「Audioサービスが実行されていません」エラー発生時の対処手順

PCで音声が出力できない時に表示される「Audioサービスが実行されていません」。

エラーが発生してしまう原因はいくつかあります。

そこで今回は「Audioサービスが実行されていません」エラーが発生した際の対処手順をご紹介します。

Windowsで「Audioサービスが実行されていません」発生し音声が出ない

ではWindowsで「Audioサービスが実行されていません」エラーが発生してしまう原因などをご紹介します。

Audioサービスは音声出力を制御するWindowsサービス

そもそもAudioサービスとは何なのでしょうか。

AudioサービスとはWindowsに常駐でインストールされているプログラムの1つです。

そしてPCの音源出力などを制御する役割を果たしており、Audioサービスはかなり重要な役割を担っています。

Audioサービスが実行されていません」が発生する主な原因

「Audioサービスが実行されていません」が発生してしまうのはどういった原因があるのでしょうか。

報告されている「Audioサービスが実行されていません」エラーの原因としては

  • Windowsシステムにエラーが生じている
  • Windows Audioサービスが停止してしまっている
  • サウンドドライバーに問題が生じている
  • BIOSに問題がある

などがあります。

「Audioサービスが実行されていません」が出た時の対処c手順

では「Audioサービスが実行されていません」エラーが表示されてしまった際の対処法をご紹介します。

1.Windowsの音量調整を設定する

まずよくある「Audioサービスが実行されていません」エラーの対処法としてはサウンドスライダーを動かす方法です。

そもそも音量が0であることがあるので

  1. タスクバーを開く
  2. 「オーディオアイコン」をクリック
  3. 音量のスライダーが表示されるので、ボリュームを変更して元に戻す

でOK。

2.「Windows Audio」関連サービスを手動で開始する

そもそもWindows Audioサービスが連携されていないことも考えられます。

その場合は

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「ファイル名を指定して実行」で「services.msc」を実行
  3. サービスが起動する

  • Windows Audio
  • Windows Audio Endpoint Builder
  • Multimedia Class Scheduler

を探してください。

次に

  1. スタートアップを「無効」から「自動」にする
  2. 「サービスの状態」を「停止」から「開始」に変更

でOK。

3.PCの再起動