【get_staticportmappingcollectionに失敗しました。】ポート開放出来ない時の対処法

パソコンをやっているとget_staticportmappingcollectionに失敗しました。と表示されることがあります。そのときポートやセキュリティ、ファイアーウォールはどうなっているのか、また開放くんはどう使えばいいかを解説します。

開放くんは簡単にポートを開放するフリーソフト

パソコンには、様々なソフトがあります。ファイアーウォールを強化してくれるソフトだったり、セキュリティを強固にしてくれるソフトだったりと様々ですが、パソコンのセキュリティを強化したり、ファイアーウォールを強化するためのソフトの中には、まれにウイルスが含まれている可能性がありますので、ポートなどの機能が壊されてしまう可能性があります。ポート機能が壊されないためにもインストールするソフトを選びましょう。

ポート機能はパソコンで重要な機能の1つ

ポート機能とは、パソコンを使ううえでとても大事な機能の1つです。ポート機能が壊されてしまうと、ネットワークで通信できなくなってしまうので、ポート機能を壊されないためにも、ソフトを厳選してください。ポート機能のみならず、パソコンの重要な機能が破壊されてしまう可能性がありますので、ウイルスが含まれているサイトを訪れたり、ウイルスが含まれている可能性が高いソフトを、ダウンロードしないようにしてください。

開放くんとはどのようなソフトなの?

パソコンを使ううえで、開放くんというソフトがあります。開放くんは誰でも無料でインストールできるソフトであり、そして便利に使えるソフトとなっています。開放くんを使いたいという人は、開放くんはどのような機能があるのか、そして開放くんはどのような場面で使えばいいのかを解説していきますので、開放くんをいずれ使ってみたいけどどのような場面で、どのように使えばいいのかが分からないという人はチェックしましょう。

Macユーザーは開放くんは使えない

開放くんを使いたいと考えている人で、Macユーザーの人はいませんか?実は開放くんは、Macユーザーは使うことができないのです。開放くんはWindowsでしか使うことができないので、開放くんをWindowsで使ってみたいという人はフリーソフトなのでぜひダウンロードをしてみてください。Macでダウンロードをしようとしても開放くんはダウンロードをすることができないので、Macユーザーは注意してください。

ポートを開放してくれる

開放くんは、UPnPと言うものを使って、パソコンにおいて重要なポート機能を開放してくれると言うソフトとなっています。開放くんのポート機能開放方式は、Windowsで使われているWindows messengerと同じ方法が使われているので、Windowsでしか使うことができないのです。Windows messengerでポート開放をしたことがある人は、ぜひ開放くんを使ってポート開放をしてみてください。

ポート開放の目的

ではなぜポート開放をする必要があるのでしょうか。ポート開放をする目的は、自分以外の外部からアクセスができるようにするためです。外部からのアクセスが可能になると、必要なサービスを利用することができるのです。ではこの外部からのアクセスが可能になることによって、どのような場面で役立てることができるのでしょうか。ポート開放は常日頃やればいいというわけではないので、ポート開放場面をチェックしてみてください。

オンライン対戦ゲームの際に必要になる

ポート開放をしたいと言う場面は、どのような場面なのかと言うと、オンラインの対戦ゲームをやるときです。オンラインの対戦ゲームは、遠くにいる相手とオンライン上でゲームで対戦できますが、アクセスする場所が示されていないと、対戦することはできません。しかしポート開放をすると対戦をすることが可能となりますので、オンラインの対戦ゲームをやりたいと考えている人はポート開放をするために開放くんを使ってみましょう。

オンラインでやり取りするためにする必要がある

ポート開放とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。ポート開放とは、オンライン対戦ゲームにおいて、相手とやりとりをするために必要なものです。ポート開放をしていないと、相手とやり取りをすることができません。普段は外部から不正に侵入されないためにも、ポートを閉じてセキュリティを強固に保っているのですが、オンライン対戦ゲームだとそのセキュリティでアクセスが弾かれ、やり取りができなくなってしまうのです。

アクセスが弾かれないためにやる

オンライン対戦ゲームで、外部からのアクセスが弾かれないためにもポート開放は必要となります。だからこそ開放くんを使ってポート開放を行う必要があるのです。ポート開放をするためには、いくつかの過程を踏む必要がありますので、これからその手順を紹介していきます。ポート開放をしたいと言う人はその手順を確認してから、開放くんを使ってポートの開放をしてオンラインゲームでの対戦や仲間とのやりとりを楽しんでください。

アドレスを取得

ポート開放は、開放したい端末のIPアドレスを取得してください。IPアドレスはコマンドプロンプトという場所で確認することができますので、そこでチェックしてください。IPアドレスとルーターのIPアドレスをメモすることで完了となります。開放くんの場合では、ポート番号というボックスにIPアドレスを打ち込んで、ポートを開くというボタンをクリックすればポートを開放することができるので、ぜひ試してみてください。

ゲームを楽しめる

開放くんを使う代表的なゲームはオンライン対戦ゲームだけではありません。有名なゲームだとMinecraftがそれにあたります。Minecraftも仲間とやりとりをしながらゲームをすることができますので、オンラインでMinecraftをプレイして仲間と楽しみたいと考えている人はぜひポート開放をして、Minecraftやオンラインゲームを対戦して楽しみましょう。そうすることでよりゲームを楽しめるのです。

トラブルに見舞われることも

開放くんを使うときに限らず、新しいソフトを使うときは、様々なトラブルに見舞われることがあります。開放くんを使うときに、まれにあるトラブルに見舞われることがありますので、開放くんを使いたいというときは、ぜひチェックをしてから開放くんをダウンロードしてください。開放くんを使うときに見舞われるトラブルとは一体何なのでしょうか。開放くんを使っているときに、あるメッセージが表示されるということがあるのです。

メッセージが表示される

開放くんを使うときに表示されるメッセージ、それがget_staticportmappingcollectionに失敗しました。というものです。このget_staticportmappingcollectionに失敗しました。というメッセージが表示されてしまったらどのような対処法をとればいいのかも紹介していきますので、メッセージが表示されてしまったというとき、または事前にチェックをしてみてください。

対処法紹介

get_staticportmappingcollectionに失敗しました。のメッセージに関する対処法や、ポート開放時の危険性もいくつか紹介しますので、参考にしてみてください。get_staticportmappingcollectionに失敗しました。が表示されても慌てずに対応しましょう。

ポートとはネットワーク通信する際の情報の送受信口

ポートとはネットワーク通信する際の情報の送受信口のことですので、これを解放しないとオンラインなどで人とメッセージのやり取りをすることができないので、必ず対戦の前には開放をしてください。

送受信するデータの内容によって決められているポート番号

ポート開放をするには送受信するデータの内容によって決められているポート番号というものを打ち込むことでデータなどを送受信することができるようになりますので、ポート番号をメモしておいてください。

開放くんはポート開放するWindows用フリーソフト

開放くんはポート開放するWindows用フリーソフト担っています。無料でダウンロードをすることができますので、Windowsユーザーで使ってみたいと考えている人はぜひダウンロードしてみてください。

エラー対応の前にポート開放が可能な条件を確認

エラー対応の前にポート開放が可能な条件を確認してください。対応しないで開放してしまうとget_staticportmappingcollectionに失敗しました。と表示される可能性があります。

ポートを開放するための前提条件

get_staticportmappingcollectionに失敗しました。と表示されないためにも前提条件を確認しておきましょう。そうすることでget_staticportmappingcollectionに失敗しました。と表示される確率を下げることができます。

グローバルIPが提供されていること

get_staticportmappingcollectionに失敗しました。と表示されないためにはグローバルIPが提供されていることを確認してから、ポート開放をしてみてください。

ルーターを使用してインターネットに接続していること

get_staticportmappingcollectionに失敗しました。と表示されないためにも、ルーターを使用してインターネットに接続されていることを、確認してみてください。

開放くん使用の際に「get_staticportmappingcollectionに失敗しました。」と表示された場合の対処手順