証拠をつかむことができます。

しかしこの行動は、自分の相手を裏切る行動になりますから、自己責任で行うようにお願いします。

相手とのメッセージや通話の履歴を保存しておく

またカカオトークのパスワードを解除することができ、浮気の証拠や怪しいメッセージ交換を確認することができたとします。

それらのスクショや文面などは、自分のスマートフォンへ転送して保存するようにしたほうがいいでしょう。

相手はそれに感づいて、その後メッセージ交換のやり取りを削除してしまうこともありますから、追い込む覚悟なら証拠となる情報は保存しておくようにしましょう。

探偵事務所に依頼する

メッセージ交換の内容だけでは浮気や不倫がはっきりしない場合は、探偵事務所に調査依頼することも選択肢の1つです。

しかし探偵への調査依頼は高額になる場合がよくあります。

ご自身で用意できる予算のことも、相手との今後のことも十分に考えてから探偵事務所に依頼することが賢明です。

カカオトークを浮気用として使っていることがバレないようにしよう

一方で、カカオトークを使って浮気がバレることがないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。

浮気はいけないことですが、やってしまったのなら相手にバレないようにした方がよいでしょう。

ここではカカオトークを浮気用として活用している人向けに、バレることのないようにする方法についてチェックしていきます。

アプリのアイコンを変えておこう

カカオトークを浮気用として活用している場合には、スマートフォンのアプリアイコンを変更しておきましょう。

カカオトークは浮気用して思われる可能性が高く、わかる人にはアイコンを見られるだけで、浮気を疑われる可能性があります。

このことから、まずはアプリアイコンを変えておくことをおすすめします。

通知オフと、パスワードは忘れずにしておく

またカカオトークを浮気用として活用している場合には、必ず「通知オフ設定」と「パスワードロック設定」をしておきましょう。

通知設定によっては、スマートフォンをテーブルに置いている状況で、通知から浮気がバレるということもよくあります。

ですから常に、通知オフ設定とパスワードロック設定をしておくことをおすすめします。

アプリを都度アンインストールする

そして彼女や奥さんから、よくスマートフォンをチェックされる場合には、カカオトークをその都度アンインストールしておくのもいいかもしれません。

カカオトークのアプリを削除しても、メッセージ交換の内容は削除されません。

再度インストールして、既存アカウントでログインすれば今まで通り連絡を取ることができます。

カカオトークアプリを使っている理由を聞かれたときの言い訳を考えておこう

上記のような対策をしていても、相手に浮気が疑われる可能性は大いにあります。

その場合を想定して、カカオトークを利用している理由を前もって考えておくことも大事です。

会社の人や、LINEを利用していない人のメッセージ交換のために利用しているなど、ごく一般的な理由で良いかと思われます。

次のページへ >