windows10プロダクトキーを生成、ライセンス認証させる方法

Windows10のプロダクトキーの生成はどうすればいいのでしょうか。また、プロダクトキー生成ツールはあるのか、ライセンスはいるのか、もし使えない場合はどうすればいいのかを解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

自分で生成したプロダクトキーは使用できない

パソコンには様々な機能があります。それらの機能を便利に使うことができればパソコンをより便利に使うことができるのです。様々なツールを使えないままにするのではなく、様々なツールを使えるようにしましょう。使えないままパソコンを使っていても、パソコンを最大限に使うことはできませんので、便利な機能があるならそれを活用するに越したことはありません。今回はプロダクトキーという便利なものについて解説していきます。

プロダクトキーとは?

Windows10に関わらず生成されているものがあります。Windows10などのパソコン、あるいは製品にはプロダクトキーというものが生成されているのです。これは一体何なのでしょうか。そしてどのような役割を担っているのでしょうか。Windows10などに生成されているプロダクトキーの役割や何に使うのか、そして自分で作ることはできるのかを解説していきますので興味があるという人はチェックしてください。

パスワードのようなもの

Windows10などに生成されているプロダクトキーは、いわばパスワードのようなものです。Windows10などに生成されているプロダクトキーは、アルファベットと数字がランダムに組み込まれた文で構成されています。つまり、Windows10などに生成されているプロダクトキーは、世界に1つしかない文字列というわけなのです。Windows10などに生成されているプロダクトキーはとても大事なものなのです。

必要なものなので紛失厳禁

Windows10などに生成されているプロダクトキーは、なぜとても重要なものなのかというと、再び同じデータをダウンロードする時の鍵のようなものだからです。パソコンで何か不具合などがあり、プログラムを1度削除してから再インストールしたいというときに、このランダムな文字列はライセンス認証、つまり使えるかどうかを確かめるための重要な鍵となってきますので、ライセンス認証のためにもこの文字列を覚えましょう。

何故ライセンス認証があるの?

そもそもライセンス認証という制度はどうして設けられているのかというと、それは偽物と本物が入り混じる現在のネット社会だからこそ必要なものだからです。ライセンス認証という方式は現代社会でとても役に立つので、採用されている方式なのです。ライセンス認証が具体的にどのような場面で役立つのかを解説していきますので、ライセンス認証についてより詳しく知りたい、役立てたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

偽物と本物を分別するため

ライセンス認証が設けられていないと、偽物のプログラムでパソコンを使われてしまい、思わぬ被害が拡大してしまう可能性があるからです。ライセンス認証制度を設けているプログラムは、その使いやすさから、偽物が多く出回ることがあります。そのプログラムを非正規のところからダウンロードして使った結果、そこからウイルスなどが爆発的に広がってしまうという可能性がありますので、ライセンス認証はとても重要な制度なのです。

無くしたらどうするの?

しかし、ライセンス認証があるということにはある種不便さもあります。それはWindows10などに生成されているプロダクトキーは絶対に覚えておかなければいけないということです。しかし万が一、Windows10などに生成されているプロダクトキーを無くしてしまったり、忘れてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。本来ならば絶対に紛失してはいけないものですが、紛失する可能性も考えて確認してみてください。

変更は利かない

Windows10などに生成されているプロダクトキーを忘れてしまったときは、自ら作ってしまえばいいと考える人もいますが、Windows10などに生成されているプロダクトキーはそもそももう設定されているものなので変更は利きません。Windows10などに生成されているプロダクトキーを自分で作ってしまうとそもそも承認されることはありませんし、何より自分で生成してしまうと思わぬ危険性を招いてしまいます。

自分で生成するのは厳禁

Windows10などに生成されているプロダクトキーを紛失したからといって自分で生成してしまうと、不正な文字列になってしまい弾かれてしまいますし、更に言うとプログラム側からデバイス自体が危険視されてしまう可能性がありますので、Windows10などに生成されているプロダクトキーを紛失してしまったときは自分で生成するのではなく、然るべき方法でプロダクトキーを確認するか、しかるべき場所に尋ねましょう。

解析ソフトはあるけど使わない

プロダクトキーを紛失してしまったときのために、そのプロダクトキーを解析することができるというソフトがあります。そのソフトの名はProduKeyという名前のソフトです。しかしプロダクトキーを解析してくれるからといってProduKeyを使ってはいけません。何故ならProduKeyは、プロダクトキー解析ソフトと謳っておきながら、プロダクトキー解析ソフトではないので、ProduKeyは使わないでください。

文字列が一種類しかない

ProduKeyが何故プロダクトキー解析ソフトではないかというと、なぜならProduKeyは、一定の文字列しかプロダクトキーとして、表示してくれないからです。プロダクトキーとは本来ならば世界に1つしかないランダムの25文字の英数字のパスワードですから、あちらのソフトのプロダクトキーと、こちらのソフトのプロダクトキーの文字列が同じだということは絶対にあり得ないからです。よくチェックしてみてください。

不正な文字列

ProduKeyで解析されたプロダクトキーは文字列が決まっています。それがFJ44M-DX23P-QRWQ8-RXY39-HFQTCという文字列です。これがプロダクトキーとして使われている場合は、そのプログラムはProduKeyでプロダクトキーを自動生成した紛い物のプログラムということなので、ProduKeyで解析されたプロダクトキーの文字列をメモしておいて、ソフトを入れるときに気をつけましょう。

正規の店舗で購入を

もしプロダクトキーを紛失してしまってどうしようもないというときは、自分で生成するのではなく正規のプロダクトキーを探し出して見つけるか、あるいはプロダクトキーを然るべき場所で購入するかのどちらかしかありません。プロダクトキーを正規の店舗で購入したいという場合の手順を紹介していきますので、プロダクトキーを紛失してしまったから困っているという人は、正規店で正規のプロダクトキーを再び購入してみてください。

 正規店での購入

プロダクトキーを紛失してしまったときは正規の店舗で購入することが求められます。どのように購入できるのかということを解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。まずダウンロード版の場合はプロダクトキーのみを正規購入することができます。パッケージ版の場合はUSBメモリが付属されることがあります。DSP版だと、プロダクトキーとパーツをセットで購入することとなりますのでくれぐれも注意をしてください。

ダウンロード版が便利

ダウンロード版で購入をするとプロダクトキーのみがすぐに届いて、その場で使うことができますので、1番手軽なのはダウンロード版でプロダクトキーを購入するという方法です。紛失したときはぜひダウンロード版でプロダクトキーを正規購入してみてください。

インターネットで購入の際にオススメの販売サイトは?

インターネットで購入の際に、おすすめの販売サイトはいくつかあります。それが、マイクロソフトの公式ショップや家電量販店のオンラインショップですが、1番安いのはAmazonとなります。

オークションで売ってるプロダクトキーはライセンス認証に使えない?

オークションで売ってるプロダクトキーはライセンス認証に使えないのでしょうか。答えは使えません。何故ならこれは正規のプロダクトキーではなく一時的なものだからです。口コミを紹介します。

実際にオークションで購入したけど使えないなどの口コミ

実際にオークションでプロダクトキーを購入したけど使えない、一時的に使うことはできたけどしばらく使っているとエラーが出たなどのクチコミがありますのでオークションのものはやめましょう。

 オークションで購入するのは違反行為なので絶対にしないこと!

オークションで購入するのは違反行為となります。ですから絶対にオークションでプロダクトキーを購入しないでください。不正にプログラムを使っていると判断されるので、メリットはありません。

Windows10プロダクトキーは使い回しのものは使えない!?

Windows10プロダクトキーは使い回しのものは使えません。例えばAのパソコンで使ったプロダクトキーをBのパソコンでも使えるかと言ったらそうではありませんので注意をしてください。

WindowsPCでプロダクトキーを確認する方法

WindowsPCでプロダクトキーを確認する方法を解説していきます。WindowsPCでプロダクトキーは確認することができますので、分からなくなったときは、確認をしてみてください。

自分のPCでプロダクトキーを確認する手順