ツイッター名前検索は相手にバレる?アカウントなしでバレない!

皆さんはTwitterで名前検索をしたことはありますか?

ただこのツイッター検索は相手にばれている可能性があるんです。

相手にばれないようにしたい場合は結構厄介なんですね。

そこで今回はツイッター検索は相手にばれるのかを見ていきます。

twitterで名前検索するだけではバレない

まず結論としてtwitterで名前検索するだけではバレないです。

ツイッター検索をしただけでは相手には通知がいくことはありません。

なのでTwitterで名前検索をすることで相手に自分が名前検索したことがばれることはありません。

twitterに足跡機能はない

何故ツイッター検索がばれないかというとTwitterに足跡機能はないからです。

つまりは投稿したツイートやアカウント情報ページをいつだれが見たのかを追跡することはできないということです。

しかもツイートの外部リンクにアクセスしたとしてもその履歴は残りません。

なので相手にばれることなく相手のTwitter情報を覗くことが可能になっているんですね。

 

またツイートやアカウント情報を閲覧すると一説では「おすすめユーザー」として表示されるなんて噂がありますがこの話は全くの虚像です。

Twitterの閲覧とおすすえユーザーの表示には関連性は一切ありません。

なのでバレるバレないの以前の話なんですね。

 

この「おすすめユーザー」はあなた自身がよく閲覧するツイートの関連性があった場合に表示されます。

なのでちょこっと見ただけでは表示されることはあり得ないんです。

特定の行動をするとバレてしまう

しかしツイッター検索ではTwitterに足跡機能がないとわかってもなお特定の行動をするとバレてしまうんです。

この特定の行動をすることにより相手に通知が行ったり相手に自分の存在がばれてしまうなんてことがよくあります。

ツイッターで見てるのが相手にバレる行動

ではツイッター検索でツイッターで見てるのが相手にバレる行動を見ていきましょう。

相手に自分の存在をバレることなく見ることは可能ですが特定の行動をしてしまうとガッツリバレてしまいます。

そうなってしまうと相手に自分の存在がばれてしまうことになるので気を付けるべき行動です。

では1つ1つ見ていきましょう。

相手のフリートを閲覧する

まずツイッター検索でバレるのは相手のフリートを閲覧すると相手にばれることがあります。

2020年11月にリリースされた新機能フリート。

このフリートでは閲覧したユーザーの足跡機能が付いているんです。

つまり誰が見たのかがわかってしまうということです。

 

なのでこのフリートを相手をフォローした状態で閲覧するとまず相手にばれてしまいます。

相手がフリートの分析をした段階であなたの名前は載っているのでばれてしまうということです。

しかし相手がフリートを活用しなければばれない話ですが相手の裁量にかかっているので結構危険です。

 

さらにはアイコンを押しても足跡が付いてしまいます。

なので追って注意をしましょう。

アカウントをフォローする

ツイッター検索でバレるのははアカウントをフォローすることです。

これは当然ですが相手をフォローすることで自分のアカウントが相手のフォロワー一覧に表示されます。

これで一発で判明してしまうのでアウトです。

 

さらにはフォローした段階で相手に通知が行きます。

すぐにフォローを取りやめたとしてもタイミング次第では相手に伝わってしまうんです。

なのでフォローすることは避けておきましょう。

いいねをする