未分類

エラーコード;0xc000007bが発生した場合の対処手順

では、アプリケーションのDLLファイル(32bitと64bit)が混在している場合の対処法を解説していきます。Windows10の32bit版を使っている場合は、DLLファイルも32bit版、Windows10の64bit版を使っている場合は、DLLファイルも64bit版をインストールしていないと動作しません。

32bit版/64bit版の確認方法と対応方法

Windows側のシステムの種類とDLLファイルの32bit版/64bnit版両方とも確認が必要です。Windowsのシステムの種類がわかっている場合は飛ばしてください。

Windowsの32bit版/64bit版を確認する方法

Windowsのシステム種類を確認する手順は以下の通りです。

  1. Windowsスタートメニュー>設定>システム>バージョン情報
  2. システムの種類に32bit/64bitが記されているので確認する。

DLLファイルの32bit版/64bit版の確認方法

では、インストールしたアプリケーションが32bit版なのか64bit版なのか確認する方法を紹介します。確認手順は以下の通りです。

  1. 調べたいアプリケーションのプロパティを開く
  2. 互換性タブ>互換モードでこのプログラムを実行するにチェック
  3. WindowsXP以前のOSが表示される場合は32bit、表示されない場合は64bit

対応方法

Windows64bit版に32bit版をインストールしてしまった場合は、64bit版のDLLファイルをインストールすれば解決します。32bit版をアンインストールした後に64bit版をインストールし直しましょう。

Windowsを64bit版にアップグレード【32bit版の場合】

Windows10に関しては32bit版を64bit版にアップグレードすることができます。32bit版から64bit版へのアップグレードにはクリーンインストールを行うため、バックアップやインストールメディアの作成も必要です。

パソコンに詳しくない方は、64bit版にアップグレードするより、32bit版のDLLファイルをインストールした方が簡単なのでそちらをおすすめします。

インストールメディアの作成手順〜Windows10〜

インストールメディアを作成するには8GB以上のUSBメモリなどが必要です。インストールメディアの作成手順は以下の通りです。

  1. Microsoftのダウンロードページにアクセスしてダウンロードする
  2. ダウンロードファイルを起動させ”別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVDまたはISOファイル)を選択して進める
  3. ”このPCにおすすめのオプションを使う”のチェックを外す
  4. アーキテクチャを64bitに変更してUSBフラッシュドライブを選択して保存する

クリーンインストールの手順〜Winows10〜

では、Windows10をクリーンインストールする手順です。インストールメディアを読み込ませた後にWindows10をインストールしていきます。作成したインストールメディアのUSBメモリは繋いだ状態で行いましょう。

USBメモリを読み込むための設定手順

まずは、USBメモリを読み込む為の設定を行います。手順は以下の通りです。

  1. Windowsをシャットダウンする
  2. パソコンを起動させBIOSを起動させる
  3. Boot>Boot Device PriorityでUSBメモリを最優先に設定しパソコンを再起動する

Windows10のインストール手順

準備が整ったらWindows10のインストールに進みます。インストールの手順は以下の通りです。

  1. 言語・時刻・キーボードを設定してインストールを開始しプロダクトキーがありませんをクリック
  2. アーキテクチャをx64、エディションは同じ物を選択し進める
  3. ”カスタム:Windowsのみをインストールする”のオプションを選択する
  4. Windows10がインストールされているドライブを選んで削除をクリックしインストールが完了するまで待つ

停止コード0xc000007bとしてブルースクリーンが出る場合の対処法

ここまでは、”0xc000007b"エラーの対処法を紹介してきましたが、”0xc000007b"のブルースクリーン時の対処法を紹介します。

Windowsが起動時にシステムパーティションにアクセスできないことが原因

次のページへ >