タイムツリーに危険性はない?危険と言われる理由や機能を解説

カレンダー機能がありまとめてスケジュールを管理することができるタイムツリー。そんなタイムツリーに危険性があるといわれています。そこで今回はタイムツリーの危険性について見ていきます。また危険といわれる理由や機能を解説していきます。

【結論】タイムツリーに危険性はない

【結論】タイムツリーに危険性はないです。

しかしタイムツリーには危険性があるといわれています。

タイムツリーには

  • セキュリティロックがない
  • 編集が誰でも可能
  • 予定がのぞき見されてしまうことがある

などがあり危険性があるといわれています。

危険性があると言われる理由は共有機能

危険性があると言われる理由は共有機能です。

ただこれはすべてのスケジュールをタイムツリーで共有している場合です。

タイムツリーで共有している場合は危険性があるといわれているんです。

ではタイムツリーの危険性について見ていきましょう。

位置情報の共有機能

まず危険性があると言われる理由は位置情報の共有機能です。

位置情報の共有機能としては位置情報共有の瞬間を見られてしまうと

  • 日付
  • 時間帯
  • 在住地

などが判明してしまいます。

そのため位置情報の共有機能はなるべくクローズドな環境でやるべきなんです。

写真の共有機能

次の危険性があると言われる理由は写真の共有機能です。

写真の共有機能としては位置情報と比較するとそこまで危険ではありません。

ただ自分が見られたくないような写真を間違って共有してしまう恐れがあります。

また「写真を追加しますか?」から写真を追加した場合は共有相手にも表示されるようになっています。

これをタップするとカメラロールが開き誤って写真を追加してしまうことがあります。

そういったことがあるので写真の共有機能はOFFにしておく必要がありますね。

スパムメールの共有機能

次の危険性があると言われる理由はスパムメールの共有機能です。

スパムメールの共有機能では「Found in Mail」というiOSの機能を搭載しているため「すべてのカレンダー」上にも表示されていることになります。

そのためスパムメールの共有機能を停止するには以下の方法が考えられます。

まずはTimeTree上で予定を非表示にしたい場合です。

TimeTree上で予定を非表示にしたい場合は

  1. 右下の「設定」をタップ
  2. 予定の色と同じカレンダー名の右側のボタンをOFF

でOK。

カレンダー名としてよくあるのは

  • 「event」
  • 「Found in Mail」
  • 「Siriからの提案」

です。

次は予定自体を変更・削除したい場合です。

予定自体を変更・削除したい場合は

  1. iOS標準カレンダーアプリ上で変更・削除操作をする

でOK。

またiOS標準カレンダーアプリ上で変更・削除操作ができない場合は画面中央の「カレンダー」をタップ。

そしてiOS標準カレンダーアプリ上で変更・削除操作をしましょう。

次は本機能自体を利用しない場合です。

本機能自体を利用しない場合は

  1. 設定アプリを起動
  2. 「カレンダー」→「Siriと検索」→「Siriからの提案」をOFFにする
  3. 「パスワードとアカウント」→「CLICK SUBSCRIBE」を削除

でOK。

次はスパムメールを報告する方法です。

スパムメールを報告するにはApple社へ報告する必要があります。

Apple→https://support.apple.com/ja-jp/HT211076

タイムツリーを使う利点は?

ではタイムツリーを使う利点を見ていきます。

タイムツリーを使う利点にはいくつかあるので1つ1つ見ていきましょう。

①カレンダー状態で広告が出ず見やすい