iCloudメールアドレスを作成する方法は?複数作成する方法も

 

メールアドレスで「無料のiCloudメールアドレス…」というものを選択します→

この記事の目次

作成をしたいメールアドレスを入力

 

名前を入力してから「次へ」をタップし、→確認画面で「続ける」を押してからiCloudメールアドレスを作成します。

 

iCloudメールアドレスを新規作成していきます。

 

iPhone/iPad/iPad touchで設定アプリに入り→「iCloud」から「メール」を設定します。

 

「メールをオンにする」というメッセージが表示されるためそこから→「作成」をタップします。

 

step 3:メールアドレスを設定→「次へ」を押す→新規iCloudメールが出てきて、

「完了」ボタンをクリックして、iCloudメールが作成されました。

その後は画面の指示に従って進み、完了

 

 

以上が大まかな説明になります。

この作業を一通り行うとiCloudメールアドレスを作成し、使用できるようになります。

 

【iCloudメールアドレスを作成する方法】Macで既存のAppleIDで作成する

 

システム環境設定→AppleID→iCloudを開く

 

MacでiCloudメールを作成

Appleメニューの「システム環境設定」をクリックします。

クリックすると「システム環境設定」のウィンドウが表示されるので、

その中から「iCioud」アイコンをクリックします。

 

※mac OS 10.15以降の場合

「AppleID」→「iCloud」の順にクリックして「メール」を選択し、画面の指示に従い操作します。

※macOS 10.14以前の場合

「iCloud」をクリックしてから「メール」を選択し、画面の指示に従います。

 

「メール」にチェックを入れる

 

チェックを入れると「iCloudメールサービス用のメールアドレスを作成」という

ポップアップが表示されるので、お好きなメールアドレスアカウントを入力し、「OK」ボタンをクリックします。

 

ポップアップ上で作成したいメールアドレスを入力しOKをクリック

「○○○○@icloud.comを作成しますか?」というメッセージが表示されるので、

「作成」というボタンをクリックします。

 

※作成した後は、iCloudメールアドレスを変更することはできませんので、

くれぐれもお気をつけください。

 

クリックするとメールの設定が始まります。

メールの設定が終わると

「○○○○@icloud.comをiMessage および Face Timeに追加しますか?」という

ポップアップが表示されると思うので、

追加する場合は「はい」を、追加しない場合は「いいえ」をクリックしてください。

 

確認画面で「作成」をクリックし完了

 

iCioudメールを作成すると「メール」アプリが自動的に設定されるようになります。

メールボックスを確認すると「iCloudメールへようこそ」というメールが届き

そうしたらiCioudメールの作成は完了になります。

 

【iCloudメールアドレスを作成方法】MacでAppleIDと同時に作成する

システム環境設定→インターネットアカウントを開きます

 

 

 

アカウントとパスワードを開きます。

 

ホーム画面上にある設定アプリを開き、

下へスクロールして「アカウントとパスワード」を開いていきます。

 

※iOS10以前のデバイスを使用している場合は、

設定→メール→アカウントの順で開きます。

 

 

 

 

iCloud→AppleIDを作成をクリックします

 

2.アカウントを追加から→iCloud

 

「アカウントを追加」をタップしてから、「iCloud」を選択します。

 

3.AppleIDを新規作成していきます

 

画面の下にある「AppleIDを新規作成」という所をタップします。

 

画面指示に従って必要事項・作成したいメールアドレスを入力します

 

4.生年月日を設定

 

下の日付をスクロールして自分の生年月日に合わせ、右上の「次へ」をタップします。

5.名前を設定

姓と名を入力し、右上の「次へ」をタップします。

 

6.iCloudメールを取得します

 

下の「無料のiCloudメールを取得」を選びます。

 

7.メールアドレスを設定します

 

「@icloud.com」より手前にくる文字の入力をします。

  1. 使用できないメールアドレスな場合は「メールアドレスが使用中です」という表示や

「メールアドレスが無効です」などのアラートが表示されるようになっています。

 

必要に応じて「AppleIDからのニュースとお知らせ」のスイッチをオフまたはオンにし、

右上の「次へ」をタップします。

 

※ここで設定したメールアドレスは、新しいAppleIDになります。

 

8.続けるをタップ

 

「@iCloud.comを作成しますか?」というアラートが表示されるので「続ける」をタップします。

 

9.パスワードを設定

 

次に、パスワードを設定します。

「確認」の方にも同じパスワードをもう一度入力し、右上の「次へ」をタップします。

 

本人確認

SMSまたは、音声通話を選択して本人確認を行います。

SMSを選択した場合はそのまましばらく待っていると6桁のコードを受信するので

それをMac側に入力します。

 

音声通話の場合は着信があるので応答し、自動音声で流れてくる6桁のコードを

確認し、Mac側に入力します。

 

10.セキュリティ質問

 

パスワードを忘れてしまった場合のために、

自分で任意の質問を選択し、任意の答えを設定します。

 

※セキュリティ質問は3つあります。

 

11.利用規約に同意

 

利用規約が表示されるので「同意する」を選択し、

アラートが表示されたら再度「同意する」をタップします。

その後は画面指示に従って進み終了

 

「アカウントを追加中…」と表示されるのでしばらく待つと

iCloudメールアドレスの取得が完了となります。

 

【iCloudメールアドレスを作成する方法】iCloudメールアドレスを複数作成する

 

iCloud.comにアクセス

 

iCloudのメールアドレスを複数作成する場合は、

Mac/Windows PCのウェブブラウザーから

「icloud.com」にアクセスし、、メールアドレスを増やす作業が必要になってきます。

iPhoneやiPadのモバイル版のsafariで「デスクトップ表示」を利用して試してみたのですが、、

最後の最後で複数作成することはできないようです。

 

なので、Mac/Windows PCを使っている状態で「icloud.com」にアクセスするように、しましょう。

 

AppleIDとパスワードを入力します。

※二段階のパスワードを設定しているという方は、iPhoneの送信されるパスコードを入力する必要が出てきます

メール→歯車アイコン→環境設定を開く

 

iCloudのメニュー画面から「メール」を選択し、メールアプリにアクセスをします。

 

iCloudメールの画面の左下に出てくる「歯車アイコン」をクリックし、

「環境設定」を選択します。

 

上部メニューから「アカウント」を選択

 

上部メニューアイコンの「アカウント」を選択すると、

メールアドレスの細かい設定をする画面が表示されます。

ここからiCloudメールを使って送信する時の名前や表示ラベルなども

変えることが可能となっています。

最大で3つまでメールアドレスを増やすわことができます。

 

「エイリアスを追加…」を選択し、作成したいメールアドレスを入力

 

青色の文字で表示されている「エイリアスを追加…」という文字を選択すると

その後、「エイリアスの作成」という画面が表示されます。

 

ここで好きなメールアドレスを入力して作成することが可能となります。

 

「メールエイリアスが作成されました」と表示され新しいiCloudメールアドレスを追加することができました。

 

【iCloudメールアドレスを作成する方法】WindowsでiCloudメールを使用する

 

メール→設定(歯車アイコン)を開く

 

「メール」アプリの歯車のマークを押して、

「設定」の「アカウント管理」から「アカウントの追加」を押すと、

下の画面になりますので、「iCloud」を選択します。

iCloudを選択し、メールアドレス・名前・パスワードを入力

 

続いて「メールアドレス」「名前」「パスワード」の入力欄が表示されます。

 

「パスワード」の入力欄で、iCloud用パスワードを入力しても通らない時は、

「2ファクタ認証」を設定している場合です。

その場合は、App用パスワードが必要となります。

【iCloudメールアドレスを作成する方法】作成できない場合の対処法

サインインし直す

 

その時は正しく反映ができない状態でも、iCloudを一旦サインアウトして再度サインインすることで、メール設定が正しく反映されるという可能性があります。

 

①【設定】アイコンをタップしていきます。

 

②ユーザーアイコンをタップしていきます。

 

③下へスクロールし、【サインアウト】をタップしていきます。

④【アカウントからサインアウトをすると、

iCloudに保存されているすべてのフォトストリームの写真とiCloud Driveの書類とデータが

このiPhoneから削除されます】という風に表示されるので「サインアウト」をタップします。

 

⑤iPhoneを探す機能を無効にするために【iCloudパスワード】を求められます。

iCloudのパスワードを入力して「オフにする」をタップします。

 

⑥「データのコピーをiPhoneに残しますか?」というメッセージが出て

【iPhoneに残す】【iPhoneから削除】の選択肢が表示されますが、

【iPhoneから削除】を選択します。

※【iPhoneに残す】を選択した場合、

再度サインイン時にデータが重複してしまいますので、ご注意ください。

 

⑦サインアウトが完了したら、再度【設定】アイコンをタップしていきます。

 

⑧一番上部に表示される「iPhoneにサインイン」をタップしていきます。

 

⑨「AppleID」と「パスワード」を入力してサインインをしていきます。

 

作成するメールアドレスを変更する

 

設定しようとしたiCloudのメールアドレスが既に使用されてしまっていてうまくできない場合は、

メールアドレスを別のアドレスに変えて、iCloudメールの設定をし直してみましょう。

 

iCloudのメール設定をオンにする

 

以下の手順でiCloudのメール機能を有効にしてください。

 

①【設定】をタップします。

 

②ユーザーアイコンをタップします。

 

③【iCloud】をタップします。

 

④【メール】をタップし、スイッチをオンにします。

 

【iCloudメールアドレスを作成する方法】AppleIDを変更しても大丈夫?

 

AppleIDを変更してもメールアドレス等は引き継がれる

 

AppleIDを変更したとしても、iCloudメールアドレスが変更されるということはありません。

iPhoneのデータ、アプリに起こる影響などはありません。

 

まとめ

 

今回はiCloudメールアドレスの作成について説明させていただきましたが、

いかがでしたでしょうか?

複数メールアドレスを作成する方法などとても使えることも

多かったかと思います。

全体的には少し複雑な作業が多く、初めは難しいかもしれませんが、

iCloudメールアドレスの作成をする際に

これを読んで頂き、少しでも参考になればと思います。