捨てアドで個人特定ができる?おすすめの捨てアド10選を紹介

気軽にメアドを作成できるとして人気の捨てアド。

捨てアドを使って様々なサイトに登録したり複数アカウントの運用などにもってこいなんです。

使いやすさと気軽な作成が捨てアドの人気の理由です。

そこで捨てアドの危険性である個人特定ができるのかどうかを見ていきます。

捨てアドを使用していた場合個人特定はどこまで可能か

まず捨てアドを使用していた場合個人特定はどこまで可能かを見ていきます。

捨てアドを利用し個人特定が自分の個人情報にまで及ぶのであれば結構危険ですがどうなのでしょうか。

捨てアドの迷惑メールなどは個人特定は可能ではない

まず捨てアドの迷惑メールなどは個人特定は可能ではありません。

ただ警察が犯罪捜査のため特定をする可能性はありますが民事の手続きで捨てアドの個人情報を特定するのは困難です。

なので基本的には安心して大丈夫です。

犯罪の場合は捨てアドでも個人特定が可能

現在ネット上でも回答がありますがメールの個人発信者の特定は民事上困難です。

ただ刑事上では個人特定は可能であることがわかっています。

捨てアドを利用して犯罪を行って特定ができなかったら事件が蔓延してしまいます。

その対策として一応個人を特定できるようにはなっているようですが民事上は困難です。

IPアドレスでプロバイダが分かるが個人特定にはいたるかは不明

ただIPアドレスを利用すればプロバイダはわかる状態です。

IPアドレスからプロバイダを特定することはできますが誰が使っているのかなど個人特定はできません。

ネット上の猛者たちが証明済みなので個人特定に至るまではおそらく不可能だと思われます。

 

しかしこのような手続きを踏めば個人特定が可能です。

開示請求をする必要はありますが一応可能なようですね。

捨てアドや捨てアカで嫌がらせを受けた場合の対処法

では捨てアドや捨てアカで嫌がらせを受けた場合の対処法を見ていきます。

捨てアドや捨てアカで嫌がらせを受けた場合の対処法にはいくつかあるので1つ1つ見ていきましょう。

IPアドレスから個人を特定する

まず対処法はIPアドレスから個人を特定する方法です。

投稿に利用されたIPアドレスの記録をたどることで誰が投稿したのかがわかるようになっています。

手順としては投稿に利用されたIPアドレスから該当するIPアドレスを管理するインターネットプロバイダを特定。

次にプロバイダに契約者情報の開示請求をすることで身元の特定が可能になっています。

 

このように結構自由に個人情報を特定できてしまうんです。

アカウントを削除される前にすること