freflaは既に閉鎖?ディープフェイクを見れるサイトをご紹介

「frefla」を聞いたことがありますか。「frefla」はディープフェイクで作られたフェイクポルノが多く投稿されていたサイトです。このサイトはディープフェイクの違法性の高さからか、見れなくなっていて閉鎖が囁かれています。閉鎖の実態についてまとめてみました。

freflaは既に閉鎖

「frefla」について紹介する前に、残念なお知らせがあります。「frefla」について調べたところ、「frefla」はすでに閉鎖されているようです。かつてはhttps://frefla.com/このURLから閲覧ができたのですが、現在はサイトを開くことができなくなっています。ディープフェイクサイトには悪質なものも多いために、削除されることが多いようです。規制も年々厳しくなっているのでディープフェイク動画を見られるサイトを見つけることは簡単ではないです。また、ディープフェイクの動画を見るだけで違法になることもあるので、気をつけてください。

ここから先は、まず「frefla」とはどのようなサイトだったのか紹介します。それから、「frefla」が閉鎖した理由だと考えられる「ディープフェイク」とはなんなのか、ディープフェイクには違法性があると言うがどのような点が違法なのかについて紹介します。先にまとめて言うと、違法性は二つに要素に分けられ、一つが著作権侵害、もう一つが名誉毀損です。人の写真を勝手に使って新たな著作物を作っていること、そしてその動画の多くが政治の印象操作やフェイクポルノにあたることからこのような違法性が強く言われています。

 

freflaとは?

「frefla」は日本の有名な女優やアイドルのフェイクポルノ動画が集まっていたサイトです。上がっていた動画の特徴としては比較的短いものが多く、スマホでの試聴をかんがえて作られた動画が多いサイトでした。操作も手軽にでき、「TikTok」のような操作性だったようです。しかし、ディープフェイクの悪質性が違法性の高さからか、現在は閉鎖されています。以前のURLからアクセスできるかどうか確認しましたが、今はアクセスすることができません。

「frefla」を愛用していたと言うか「frefla」で頻繁に動画を見ていた人も多いようで、アクセスできない今ではアクセスできないことを嘆いたり不審に思ってyahoo知恵袋で「frefla」が閉鎖したかどうかを質問している人もいるくらいです、「frefla」については情報も少なく、なくなってしまった今その実態を知ることも困難になっています。ただ、日本のみならず世界中からユーザーがアクセスしていて多くのアクセス数を稼いでいたサイトであったことは間違いがなさそうです。

freflaが閉鎖した理由『ディープフェイク』

「frefla」は「ディープフェイク」を配信していると言う内容が原因で閉鎖したと言われています。ディープフェイクは悪質性が高く、違法性もあるので、規制がかかっている国やサイトも多く、閲覧が厳しくなっています。そんなに目の敵にされる「ディープフェイク」とは一体なんなのでしょうか。調べてみると、ディープフェイクは人工知能の技術を駆使したクオリイティの高い合成であること、悪質に使われることが多く違法とされることが分かりました。

【freflaが閉鎖した理由】ディープフェイクとは?

ディープフェイクとは、人工知能の手法を利用して作られる偽物の写真や動画のことを言います。「深層学習」と呼ばれる手法が利用されるらしく、一見本物とはわからないようなクオリティの高い合成写真や動画ができます。2019年に、オバマ元大統領がトランプ大統領について侮辱するようなお動画が出回り、それが偽物だったと言う例は有名です。あれもディープフェイクを利用して作られたものでした。今までも合成写真や合成の動画などはありました。しかし、ディープフェイクは今までの合成写真や合成動画などとは比べ物にならない成功さで、一般の人が見ても違いに全く気づかないほどです。

「ディープフェイク」は「ディープラーニング」と「フェイク」を合わせてできた造語です。アルゴリズムとしては、ある人物の画像を数百から数千件人工知能に学習させると、人工知能がその人物の表情や複数の角度から見た顔つきを学習し、学習が進むと別の人の表情をその人の顔で再現できるようになります。ディープフェイクアルゴリズムでは声を学習させることもできるのでアクセントやイントネーション、トーンの模倣も可能です。実際の人間の画像や動画、音声を使ってメディア捜査をすることには、道義的そして法的な懸念が生じます。実際、悪用されることでネットいじめや脅迫に利用されることもあります。また組織犯罪やネット詐欺に利用されることもあります。

【freflaが閉鎖した理由】ディープフェイクの違法性

ディープフェイクはそのあまりの精巧さに悪用されるケースが多く発生しています。先程のオバマ元大統領とトランプ大統領の動画の件もそうです。これは政治での印象操作に使われた例だと言えます。オバマ元大統領はトランプ大統領のことを実際に侮辱していれば大問題になりますが、そのような嘘の動画を作れてしまう、そしてクオリティで言えば疑いようもないほどその動画が本物に近い、と言うのが問題なのです。

また、一番多いのがフェイクポルノと呼ばれる悪質な使い方です。フェイクポルノとはアダルト動画の女性の顔にアイドルや有名人の顔を合成し、あたかもそのアイドルや有名人が性行為をしているかのように見せるものです。偽物にもかかわらず脅迫に使われることもあり、非常に危険です。

これらはまず、人の写真を勝手に使って合成しそれをインターネットに載せているのですから著作権侵害にあたります。また、それを実際は本人がしていない行動、しかも誰かを侮辱している動画や性行為をしている動画に合成していることで名誉毀損に該当します。そのため法律や規約によってディープフェイク自体を禁止している国やサービスが増えています。

frefla以外でディープフェイクの動画を見る方法

「ディープフェイク」がどのようなものなのかや、違法性について説明しましたが、ここまで読むと逆に気になっている人もいるでしょう。ここからはディープフェイクの動画が閲覧できるであろうサイトを紹介します。しかし、閲覧の際には危険性をなるべく回避するために注意してほしい点が二つあります。これらの二つの点には最低限注意してください。

一つ目に注意してほしい点は、広告です。ディープフェイクサイトには危ない広告が多く設置されています。特に、ディープフェイクサイトは違法だったり違法ギリギリのラインを攻めているサイトが多く、そのようなサイトではワンクリック詐欺や違法出会い系サイトへ誘導しようとする広告が多く出ているかもしれません。うっかりクリックしてしまうといきなり架空請求の支払いを求められたり、違法サイトへの登録を迫られたりしてお金を騙し取られることもありますので、広告はクリックしないように注意しましょう。

二つ目に注意してほしいのはシークレットモードで閲覧することです。これは、ぜひシークレットモードで閲覧してほしいと言うことです。なぜなら、シークレットモードを利用することで万が一の場合の個人情報の漏洩を防ぐことができるからです。シークレットモードはGoogle Chromeやサファリで利用することができます。パソコンであれば、「コントロール(コマンド)+シフト+N」のしょーーとカットキーでプライベートブラウザを開くことができます。GoogleやSafari以外にも検索エンジンによっていろんな呼び方で同じような機能があるはずなのでそちらを必ず利用するようにしてください。

【frefla以外のサイト】KPOPDEEPFAKES.NET