【Discord】画面共有の方法!画面共有が重いときの対処法紹介!

Discord(ディスコード)は、現在ゲーマーを中心に多くの人々に利用されている、無料の音声通話サービスです。当記事では、基本的な使い方から、スマホやPCでの画面共有機能の使い方、サーバーが重い、画面が真っ暗になるといった問題への対処法などを解説いたします。

 

ディスコードで画面共有する


ディスコードの画面共有機能とは、自分のゲーム画面やPC画面を、そのまま通話相手の画面にも映し出すことができる機能です。通話をしながら一緒にゲームをする際などに画面共有機能を使えば、相手と音声だけでなく、視点の共有もできることがディスコードの大きな魅力です。

【ディスコードで画面共有する】①PCでのやり方

ディスコードの画面共有には、フレンドとの1対1~複数人での画面共有と、同じサーバーのグループとの画面共有の方法があります。フレンドは、フレンドに追加の画面から、追加したい相手のDiscordTag(ユーザー名+4桁の数字)を打ち込むだけで申請することが可能です。DiscordTagは、画面に名前#○○○○(4桁の数字)で表示されていますので簡単に見つけることができるでしょう。フレンドに申請した後は、相手が認証するのを待つのみです。

 

【PCでのやり方】一対一で共有する方法

1対1で画面共有するためには、まず「ビデオ通話」か「音声通話」のアイコンをクリックして通話を開始します。

すると、画像のように自分と相手のアイコンが表示される通話中画面になります。そして、アイコンの下のメニューにある、画面共有アイコンをクリックしてください。

次に、自分の共有したい画面を選んでください。

最後に配信の画質と、フレームレートを選択すれば、通話相手との画面共有が開始されます。

【PCでのやり方】複数人に共有する方法

複数人のフレンドとディスコードの画面共有をする方法は、1対1での画面共有とほぼ同じです。最初に画面左の「フレンド」をクリックし、フレンドの画面にします。


そして、新規グループDMをクリックするとあらわれるメニューの中の、画面を共有したいフレンドの名前の横にチェックを入れ、グループDM の作成を押します。そして、一対一のディスコードの画面共有の場合と同じように、グループのメッセージ履歴画面から通話を開始してください。
その後も一対一の場合と同じ手順で、画面共有をオンをクリックし、配信の画質とフレームレートを選択すれば、グループでの画面共有が開始されます。

【PCでのやり方】グループに共有する方法

画面共有が可能なサーバーであること、サーバー人数が30人以上でないことを満たせば、同じサーバーのグループ内で画面共有が可能です。この方法なら、同じサーバーチャンネルに入ってさえいれば、フレンドでなくても画面共有ができます。操作も簡単で、はじめに画面を共有したいサーバーを選び、音声通話を始めます。


後は画面を共有するをクリックし、配信の画質とフレームレートを選択すれば、そのサーバー内で画面共有がはじまります。

【ディスコードで画面共有する】②スマホでのやり方

2020年12月からiOS/android端末でもディスコードで画面共有を行うことが可能になりました。(ただしiPadはまだ使えないのこと)

画面共有は簡単で、音声通話・ビデオ通話中に画面共有アイコンが出るのでそれをクリックすれば簡単に共有できます!

【ディスコードで画面共有する】④任天堂Switchでのやり方

任天堂Switchで画面共有をするためには、キャプチャーボードが必要です。キャプチャーボードを使えば、PS4や任天堂Switchなどのゲームの画面を、PCに取り込むことができます。ただ、PCにゲーム画面を表示させた際には、いくらか遅延が発生します。

PCの画面にゲーム画面を表示させることさえできれば、前記のPCでの画面共有の方法で、ゲーム画面を共有することができます。

【ディスコードで画面共有する】④PS4でのやり方

PS4での画面共有のやり方は下の記事で紹介しています。

PS4とディスコード接続のやり方!PC・スマホでの方法を徹底解説

ディスコードの画面共有が重いときの対処法


通話中に通話アプリが重くなってしまうと、通話相手の声が途切れたり、ラグったりしてまともに会話ができなくなります。
ディスコードがもし、回線が不安定になったらどうすればいいのか、対処法を解説します。

【ディスコードの画面共有が重いときの対処法】①サーバーリージョンを変更する