【iCloud】フォトライブラリの使い方!保存期間に制限がある?

「マイフォトストリーム」は「iCloud」のストレージの消費をせずに利用できるため、ストレージプランを変更することなく無料で利用できる点が最大のメリットです。しかし「マイフォトストリーム」は「iCloud」違い、写真のみの保存となっています。そのため動画やLive Photosには対応していないので、普段動画やLive Photosをとる事が多い人には不向きの機能です。また、その他のデバイスやPCで「マイフォトストリーム」を表示することはできますが、直接編集することはできないためダウンロードが必要です。iPhoneなどのiOSデバイスにダウンロードする際はサイズが最適化されるようになっています。

1000枚以内・アップロードから30日間の制限あり

「マイフォトストリーム」は、保存できる写真の枚数や保存期間にも制限が設けられています。写真の保存ができるのは最新の1000枚の写真に限られていて、新しい写真を撮影すれば古い順に写真が削除されていきます。さらに、保管期限は30日間となっています。保存していることを忘れないように注意が必要です。

iCloudフォトライブラリとマイフォトストリームの違い

「マイフォトストリーム」と「iCloud」はよく似ている機能ですが、それぞれ異なる点がいくつかあります。それぞれの特徴を理解したうえで、どちらが使いやすいかを検討してみてください。

無料と有料

「マイフォトストリーム」と「iCloud」のいちばんの違いは、「マイフォトストリーム」は無料で利用できることに対して、「iCloud」は5GB以上利用したい場合は有料となっています。「マイフォトストリーム」は無料ですが、写真のみの保存となっているので動画などの保存はできません。「iCloud」は写真を含め、動画やLive Photosの保存も可能になっています。使い勝手がそれぞれ違うので自分にあったものを選んでください。

保存できる容量

「マイフォトストリーム」と「iCloud」では保存できる容量にも違いがあります。どちらもデータはAppleのサーバーへ保存されますが、「iCloudフォトライブラリ」がストレージを消費するのに対して、「マイフォトストリーム」はストレージが消費量としてカウントがされません。「iCloudフォトライブラリ」は、写真だけではなく動画もサーバーへアップロードされ、すべてのデバイスでの共有が可能です。さらに、写真や動画に加えた変更やアルバムなども同期されます。

iCloudフォトライブラリを有効にする場合の注意点

「iCloudフォトライブラリ」を有効にする際に、注意点がいくつかあります。「iCloudフォトライブラリ」を有効にする前に確認事項として参考にしてみてください。

iCloudの空き容量

「iCloudフォトライブラリ」を有効にして写真や動画をアップロードすると、「iCloud」の容量を消費するので徐々に減っていきます。無料の範囲であれば「iCloud」の容量を5GBまで使用することができます。しかし、写真や動画は容量が大きいので、iPhoneで頻繁に写真や動画を撮影される人であれば、すぐに無料の範囲の容量を超えていっぱいになってしまうことがほとんどです。

容量オーバーになると有料プランの契約が必要

上記にも書いてありますが、「iCloud」の容量が足りなくなった場合、有料プランへ加入することで「iCloud」の容量を最大2TBまで増やすことが可能です。写真や動画の保存期限もないので、たくさん保存したい人は有料プランへ変更することもおすすめです。

モバイルデータ通信でアップロード設定

「iCloudフォトライブラリ」の「モバイルデータ通信」の設定をオンにしておくと、Wi-Fi環境がない場所でも写真や動画をアップロードすることができるようになります。しかし、データ通信量が上限を超えてしまい速度制限にかかっていると、容量の大きい写真や動画をアップロードするのに時間がかかることがあるので、同期が途中で止まってしまったり、正常に同期の完了ができなかったりする場合があります。そういった場合は、電波強度が強く安定しているWi-Fiネットワークへ接続を切り替えてから、再度同期を行ってください。

有効にしているとモバイルデータ通信でも自動アップロードされる

「iCloudフォトライブラリ」の設定を有効にすると、ネットワークへ接続されていれば、モバイルデータ通信で写真や動画を自動的にアップロードすることができます。保存されるデータは、撮影した画質のままの状態でアップロードされるので、画質が劣化するといった心配もありません。また、同じ「Apple ID」でログインすれば、複数のデバイスから同一のライブラリへアクセスすることができるようになります。複数のデバイスから写真や動画の管理をしたい人におすすめの機能になっています。

デバイスから写真を削除するとフォトライブラリからも削除される

「iCloudフォトライブラリ」を無効にした場合、「iCloud」内にある写真や動画が削除されてしまうのではないか、と思っていしまいそうですが、「iCloudフォトライブラリ」を無効にしても「iCloud」上の写真や動画が削除されることはありません。「iCloudフォトライブラリ」を無効にすると「iCloud」上にある写真や動画を消去をするわけではなく、「iCloud」上の写真や動画の同期設定が無効となるだけです。
「iCloudフォトライブラリ」の同期を無効にしてから写真や動画の削除を行うと、「iCloudフォトライブラリ」内のデータも同時に消去される仕組みとなっています。

PC版のiCloud.comからなら30日以内なら復元可能

「iCloudフォトライブラリ」を有効にすると、デバイスに保存されている写真や動画と「iCloud」上に保存されているデータが紐付けされます。もしも「iCloudフォトライブラリ」に保存していた写真と動画を誤って削除してしまった場合、PC版「iCloud.com」からであれば、復元することが可能です。ここでの注意点は、削除後30日以内と期限が決まっているので期間内に行うという点です。また、PC版「iCloud.com」からしか復元ができないので、iPhone、iPadなどからはできないので写真や動画を削除する際には気をつけてください。

iTunesで同期した写真が消える可能性あり

「iCloudフォトライブラリ」を有効にすることの注意点として、「iTunes」で同期をした写真や動画が消えてしまう可能性があります。「iTunes」の写真や動画を削除したくない場合、オプションの「音楽とビデオを手動で管理」にチェックが入っているかを確認してください。そしてミュージックの「音楽の同期」のチェックを外します。自動的に同期をしないように設定を行えば写真や動画が消えてしまうのを防ぐ事ができます。

まとめ

写真や動画を保存できる「iCloudフォトライブラリ」や「マイフォトストリーム」との違いや、同期する際の注意点などについて紹介しました。「iCloudフォトライブラリ」は一部有料ですが、使い勝手がよく人気です。大切な写真や動画を保存しておく機能として、利用してみてください。