amazonのレビューが反映されない?!原因と対処法を紹介!

Amazonでレビューを投稿したのに反映されなかったことがありませんか? 何度もレビューが反映されていない人は要注意です。もしかするとこれから先、レビューができなくなく可能性も。今回はレビューが反映されない原因と対処法について紹介します。

 

Amazonでレビュー反映されない原因と理由

Amazonで商品を購入後、使ってみた感想などをレビュー投稿したのになぜか反映されていないことがありませんか。レビューが反映されない原因は大きく分けて以下の6つのケースが存在します。

1.審査で不適切な内容だと判断された
2.Amazon側のシステムエラーが原因
3.レビュー内容にNGワードを使用している
4.ガイドライン違反
5.複数の画像を添付している
6.自身が販売している商品にレビューをした
それぞれについて詳しく紹介してきます。どれが自分のケースに当たるか考えてみましょう。

1.審査で掲載が拒否された

Amazonではレビューを反映する前にレビュー内容を機械的に審査しています。審査で不適切な内容だと判断されるとレビューは掲載されません。不適切な内容とはガイドラインに違反する内容のことです。
たとえば「過度に商品を進める」「誹謗中傷した内容」などを含んでいるレビューは審査によって掲載が拒否されます。

2.Amazon側でエラーが発生している

Amazon側でシステムエラーが発生しているとレビューが反映されないことがあります。システムエラーが直るまではどうすることもできないので、回復するまで時間をおいてみましょう。もし、システムエラーが直っているのにレビューが掲載されていない場合は他の原因で表示されていない可能性があります。

3.レビュー記事にNGワードが入っている

レビュー内容にNGワードが入っていると審査で落とされてしまい掲載されることはありません。NGワードは「他人のレビューをコピペ」「他のサイトのURLを載せる」などガイドラインに違反する内容が書かれているものです。レビューを投稿する際はNGワードが入っていないか確認をしましょう。

4.Amazonのガイドラインの規定外

Amazonでレビューをするにはガイドライン守る必要があります。具体的には以下の通りです。
・過去1年以内に5000円以上の買い物が必要
・虚偽の情報を記載
・誤解を招く内容
・不確かな情報
・コミュニティの悪用
一つずつ詳しく紹介しますので、レビューを投稿するときはこれらに注意をしましょう。

過去1年以内に5000円以上の買い物をしていない

Amazonでレビューをするには過去1年以内に5000円以上の買い物をしている必要があります。もし、レビューをしたければAmazonで5000円以上になるように買い物をしましょう。そうすればレビューをする権利がもらえます。

虚偽の情報を招く内容を記載している

レビューに虚偽の情報を記載しているのはガイドライン違反になるのでレビューが反映されません。Amazonは公平性を重要視しているので嘘の情報すると、アカウントの停止など重い処罰を受けることもあるのでそのような内容を記載するのはやめましょう。

誤解を招く内容を記載している

誤解を招く内容が記載されている場合もガイドライン違反になります。勘違いを生じやすい文章は公平性に欠けてしまいますので、誰が読んでも誤解されないレビュー内容を目指して投稿をしましょう。

不確かな内容を記載している

信憑性がないレビューを投稿していませんか。根拠のない情報などがレビューに記載されていることもガイドライン違反になります。根拠があり信頼できる情報のみ記載するように気をつけましょう。

Amazonコミュニティを悪用している

虚偽の情報や誤解を招く内容を意図的に記載するなどの行為は禁止されています。上記でも述べたようにAmazonでは公平性を重要視しています。レビューを悪用する行為はアカウントの停止や削除などの対象になる可能性もありますのでレビューを投稿する際はガイドラインを熟読してから利用をしましょう。

5.複数の画像を添付して投稿している

レビューに画像を添付すると機械的な審査だけでなく人の手によっても審査が行われるので、文章だけのレビューに比べて反映されるまでに時間がかかります。レビューを早く反映したいときは文章だけのものを投稿しましょう。画像が添付されている場合よりは反映されるまでの時間が短いです。

6.自分が販売している商品をレビューしている