アプリケーション

タイムツリーの危険性とは!写真の共有や位置情報がバレる懸念の真相

タイムツリーの危険性について検証します。共有機能で位置情報がバレる、写真が相手に見えてしまう等の危険性はあります。しかし運用でリスク回避すればタイムツリーは非常に便利なツールです。多くの利点や具体的な使い方、家族間での予定表としての利用など活用法を紹介します。

【結論】タイムツリーに危険性はない

結論から言ってしまいますと、タイムツリーそのものには危険性はないと言えます。

タイムツリーを使う上での設定、特に「共有機能」を用いることから危険性が出てくると言えるのです。

タイムツリーでの主だった機能としては、以下のようなものがあります。

  • セキュリティロックがない
  • 編集が誰でも可能
  • 予定がのぞき見されてしまうことがある

上記のような、セキュリティ上の配慮を欠いてしまった場合には、危険性があるといわれています。

位置情報の共有機能

まず危険性があると言われる理由は位置情報の共有機能です。位置情報の共有機能としては、位置情報共有の瞬間を見られてしまった場合には、次の点はバレることになってしまいます。

  • 日付
  • 時間帯
  • 在住地

このため、位置情報の共有機能に関しては、なるべくクローズドな環境でやりませんと、所在がバレる危険性は残ると言えるでしょう。

写真の共有機能

次の危険性があると言われる理由は、写真の共有機能です。写真の共有機能としては、位置情報と比べればそれほど大きな危険性ではありません。

ただ自分が見られたくないような写真を、間違って共有してしまう危険性があります。また「写真を追加しますか?」から写真を追加した場合には、共有相手にも表示されるようになっています。

これをタップするとカメラロールが開き、誤って写真を追加してしまうことがあります。そういった危険性を考慮しますと、写真の共有機能は「OFF」にしておいたほうが賢明でしょう。

スパムメールの共有機能

次の危険性があると言われる理由は、スパムメールの共有機能です。スパムメールの共有機能では「Found in Mail」というiOSの機能を搭載しているため「すべてのカレンダー」上にも表示されていることになります。

そのためスパムメールの共有機能を停止して危険性を下げるためには、以下の方法が考えられます。

TimeTree上で予定を非表示にしたい場合

TimeTree上で予定を非表示にしたい場合には、次の2ステップの設定をすればOKです。

  1. 右下の「設定」をタップ
  2. 予定の色と同じカレンダー名の右側のボタンをOFF

カレンダー名としてよくあるのは、下記の3つくらいです。

  • 「event」
  • 「Found in Mail」
  • 「Siriからの提案」

予定自体を変更・削除したい場合

次は予定自体を変更・削除したい場合です。予定自体を変更・削除したい場合は、下記の設定でOKです。

  1. iOS標準カレンダーアプリ上で変更・削除操作をする

またiOS標準カレンダーアプリ上で変更・削除操作ができない場合は画面中央の「カレンダー」をタップ。

そしてiOS標準カレンダーアプリ上で変更・削除操作をしましょう。

本機能自体を利用しない場合

次は本機能自体を利用しない場合です。本機能自体を利用しない場合は、次の通り進めます。

  1. 設定アプリを起動
  2. 「カレンダー」→「Siriと検索」→「Siriからの提案」をOFFにする
  3. 「パスワードとアカウント」→「CLICK SUBSCRIBE」を削除

次はスパムメールを報告する方法です。

スパムメールを報告するには、APPLEサポートへ報告する必要があります。

タイムツリーを使う利点は?

ではタイムツリーを使う利点を見ていきます。

タイムツリーを使う利点にはいくつかあるので、1つ1つ見ていきましょう。

①カレンダー状態で広告が出ず見やすい

次のページへ >