iPhoneのウィジェットおすすめ43選!追加や削除方法も

【その他】Color widget|カラフルなレイアウト

Color Widgetは好きな画像をウィゲットの背景に設定できるアプリです。カレンダーや時計を好きな画像の上に表示させることができます。カスタマイズできるのは背景とフォントのみに限りますが、実用的な機能が入っています。小さいスペースに複数の情報を好きな画像とともに設置することができます。

【その他】Yidget|透明なウィジェット

Yidgetは透明なウィジェットを作成して後ろの壁紙を目立たせることができるアプリです。牛のろの壁紙をお気に入りの画像などにしている人にとってはアプリやウィジェットは邪魔な存在ですよね。そのような悩みを解決してくれるのがこのアプリです。

【その他】バッテリー|もはや必須のデフォルト機能

こちらは標準に搭載されているバッテリー残量確認機能です。普通では上からスワイプすることでバッテリーのz残量をパーセントで確認することができますが、バッテリーをウィジェットに追加するとホーム画面でバッテリーの残量を確認できます。

【その他】LINEのトークショートカット|素早くトーク画面へ

LINEをウィジェット画面に追加しておくと便利です。LINEをウィジェットに追加しておくと、ロック画面から直接トーク画面を送ることができます。お気に入りに登録している友達に限りますが、頻繁に連絡する相手をお気に入り登録しておけば、非常に便利に使うことができます。

iPhoneのウィジェット【使い方・カスタマイズ方法】

ではiPhoneでのウィジェットの使い方、カスタマイズの仕方、設定の仕方をご紹介します。ここまでおすすめしたアプリを実際にウィジェットとして追加するにはこれから紹介する方法で行ってください。

iPhoneへウィジェットを追加する方法

まずはiPhoneからウィジェットを追加してみましょう。ウィジェットの追加は、ウィジェット専用の画面に追加する方法と、ホーム画面へ追加する方法の二つがあります。特にどちらがおすすめということはありません。ここでは二つの方法それぞれを解説していきます。

ウィジェット専用画面へ追加

ウィジェット専用画面へウィジェットを追加するには、ウィジェット画面の下にある「編集」ボタンをタップします。画面のアイコンが揺れだし編集モードに変わったら、画面上部左側に表示される「+」ボタンをタップします。アプリ一覧が出てきますので好きなアプリを選んでタップしてください。バリエーションからアイコンの大きさを選択し、「ウィジェットの追加」をタップします。このとき、その画面で情報を確認するものは大きく、タップして起動するものは小さくするのがおすすめです。最後に、画面右上の「完了」を押したら完成です。

ホーム画面へ追加

ホーム画面へ追加するには、ホーム画面を長押しして編集画面を開きます。アプリが揺れだしただ編集モードになっているとわかります。画面上部の「+」をタップしてアプリ一覧を開きます。そこからお好みのアプリを選んだら、バリエーションからアイコンの大きさを選択し、「ウィジェットの追加」をタップします。このとき、その画面で情報を確認するものは大きく、タップして起動するものは小さくするのがおすすめです。追加したウィジェットは長押ししてドラッグで好きな場所に動かすことができます。最後に、画面右上の「完了」を押したら完成です。

iPhoneからウィジェットを削除する方法

次に、iPhoneからウィジェットを削除する方法をご紹介します。これもウィジェット専用画面から削除する場合と、ホーム画面から削除する場合の二通りがあります。