Zenlyの使い方を徹底紹介!マーク一覧も

友達同士で今いる場所を共有し、トークや電話などコミュニケーションを図ることができるアプリZenly。

かなり前に登場したアプリなのですが、2021年現在人気に再燃。

そこで今回はZenlyの使い方を徹底的に解説していきます。

Zenlyとは

アプリを介してお互いの位置を共有するアプリです。

これによりチャットや電話などをスムーズに進めることができるようになっています。

2021年になりいきなり女子高生の間で人気になったZenlyですが、浮気防止に使われたりします。

今いる位置を共有する必要があるので、変なところに出歩いたりすることを防ぐことが可能。

しかし、浮気対策として使うのはごく一部で普段はコミュニケーションをとるために使われているアプリになります。

Zenlyの基本的な使い方

ではZenlyの使い方を解説していきます。

【Zenlyの使い方】①登録

Zenlyを使い方を解説する前に勿論、Zenlyをインストールする必要があります。

そのためアプリ検索で「Zenly」と検索してください。

インストールが完了すると「登録&承諾」の画面が表示されます。

次に

  1. プライバシーポリシーに承諾
  2. サービス利用規約に承諾
  3. 「登録&承諾」をタップ
  4. ニックネームを入力
  5. 生年月日と電話番号を入力
  6. SMSでの電話番号認証を完了させる
  7. ZenlyからSMSに4桁の認証番号が送付されてくるので入力

でOK。

これでZenlyへの登録が完了しました。

ニックネームは本名でなくてもあなたのことがわかるようなものであれば大丈夫です。

個人情報漏洩防止の観点からZenlyへの本名登録は推奨されていません。

【Zenlyの使い方】②位置情報の許可

次のZenlyの使い方としては位置情報を許可する必要があります。

そのため

  1. Zenly画面の中央にある「現在地」をタップ
  2. 位置情報の利用許可ポップアップが表示される
  3. 「許可」をタップ

でOK。

ここで「許可」していても後からZenly内の設定で拒否することが可能です。

まずは使い方の解説上「許可」しておいてください。

【Zenlyの使い方】③友人を追加する

Zenlyの使い方の最後はZenlyに友人を追加しましょう。

手順は

  1. Zenly画面中央の「友だちを選択」をタップ
  2. 連絡先へのアクセスを求めるポップアップが表示される
  3. 「OK」をタップ

でOK。

これであなたのスマホ電話帳に登録されている友人をZenly内に登録させることができます。

またすでに友達がZenlyを使っている場合は友達候補として表示されるようになっています。

さらに、Zenlyへの友だち追加はLINEからでも可能です。

【Zenlyの使い方】④自分のIDを設定する

Zenlyの使い方として大事なのがID登録です。

Zenly専用のIDを作成しておくとZenly経由であなたを検索するときにIDで検索することができるため手間が省けます。

設定手順は

  1. Zenlyを起動
  2. アカウントアイコンをタップ
  3. 「Zenly IDを選択」をタップ
  4. 好きな文字列をIDとして設定する

でOK。

Zenly上で全く同じIDでなければ登録することができます。

Zenlyで位置情報を知らせたくないときの方法