ハードウェアアクセラレーションを無効にする方法!デメリットも解説

皆さんはハードウェアアクセラレーションを活用していますか?実はハードウェアアクセラレーションはPCの中核を担う存在なんです。そこで今回はハードウェアアクセラレーションを無効にする方法をご紹介していきます。デメリットも解説します!

ハードウェアアクセラレーションの無効・有効を設定する方法

ではハードウェアアクセラレーションの無効・有効を設定する方法を見ていきます。

ハードウェアアクセラレーションの無効・有効を設定する方法はいくつかあるので1つ1つ見ていきましょう。

Windows10での設定方法

ではWindows10での設定方法です。

Windows10での設定方法は

  1. 設定アプリを起動
  2. 「システム」→「ディスプレイ」→「マルチディスプレイ」→「グラフィックの設定」→「既定のグラフィックスの設定」
  3. 「Windows10での設定方法によるGPUスケジューリング」を有効・無効

でOK。

これでWindows10での設定方法が完了しました。

因みにグラフィックドライバは以下の通り。

まずはGEFORCE GAME READY ドライバー。

GEFORCE GAME READY ドライバーは「https://www.nvidia.co.jp/Download/driverResults.aspx/161414/jp」でインストールすることができます。

バージョン:451.48  WHQL
リリース日:2020.6.24
オペレーティングシステム:Windows 10 64-bit
言語:Japanese
ファイルサイズ:Temporarilly unavailable

となっています。

次はAMD。

AMDは「https://www.amd.com/ja/support」でインストールすることができます。

前提としてWindows 10 May 2020 Updateにアップグレードした後、Nvidia GeForce 451.48以降、またはRadeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.5.1以降を適用する必要があります。

Chromeなどブラウザの設定方法

ではChromeなどブラウザの設定方法を見ていきます。

Chromeなどブラウザの設定方法にはいくつかあるので1つ1つ見ていきましょう!

Chrome

まずはChromeです。

Chromeでは

  1. Chromeを起動
  2. 「設定」→「詳細設定を表示」
  3. 「ハードウェアアクセラレーション」を有効・無効

でOK。

無効にすると「再起動」アイコンが表示されるので再起動しましょう。

Internet Explorer

次はInternet Explorerです。

Internet Explorerでは

  1. 設定アイコンをクリック
  2. 「インターネットオプション」→「詳細設定」→「GPUレンダリングでなく、ソフトウェアレンダリングを使用する」
  3. 「適用」→「OK」で再起動をかける

でOK。

Microsoft Edge

次はMicrosoft Edgeです。

Microsoft Edgeでは

  1. Microsoft Edgeを起動
  2. 「設定」→「システム」→「 使用可能な場合はハードウェア アクセラレータを使用する 」

でOK。

Firefox

次はFirefoxです。

Firefoxでは

  1. メニューバーをクリック
  2. 「オプション」→「一般」で「推奨のパフォーマンス設定を使用」にチェックを入れる
  3. 「ハードウェアアクセラレーション機能を使用する (可能な場合)」を有効・無効
  4. Firefoxメニューをクリックし「終了」をクリック
  5. 再起動

でOK。

Excelでの設定方法

ではExcelでの設定方法を見ていきます。

Excelでの設定方法は

  1. 右上から「ファイル」→「オプション」→「詳細設定」→「ハードウェア グラフィック アクセラレータを無効にする」にチェックを入れる
  2. 右下の「OK」をクリック

でOK。

これでExcelでの設定ができました。

実はExcelはかなりの容量を食います。

PCは基本的にCPUの性能は抜群ですが、GPUの性能はそこまでよくありません。

そのためCPUを使えばサクサク動くものもGPUだと全然動かないことも結構あります。

その現状がありながらExcelのデフォルト設定ではGPU処理になっています。

そのためExcelをCPU設定に変更する必要性がありました。

この設定をすればPCがサクサク動く可能性がグンと上がります。

他にも

  • 使っていないアドインを無効にする
  • Officeの修復or再インストールを行う

などの方法があります。

Excelは見た目以上に容量を要するので是非この設定をしてPCを軽くしてあげましょう。

ハードウェアアクセラレーションを無効にするメリット・デメリットは?

ではハードウェアアクセラレーションを無効にするメリット・デメリットを見ていきます。

ハードウェアアクセラレーションを無効にするメリット・デメリットはいくつかあるので1つ1つ見ていきましょう。

【メリット①】不具合が解消される可能性がある

まずハードウェアアクセラレーションを無効にするメリット・デメリットは不具合が解消される可能性がある点です。

ハードウェアアクセラレーションは基本的に有効にしておいたほうが無難です。

しかし環境によってはOSの不具合や作業、関連アプリに悪影響を及ぼすデメリットがあるケースもあります。

原因がハードウェアアクセラレーションが有効になっていたという声も結構聴きます。

デフォルトではハードウェアアクセラレーションは「使用可能な場合は使用する」になっています。

そのため先ほどの設定方法でハードウェアアクセラレーションの設定を変更する必要があります。

【メリット②】メモリ消費量を抑えられる