Windows10でAviUtlのダウンロードから使い方を解説

Windows 10で利用することができるAviUtl。

AviUtlは高機能動画編集ソフトとして有名です。

そこで今回はWindows10でAviUtlをダウンロードする方法や、AviUtlを使う具体的な方法をご紹介します。

AviUtlはWindows10で使えるフリー高機能動画編集ソフト

Windows10のAviUtlとはWindows10で利用することができる高機能動画編集ソフトのことです。

アマチュア・プロ関係なくWindows10のAviUtlAviUtlを利用しているユーザーが多く、その人気ぶりがうかがえます。

さらにWindows10のAviUtlAviUtlの特徴として、画質の低下が無いという点でしょう。

普通フリーソフトを介すると動画や画像の画質が下がってしまいます。

しかし、Windows10のAviUtlを介せば画質を下げることなく編集をすることができます。

またAviUtlでは

  • 動画ノイズ消し
  • カット

など素人でもプロのような編集を実現できるようになっています。

AviUtlをWindows10にダウンロード&インストール

ではAviUtlをWindow10にインストールしていきましょう。

①「AviUtlのお部屋」というサイトにアクセス

まずは「AviUtlのお部屋」へアクセスしてください。

②最新のバージョンをダウンロード

アクセスするとWindows10のAviUtlのダウンロード画面が表示されます。

ここで「★ダウンロード★」一覧があります。

この「★ダウンロード★」から最新版のWindows10のAviUtlをクリックしましょう。

③ダウンロードしたZipファイルを解凍

次に

  • 拡張編集プラグイン
  • テスト版

の2つのzipがあります。

両方の最新版zipをダウンロードしてください。

続けてダウンロードした2つのzipを解凍しましょう。

④ファイルを置くフォルダを作成

解凍が完了しただけではWindows10のAviUtlを利用することはできません。

そのためWindows10のAviUtlを置くためのフォルダが必要になってきます。

ファイルを置くためのフォルダを作成するには

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. エクスプローラーを開く
  3. Cドライブを起動
  4. 空白で右クリックし「新規作成」→「フォルダー」をクリック
  5. 名前を適当に決める
  6. フォルダーの中にAviUtl」というフォルダを作成
  7. AviUtl」の中に「Plugins」を作成

でOK。

⑤解凍したZipファイルの中身を予め作成したフォルダに移動

関連する記事