バツがないうざい漫画広告を消す方法をiPhoneとAndroid両機種別で解説!

ネットを見ているとバツがない漫画広告が出てくる時がありますよね。その漫画広告をiPhone とAndroidで非表示設定にする方法に加えてアプリを使用し完全に消す方法や「うざい」「気持ち悪い」などの漫画広告 不快という声と一緒にご紹介していきます。

バツがない漫画広告も非表示はできる!【とにかくうざい】

結論から言うとバツがない漫画広告は消すことができます。

結構うざいですよね…。

そもそもバツがない漫画広告って?

ではそもそもバツがない漫画広告って何かについて見ていきます。

Webサイトやブログを読んでいる際にコンテンツの空いたスペースにうざいバツがない漫画広告が表示されます。

ここに表示されるべき広告は普通バツがあり消すことができるようになっています。

しかしうざい悪質な広告であればこのバツが無かったりします。

その代表例としてうざいバツがない漫画広告やエロ系の広告ですね。

端末・ブラウザによって設定方法が変わる

ただ端末やブラウザによって非表示にする設定方法が変わってきます。

バツがない漫画広告を消そうと思っても端末に対応した対処法をするしかないんです。

 

対処しないとこういったことになってしまいます。

バツがない漫画広告を消す方法!代表例4つ

ではバツがない漫画広告を消す方法を見ていきましょう。

バツがない漫画広告を消す方法の代表例を4つ挙げましたので1つ1つ見ていきます。

iPhone

まずはiPhoneです。

iPhoneでの方法は2つあるのでまずは端末設定を見ていきます。

端末内設定

まずはiPhoneの端末内設定です。

「設定」→「safari」→「ポップアップブロック」をオンにしましょう。

たったこれだけの作業でiPhoneでポップアップ広告をブロックすることができます。

アプリを使う

次はアプリを使う方法です。

iPhoneであれば

  • 1Blocker
  • AD Eraser
  • AdFilter

などがあります。

アプリをインストールするだけでポップアップ広告をブロックすることができます。

インストールするだけなのでチャチャっとインストールしてしまいましょう。

 

バナー広告までを防ぐことができるので結構おすすめですよ。

Android

次はAndroidです。

Androidにも2つ方法があるので見ていきましょう。

端末内設定

まずは端末内設定です。

まずはChromeを起動し右上のアイコンをタップし「設定」→「サイト設定」→「ポップアップ」。

これを「ブロック」にしてあげましょう。

ブロックすればChromeの広告ブロック機能は完了です。

アプリを使う

次はアプリを使う方法です。

Android用のアプリであれば

  • Firefox Focus
  • AdBlock Browser Android版

があります。

 

初心者には難しい設定があるようですが使う価値はありますね。

Safari

関連する記事