iPhoneのウィジェットおすすめ43選!追加や削除方法も

ウィジェット専用画面から削除

ウィジェット専用画面から削除するには、ウィジェットの追加の時と同じように画面を編集モードにします。編集画面になったら削除したいアプリの左上にあるであろう「ー」をタップして「削除」を選択したら完了です。万が一間違えて削除してしまったとしても、アプリがアンインストールされてしまうというわけではないので、いつでもまた追加できます。

ホーム画面から削除

ホーム画面から削除するには、ウィジェットの追加の時と同じように画面を編集モードにします。編集画面になったら削除したいアプリの左上にあるであろう「ー」をタップして「削除」を選択したら完了です。万が一間違えて削除してしまったとしても、アプリがアンインストールされてしまうというわけではないので、いつでもまた追加できます。

スマートスタックとは?

iOS14ではスマートスタックというカスタマイズ機能が追加されています。これはウィジェット同士をカスタマイズさせることでホーム画面をスリムにできるというものです。スマートスタック機能を使うとスワイプ操作をすることでウィジェット機能を切り替えて表示できます。ウィジェット一つ分のスペースで複数のウィジェットを置くことができます。

スマートスタックの追加方法

スマートスタックを追加するには、編集画面に移動した後、設置したウィジェットを長押しして同じサイズのウィジェットにドラッグするだけです。スマートスタックの長押しで「スタックを編集」からウィジェットの順番の入れ替えカスタマイズもできます。

iPhoneのウィジェットが必要なければ?

iPhoneのウィジェットは必要ないな、、と感じた人でも、もっと便利にiPhoneを使いたいとは思っているのではないでしょうか。ウィジェットが必要なければ他にはどのような使い方ができるのでしょうか。そこには、ショートカットたSiriという方法があります。

ショートカットをうまく使いこなそう

iPhoneのショートカットは特定の動作にアプリやアクションを結びつけることでワンステップ、ツーステップであるアクションを実行できる機能です。例えば’、アクセシビリティボタンを二回タッチするとスクリーンショットが行われる、などです。iOS14であれば携帯の背面を2回タッチすることでスクリーンショット、という機能を使っている人も多いのではないでしょうか。

Siriからの提案にも注目

iPhoneのSirからの提案という機能もウィジェットのような働きをしてくれる機能です。よく使うアプリがサジェストされる機能ですので、特定の時間に使うアプリがあったりすると提案してくれます。ホーム画面を何度もスワイプしなくても、Siriからの提案を見てみるとすぐにお目当てのアプリが見つかるかもしれません。

iPhoneのアップデートでウィジェットが使えないことも

iPhoneやアプリのアップデートによってウィジェットが使えなくなることがあります。例えば、以前はLINEのウィジェットが追加できたのですが、2019年9月のiOS版の「LINE」のアップデートによってウィジェット追加ができなくなっています。このようにiPhoneやアプリのアップデートによってはウィジェットが使えなくなるということも考えられますので確認するようにしてください。

まとめ

iOS14から搭載された新機能、iPhoneのウィジェットについて紹介しました。好きなアプリをホーム画面に表示したり、デザインをカスタマイズしたりできるとわかりました。ウィジェットにおすすめのアプリをもたくさんありますので厳選して使ってみてください。