未分類

HUAWEIのCPU「kirin710」の性能!snapdragonと比較も

2022年11月12日

2018年に登場したHUAWEIスマホ搭載のCPU「kirin710」。ゲームプレイの快適さやAnTuTuベンチマークの点数で Kirin710の性能を評価します。また コスパと性能のよいKirin710を搭載した現在販売中の機種も紹介します。

Kirin710の性能

2018年7月に登場したKirin710(キリン710)は、HUAWEIの子会社であるHiSiliconによって開発されたモバイルプロセッサーです。発売当時の前身のCPUであるkirin659に比べると、スマホの処理性能を上げる核の性能が向上しました。シングルコア性能が75%、マルチコア性能が68%、GPU性能が30%向上し「GPU Turbo」にも対応して、快適なゲームプレイができるようになっています。

Kirin710でゲームは可能なのか?

スマホでゲームをする上で、スマホの性能はとても大切。CPUの性能が良ければゲームが快適にプレイができ、フリーズが少なくストレスがたまることもありません。結論としてKirin710の場合は2018年の古いCPUなので「ゲームはできなくはないが、ややストレスを感じる」といえます。複雑な3Dゲームでなければ、比較的スムーズにプレイできます。次にKirin710の単滅でゲームを例にして性能処理を見てみました。

【ゲーム可能?】PUBGの場合

元祖バトルロアイヤルと言われるPUBGですが、Kirin710搭載のHUAWEIスマホで問題なく遊べます。なぜなら、Kirin710搭載のHUAWEIスマホはGPU Turboが搭載されていて、グラフィック処理能力が高く、ある程度の高負荷に耐えられるからです。PUBGであれば、GPU Turboで処理できるレベルなので、快適にプレイすることができます。

【ゲーム可能?】荒野行動の場合

荒野行動もKirin710搭載のHUAWEIスマホであれば問題なく遊べます。グラフィックに関しても、PUBGとほとんど差はないため、スマホにかかる負荷が少なく、サクサク動作して快適にプレイできます。バッテリーの消費は10分のプレイで6%のバッテリー消費なので、より長くゲームを楽しみたいなら荒野行動がおすすめです。

【ゲーム可能?】デレステの場合

デレステはKirin710搭載のHUAWEIスマホでのプレイはおすすめしません。なぜなら、デレステがKirin710のCPUをサポートしていないため、画質がかなり悪くなるからです。 またKirin710はCPUが古いため、動作もサクサク動きにくいといえます。デレステを綺麗な画質でサクサクプレイしたい場合は、最新のCPUがおすすめ。スマホ端末を購入する前に「機種名 デレステ」で検索して問題なくプレイできるか調べた方が良いでしょう。

他のCPUとKirin710の比較

次のページへ >