dropbooksが見れない!後継サイトや代わりのサイトは?

dropbooksは、無料で多数の成人向け同人誌、商業誌を読めてダウンロードもできる、いわばアダルトコンテンツに特化した漫画村のようなサイトです。当記事では、現在見れないdropbooksの代わりになるサイトの紹介・特徴などを解説していきます。

dropbooksは見れない

dropbooksは、多くの成人向け漫画、同人誌があげられていて有名なサイトでした。
しかし、2019年4月からアクセスできなくなり、どうやら閉鎖されてしまったようです。今は見れない漫画村などの違法海賊版サイトが、著作権侵害等を理由に規制され、閉鎖されたのと同じ理由だと思われます。

後継サイト「Xbooks」として復活


dropbooksは、dlbooksやxbooksなどと、何度も名前を変えて移転しました。これらのサイトは同一人物が運営していて、最新の後継サイトはxbooksです。ただし、xbooksも2020年8月27日時点では視聴することができましたが、2020年9月2日時点からは見れないようです。また復旧する、もしくは移転する可能性もありますが、現在は利用することができません。

dropbooksの代わりの無料サイト

現在、dropbooksは閉鎖されてしまったため見れないですが、dropbooksの代わりに成人向けの漫画、同人誌を違法アップロードしているサイトは無数にあります。そういったサイトの中でも有名なものを複数紹介し、その特徴をまとめます。ただし、ウイルスなどの危険性を考慮したうえ、それらのサイトへのアクセスは自己責任で行ってください。

①ぶひドウ


ぶひドウは、アイドルマスターシンデレラガールズや、Fate、その他大人気アニメシリーズなどの同人誌を中心に閲覧できる無料のサイトです。

特徴としては、商業誌はまとめられていない代わりに同人誌に特化している点で、好きなアニメなどのタイトルで、カテゴリ分けされたものを閲覧できます。同人誌を読む目的なら、dropbooksの代わりに充分なりえるサイトです。また、ダウンロードリンクをパスワードで保護していて、ダウンロードの速度を早く保っています。パスワードも見つけやすいようにリストアップされています。

ただ、レイアウトがやや複雑で、ページを開くと大量の広告や文字に圧倒されます。

②nHentai

nHentaiは、商業誌、同人誌関わらずに大量の漫画が無料で閲覧できるサイトです。発売されてすぐのものでも数日でアップロードされ、タグや作者、作品で細かく検索できます。

検索にヒットした作品を、新着順や人気順で並び替えることもできます。現在16万5千を超える漫画を見ることができるようで、dropbooksに負けないほど多量のアダルト漫画があります。見れない作品は少なく、dropbooksの代わりになりうるサイトです。

ただ、外国人ユーザーが中心なのか英語、中国語などに翻訳されたものも多く、サイトで使われる文字やタグなどは英語です。

③俺のエロ本

俺のエロ本は、商業誌中心でまとめられた無料のサイトです。2017年に設立されたサイトで、短時間で多くの利用者を得ました。 レイアウトはすっきりとしていて、ページ上部では多く閲覧されている人気の漫画が配置されています。

約6000の漫画があり、それぞれのサンプルページには、タイトルや説明などの基本情報があります。一目で多くのタグから好みのものを見つけることができ、1日に複数回更新されるのが特徴です。肝心のエロ漫画も、新しくクオリティーの高いものを中心に集められているようです。

ただ、ダウンロードのためのZIPファイルのリンクなどはありません。

④毎日エロ漫画

毎日エロ漫画は、商業誌中心でまとめられた無料のサイトです。タイトルの通り毎日多数の更新があり、ページの右側には当日の人気の漫画や、新着コメント、人気のタグなどが並んでいます。ただ、PC版は評判がいいのに対して、モバイル版は少しレイアウトがごちゃついているという評価です。

マニアックなものも含めた広範囲のジャンルを取り揃えており、好みのタイプの漫画が見つけやすくなっています。また、こちらのサイトにはダウンロードリンクはないようです。

⑤同書庫

同書庫は、その名の通り同人誌を中心にまとめられた無料サイトです。タグは、特定のシチュエーションではなく、同人誌の元となるアニメなどの作品名でまとめられています。また、一目でPDF、ZIPといったダウンロード用のリンクを見つけることができます。

広告はほとんどなく、ページにあるカレンダーから、選んだ日にちにアップロードされた作品を見ることもできるようです。しかし、その代わりサイトのデザインや、タグとカテゴリーの整理に関してはあまり評価はされていないようです。

 

⑥エロ漫画の夜

エロ漫画の夜は、同系列のサイトと比べても非常にレイアウトがすっきりしていて読みやすいサイトです。こちらも俺のエロ本と同じく、2017年に設立されたサイトです。商業誌を中心にアップロードしていて、新着や人気のものがそれぞれわかりやすく表示されています。

ページが見やすく高画質なうえ、投稿される漫画の質も高いため、毎月900万回以上視聴されるサイトで、PC版の評価は非常に高いです。しかしながら、PC版の評価の高さに対して、モバイル版は広告がとても多いためにあまり快適に見れないようです。

⑦エロマンガタイム

 

エロ漫画タイムは、カテゴリーが多く、自分の好みに合った漫画を見つけやすいサイトです。アップロードされている漫画は商業誌が多いです。

また、こういったサイトには珍しく広告が少ないため、ページ全体がすっきりした印象で、ストレスフリーで利用することができます。そして、検索オプションが非常に豊富で、作者、カテゴリー、キャラ、見た目、体位・プレイ、場所、その他タグと細分化されています。

長編のエロ漫画をまとめていたり、他のサイトでは見れない使いやすさがあります。また、一覧になっているサンプル画像の右上に、星でその漫画の平均評価を表示しているため、評価の低い漫画を簡単に避けることができます。

⑧もえもえあにめぶろぐ

萌え萌えアニメログは、同人誌や商業誌が大量にアップロードされているサイトです。ページ上部にカテゴリーやタグなどの一覧リンクがあり、スムーズに見たい作品を探すことができます。Fate、ブリーチ、GANTZなどの人気の高いアニメ、マンガコンテンツの同人誌も多く、大量の漫画と検索の容易さが魅力です。

また、このサイトには自分がコンテンツをアップロード可能なリンクもあるのが特徴的です。ただ、エロ漫画だと思いクリックすると、それはアフィリエイトサイトの広告で、代わりに外部サイトに飛ばされてしまい目当ての作品は見れないということが多いです。紛らわしい外部リンクをたくさん踏んでしまうことがあるので、ストレスフリーでの利用は叶わないかもしれません。

⑨同人スマート

同人スマートは、同人誌を大量にアップロードしているサイトです。無料で簡単に同人誌を閲覧、ダウンロードできるサイトで、同人誌のランキングや、更新日ごとの新たにアップロードされた同人誌の一覧などを見ることができます。

原作やキャラクター、サークルごとのタグもあり、見たい作品を簡単に見つけることが可能です。また、タグで絞って出てきた同人誌を、新着順だけでなくおすすめ度順に並び替えることもでき、見たい作品のキャラクターの、評価の高い同人誌から閲覧できます。スタイリッシュでシンプルなレイアウトで、こういったアダルト系サイトには珍しいほど画面がごちゃごちゃしていません。まさに名前の通り、同人誌をスマートに閲覧できるサイトです。

ただ、モバイル版の同人スマートはやや広告が多いようです。

⑩あんずBOOKs

あんずBOOKsは、同人誌を中心にアップロードしているサイトです。このサイトで特徴的なのは、ランキングシステムが他のサイトと比較しても優れている点です。

人気の同人誌を、24時間、7日間、30日間、累計のランキングで見ることができます。人気の原作、人気のアニメ原作、人気のタグのランキングもあります。さらに、あんずBOOKsには他では見れない無修正の同人誌もあります。

すべてを無修正では見れないですが、無修正タグを使って当てはまる作品を探すことができます。その代わり、欠点としては、ローディングに時間がかかりすぎる場合があるようです。

海賊版サイトの閲覧の危険性

海賊版サイトは、著作者に無断で商品を利用している違法性の高いサイトでもあります。当然ですが無料である代わりに、法的にしっかりしているサイトと比べて、危険性ははるかに高いです。そのため、海賊版サイトを利用することで、無料で作品を使用される著作者だけでなく、利用者も被害を受けてしまうということがあります。無料である代わりに、大きなリスクがあるということを理解して、注意しながらでないと見れないです。海賊版サイトを閲覧する危険性について、まとめました。

【海賊版サイトの閲覧の危険性】①ウイルス感染

海賊版サイトは、視聴中に「ウイルスに感染しています」などと言ったポップアップが表示されることがあります。さらに巧妙に、アンチウイルスソフトを装って、ウイルスの駆除のためにクリックしてください、などといったポップアップもありますし、とても網羅できないほどのパターンがあります。そして、ついポップアップをクリックしてしまった結果、謎のアプリがダウンロードされ、ウイルスに感染してしまうケースがあります。その他にも、偽サイトにつながったり、感染していないウイルスの駆除代金を請求されたりなど、多様な手口があります。気を付けていても海賊サイトを利用する以上、無料である代わりにリスクなしには見れないです。

【海賊版サイトの閲覧の危険性】②フィッシング詐欺

詐欺だったり、端末が壊れてしまうというリスクのあるウイルス感染以外にも、フィッシング詐欺に合うという危険性もあります。フィッシング詐欺とは、目当てのサイトの代わりに違うサーバーやサイトに誘導され、「クレジットカードの情報」「パスワード」といった個人情報を盗まれるという詐欺です。クレジットカードの情報など、抜き取られても被害にあうまでに時間があり、なかなか自分が詐欺にあったということに気付けないことがあります。

【海賊版サイトの閲覧の危険性】③マイニングを勝手にさせられる

サイト利用者のPCやスマホが、勝手に仮想通貨をマイニング(仮想通貨の生成(新規発行))させられるということもあります。新規発行された仮想通貨は、端末の持ち主のものではなく、マイニングをさせた人物のものとなります。つまり、端末の所持者は、無断で端末を利用されるということです。マイニングをさせられることで、CPUの使用率が100%になったり、電池の減りが著しく早まったりして、端末に無用の負担がかかってしまう状態になります。

【海賊版サイトの閲覧の危険性】④ダウンロードで違法の可能性

上記の危険性は、海賊版利用者が悪意のある人間による詐欺などの被害にあうといったものでした。しかし、海賊版サイトでダウンロードをしてしまうことで、利用者が加害者として罰を受けることもあります。違法にアップロードされたものであると理解したうえで、映像・音楽などをダウンロードする行為は違法です。ただ、どれくらいダウンロードしてしまうと罪になるのかといった点は曖昧です。これくらい大丈夫だろうとダウンロードした結果、警察のお世話になってしまうということもありえます。

2021年1月から漫画ダウンロードも違法に

上の文章で、映像・音楽などをダウンロードする行為が違法であると述べましたが、著作権法改正案が2020年6月5日に成立して、翌年1月より施工されることになりました。違法アップロードされた漫画や写真、論文などのダウンロードも新たに違法となります。成人向け漫画の海賊サイトで成人向け漫画をダウンロードすることが、罰金や懲役の刑事罰の対象となってしまうこともありえるのです。

海賊版サイトを見る際の予防策

海賊版サイトを見ることによるリスクについて解説しましたが、それでも見たいという場合、できるだけ被害にあわない方法について知っておくべきでしょう。危険性の高いサイトを利用することによる被害は自己責任ですので、自分を守るためにも知識が大切です。海賊版サイトを閲覧するうえで、ウイルスなどの被害にあわないための予防法や知識を解説します。

【海賊版サイトを見る際の予防策】①ウイルス対策ソフトを入れる

まず当たり前ですが、ウイルスに対して素人が適切な対処をすることは難しいです。ウイルスから身を守るためには、きちんと市販のウイルス対策ソフトをインストールしておきましょう。また、スマホやタブレットなどの端末で視聴するのであれば、それらにもインストールするべきです。ただ、対策していてもウイルスに感染してしまうことはあるかもしれません。その際は自力で解決することは難しいので、速やかに専門の業者に任せましょう。

【海賊版サイトを見る際の予防策】②広告をクリックしない

利用するサイトによっては、広告をクリックしてしまうと海外のサイトへ飛ばされてしまうということもあります。また、国内のサイトであってもリスクは同じです。広告をむやみにクリックすると、見たかったサイトの代わりに、よくわからないサイトに飛び、ウイルスに感染してしまうことがあります。信頼できないサイトを利用する際に、広告やリンクをあまりクリックしないようにしましょう。

【海賊版サイトを見る際の予防策】③絶対にダウンロードしない

ウイルス等への備えも重要ですが、自分自身が加害者として糾弾される危険性も認識しなければいけません。2016年に開設された漫画村と、その最後までの一連の流れは漫画村事件と呼ばれ、社会的に大きな注目を浴びました。そしてその影響で、それまで違法と知りながらのダウンロードが罪に問われたのは、録音と録画に限られていましたが、法改正により、漫画もその対象になる予定です。今後は海賊版サイトを利用するとしても、ダウンロードはせずに、閲覧するだけにとどめておくのが賢明でしょう。

【海賊版サイトを見る際の予防策】④合法サイトやアプリを使用する

最後に、アダルトコンテンツを安全に楽しむために一番いい方法についてです。それは、言うまでもありませんが、合法のサイトやアプリを使用することです。無論、海賊版サイトと違って有料のサイトばかりでしょう。しかし、ユーザーがお金を払うからこそ、クリエイターたちが質の良いアダルトコンテンツを生み出せるということを理解しなくてはいけません。利用者も安全で、なおかつ後ろめたいことがなく楽しむことができます。

まとめ

当記事では、もう見れないdropbooksの後継サイトや代わりになるサイトの特徴、ウイルスなどの危険性と対策を解説しました。海賊版サイトは法規制が進むにつれて、見れないようになるのでしょう。利用者と作者にとって一番は、有料サイトを利用することだという点は忘れないでください。