スマホ依存を抑制しやりたいことに集中できる!「がんばりタイム」を紹介

やらなければいけないことがあるのについついスマホを見てしまう、ということよくありますよね。スマホから離れて集中したいのに…というときに助けになってくれるアプリが「がんばりタイム」です。今回は使い方からユーザーのレビューまで紹介します。

「がんばりタイム」とは??

「がんばりタイム」は、「スマホ依存を抑止し、本来の自分がやるべきことを行う」をテーマにもつタイマーアプリです。
タイマー時間を設定し、決めた時間は「がんばりタイム」としてスマホを見ずに短期全集中を促してくれます。

主なポイントは以下の3点です。
・タイマー終了後、定めた時間のうち、他のアプリを開いたりしていない(タイマー画面のみを表示していた)時間を計測し、
スマホを見ずに集中した割合として発表されます。
・タイマー画面には毎回ランダムで100種類の「偉人の名言」が表示され、折れそうな心を力強くささえてくれます。
・複雑な設定や操作は必要ありません。
タイマー設定すら、おすすめの時間から選択可能です。まずは15分から試すのがおすすめです。

シンプルを売りにしているアプリですが、
・毎日さだめられた時間に「がんばりタイム」の実施を通知
・トロフィー形式でがんばった履歴は表彰
・バイブ設定有無や通知音の選択など基礎設定あり
・電池もちが気になる方向けにタイマー画面上での省電力機能を搭載
など、かゆいところに手が届く機能も持っています。

また、さらに自分を追い込みたい方、それでも集中できない方向けに「もっとがんばりタイム」モードが搭載されています。
機内モードなどで通信をOFFにした状態でのみ、開始できるタイマーを使うことができます。

「決めた時間はスマホを見ない」だけで驚くほど効率は向上しますので、是非一度試してみてください。

「がんばりタイム」の使い方

①まずは集中する時間を決めます。
おすすめ時間の中からの選択、もしくは自由入力も可能です。STARTボタンでタイマー開始画面に遷移します。
②決めた時間は「がんばりタイム!」タイマー画面をキープします。
他のアプリや、ホーム画面、スリープ画面も禁止です。ランダムで偉人の名言が表示され、折れそうな心を支えてくれます。
③タイマー終了後、画面をキープできた時間が測定されます!

ユーザーからの評判

・とってもいい 名言が出ていて、やめようと思う時でももう一踏ん張りできる。また、目標がいくつかありモチベにも繋がる。本当に良いアプリです。
・勉強のアプリを探していて、 見つけたのがコレ!! シンプルで使いやすい!まさに神アプリ( • ̀ω•́ )✧ スタート押した瞬間に集中出来る! 名言が本当に勇気出ます! 勉強の途中にスマホ使っちゃうって人は 是非使って見て!! おすすめです(๑•̀ㅁ•́ฅ✧
・初期設定などの面倒な手順がなく、試しに使ってみようかなと思ってダウンロードしてみたら、すぐに使えるのが嬉しいです😃 画面の作りもシンプルで、わかりやすかったです😊 これから、更に使っていくうちに、どんな名言が出てくるのか楽しみです✨
・このアプリのおかげで勉強に集中できるようになりました。ありがとうございます。

「がんばりタイム」開発のきっかけ

開発したITCHYJAPANさんによると、そもそもアプリ開発を始めるきっかけは、
・自分の発想、力でほんの少しでも世の中を良くしたい、
・それがアプリならできるのでは
という思いだったそうです。

ITCHYJAPANさんはスマホは本来、自分の「やりたいこと」を加速させる手段であるべきと考えているんだそうです。
しかしながらITCHYJAPANさんは、スマホは次第に、やりたいことの阻害どころか、
「やらなくてはいけないこと」すら阻害しているケースが増えていると、感じるようになりました。

その結果、今の世の中に一番必要なのは、
「スマホ依存を抑止し、本来の自分がやりたいことを後押しするようなアプリ」
だと、矛盾するようですが考えたとのことです。

普段はアプリ開発の受託を中心に活動し、ゲームなどの開発にも携わっているそうですが、それに対する贖罪の意図も少しあるそうです。

こんな人におすすめ

・勉強をしなくては、と頭ではわかっているのにどうしてもスマホを見てしまう学生
・資格勉強を行い、理想の自分に近づこうともがいている社会人
・テレワークでどうしてもだらけてしまう会社員
など、本来、せっかくやりたい気持ち、素晴らしい意思があるのに、
手元の誘惑にどうしても負けてしまう、という方。

まとめ

スマホを見ないためのタイマー「がんばりタイム」を紹介しました。今後、がんばりタイムを実施した時間のグラフ化や、偉人の名言以外の、やる気をうながすコンテンツも検討中だそうです。何かに集中したい人はぜひ使ってみてください。