iPhone

【iPhone /iPad】最新のiOS15.1でみられる不具合

以上のようなiOS15.1へのアップデート後に見られる不具合がありますが、これに直面した場合どのような対処をすればいいのでしょうか。

SNS上には数々の対処法が掲載されていますが、まとめてご紹介していきます。

①ネットワーク設定の初期化

まずはiOS15.1へアップデートした後に、初期化を行いましょう。

手順は、

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ
  3. 「iPhoneを消去」をタップ

でOKです。

これでいったんネットワークの設定が初期化されたので、不具合が解消する場合があります。

②設定を初期化

次は設定自体を初期化してしまいましょう。

手順は、

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ
  3. 「iPhoneを消去」をタップ

でOKです。

③LINEなどのアプリを再インストールをする

以上の方法でもダメな場合は、アプリを再インストールしてみてください。

Appleサポートコミュニティでも公言されていましたが、iOS15.1に見られる不具合は

  • iPhoneの再起動
  • アプリの再インストール

で解決することが多いです。

どうしても不具合が改善されない場合には本体の初期化をする

もしiOS15.1へアップデートをして、すべての対処法を試しても不具合が解消されない場合はiPhone本体を初期化してしまってください。

手順は、

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「一般」→「転送または「デバイス」をリセット」をタップ
  3. 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ
  4. パスコードとApple IDを入力
  5. iPhoneの初期化完了まで待機する

でOKです。

iOS15.1ではSafariのブラウザタブが下の方へ!元に戻す方法

先ほど、Safariのカラー設定がおかしいという声が多くありましたがブラウザタブが下の方へ移動してしまう不具合も報告されています。

不具合ではなく設定上の変更だと捉えている人もいますが、これはれっきとした不具合です。

この不具合は以下の方法で解除することが可能です。

手順としては、

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「Safari」→「シングルタブ」をONにする

です。

アップデートで不具合が多いなら15.02に戻すことは可能

iOS15.1へアップデートして不具合が多すぎるのであれば、iOS15.02へ戻すことは可能です。

ダウングレードという方法になるのですが、

  • IPSWファイルをiPhone内にインストールする
  • iPhoneをPCを使ってリカバリーモードにする

などの面倒な作業が発生します。

たいていの場合は、iOS15.1以降のアップデートで不具合の解消を待つことが多いのですが「耐えられない!」という方は以下の記事を参考にしてみてください。

まとめ

次のページへ >