PCSX2のゲームにチートファイルを設定する手順を解説

WindowsとLinuxでプレイすることができるエミュレータPCSX2。

そんなPCSX2にはチートをすることができるようになっています。

そこで今回はPCSX2のゲームにチートファイルを設定する手順を徹底的に解説していきます。

PCSX2のゲームにチートファイルを設定する手順

では早速PCSX2のゲームにチートファイルを導入していきましょう。

チートコードの変換

PCSX2のゲームにはそれぞれタイトルごとに番号が割り振られています。

その番号に合うようにチートを探し出す必要があります。

番号を割り出すには

  1. システムを開く
  2. 「ステートセーブ」でスロットをクリック
  3. F1キーを押す

でOK。

そしてチートコードを用意できればこちらからチートコードの変換を行いましょう。

チートファイルにつけるファイル名

次にチートファイル名を決めます。

しかし、勝手にファイル名を決めていいわけではなくPCSX2のゲームのセーブデータからチートファイル名を決める必要があります。

ファイル名は

  1. エクスプローラーを開く
  2. PCSX2のファイルを開く
  3. 「sstates」を見る

で()に記載されている文字列がチートファイル名になります。

セーブデータ作成

ここでセーブデータがデフォルトで用意されているのですが、万が一ない場合は

  1. PCSX2のゲームを起動する
  2. システム画面を開く
  3. 「セーブステート」→「スロット」をクリック

でセーブデータを作成しましょう。

チートファイルの作成

次にチートファイルを「Cheats」フォルダの中に作成しましょう。

先ほど決めたファイル名を文字列として設定し、拡張子を「.pnach」に設定します。

チートファイルの有効化

これでチートファイルを作成することができましたが、有効化しないとチートを使うことができません。

そのため

  1. チートファイルを右クリック
  2. 「チート有効化」をクリック

で有効化しましょう。

PCSX2のチートファイル複号化について