【iPhone/iPad】画面収録時に5831のエラーが出る理由

iPhoneでは元々の動画を画面収録する機能が備わっています。ただ、画面収録後にエラー5831が表示されて保存できないことがあります。この記事では、画面収録ができない原因やエラー5831が出る理由・対処法・注意点などを紹介します。

画面収録で5831のエラーが出た際に考えられる理由

iPhoneで画面収録をする際に5831のエラーが出る場合があります。エラー5831が出る理由を紹介していきます。

iPhoneの録画時間の制限や注意点は?容量やバッテリー不足に注意!

①本体の容量が足らない

iPhoneの画面収録時に5831エラーが出る理由の1つ目は、iPhoneの空きストレージが足りないことです。画面収録された動画はカメラロールに保存されるので、本体ストレージに空きが必要です。

エラー5831は画面収録が完了して保存するタイミングで表示されます。画面収録で録画した動画の容量分の空きストレージがないとエラーになることがあります。

②画面収録した動画の長さが長い

iPhoneの画面収録時に5831エラーが出る理由の2つ目は、収録した動画の長さが長いことです。録画した動画が長すぎると保存ができずにエラー5831が表示されることがあります。

本体の空き容量が残っていてもエラー5831が表示されることがあるようなので、長時間録画する場合は、PCなどに録画するようにしましょう。

③キャッシュやメモリの蓄積

iPhoneの画面収録時に5831エラーが出る理由の3つ目は、キャッシュやメモリが蓄積したことで引き起こされるエラーです。一般的にスマホが重くなると言われるものの原因です。スマホが重くなると通常の動作でも様々なエラーが出る可能性が出てくるので注意しましょう。

④低電力モードになっている

iPhoneの画面収録時に5831エラーが出る理由の4つ目は、iPhoneが低電力モードになっていることです。消費電力を抑えるための設定ですが、それが画面収録のエラーにつながることもあります。

iPhoneで画面収録できない原因

では、次にエラー5831ではなく、iPhoneで画面収録ができない原因を紹介します。エラー5831の場合は画面収録自体は行えますが、保存ができなくなります。画面収録自体が行えないこともあるのでその原因を紹介します。

①画面収録の設定がオフになっている

関連する記事