インスタで画像を保存したら通知でバレるのか解説

インスタには、コレクションと呼ばれるお気に入りの投稿を保存しておける機能があります。この記事では、インスタのコレクションに保存したときに通知が入ってhバレるのかどうかと、他の保存方法やコレクションの使い方まで解説しています。

インスタの画像を通知でバレずに保存する方法

インスタの画像を保存するときには、通知でバレる保存の仕方と通知でバレない保存の仕方があります。まずは、通知でバレない方法を紹介します。

インスタの画像を保存しても通知でバレない方法は、3つあります。それぞれ紹介していきます。

インスタのコレクション機能でバレずに保存できる

インスタのコレクションに保存をすると、保存した相手に通知がいかず、バレずに保存することが可能です。注意点としては、画像データとしてスマホ内に保存するのではなく、インスタ上にブックマークのように保管することになる点です。

コレクションへの保存方法は簡単で、フィード投稿右下にあるリボンのマークを選択するとインスタに保存できます。リール投稿やIGTVでは、「・・・」マークを選択してから「保存」を選択すると通知が届くこともなくバレずに保存することができます。

リポストアプリなどを使えばインスタの画像をバレずに保存できる

インスタの画像をリポストアプリなど、外部アプリを使ってスマホ内に保存すれば通知でバレる心配はありません。インスタのリポストアプリといえば「Repost for Instagram」が有名です。

Repost for Instagramの使い方は、以下の手順になります。

インスタ投稿のリンクをコピーしてアプリを開く→自動的に処理が始まりインスタに再投稿できるようになる→再投稿を選択しインスタアプリに移動する→再投稿をやめる。

上記の手順をふむと、画像がスマホ内に保存されています。

通常の投稿をスクリーンショットすればバレずに保存できる

通常のフィード投稿などをスクリーンショットで画像保存しても、通知でバレるようなことはありません。スクリーンショットがもっとも手軽に、通知なくインスタの画像を保存しておく手段かもしれません。

ただし、一部の機能や投稿では、スクリーンショットの通知で画像保存したことがバレれてしまうので注意が必要です。

 

インスタの画像を保存して通知でバレてしまうやり方を紹介

次に、インスタの画像を保存して相手に通知がいき、保存したことがバレてしまうやり方を紹介します。

消える画像・動画をスクリーンショットで保存するとバレることがある

インスタの画像を保存するときに通知でバレてしまう保存方法は、DMで送られてきた消える画像や消えるムービーをスクリーンショットで保存したときです。

DMで送信された消える画像などをスクリーンショットすると、スクリーンショットの撮影日時が送信してきた相手に通知されます。

送られてきた消える画像は、1度見たら消えてしまうので、スクリーンショットを撮りたい気持ちもわかりますが、通知でバレて良い相手かどうかを考えてスクリーンショットを行いましょう。

消える画像・動画でもストーリーはスクリーンショットしてもバレない