未分類

Widgetsmithの表示が日本語になった場合原因と対処法

Widgetsmith(ウィジェットスミス)はiPhoneなどのホーム画面に設置するアプリのショートカットです。しかし、日本語になる症状が発生してしまい困っている人も多いようです。本記事では日本語になる、時計のウィジェットがズレるときの対処法を紹介します。

アップデート後にWidgetsmithで日本語表記になる原因

Widgetsmith(ウィジェットスミス)は便利なアプリなのですが、一部が日本語になったということで問題になっています。
それには3つの原因があるようです。
日本語になった原因①アップデート
日本語になった原因②アプリの不具合
日本語になった原因③アプリが仕様変更した可能性
日本語になった3つの原因のほかに、さまざま試してみたが、試しても英語に戻らない方法も紹介していきます。
そもそもWidgetsmith(ウィジェットスミス)はサービス開始から英語で提供されており、App Storeでも英語表記しかありません。
それがなぜ日本語になったのでしょうか。

Widgetsmithの不具合の可能性

Widgetsmith(ウィジェットスミス)が曜日が日本語になったトラブルについてはアプリ自体の不具合が考えられます。
上述では言語対応がなされたのではないかと説明しましたが、どうやらそういったことは行われてないようです。
しかし、日本語になったというトラブルは実際にあることなので、Widgetsmith(ウィジェットスミス)自体の不具合が考えられます。

Widgetsmithの仕様変更?

日本語になった原因で考えられることはWidgetsmith(ウィジェットスミス)自体の仕様が変更になったことが考えられます。
もともとは英語表記だったが、日本語に対応しようとしたことで、日本語になったのかもしれません。
これからのアップデートはどのような変更が行われるか不明ですが、複数の言語に対応する可能性があります。

英語表記に変更できなかった方法

Widgetsmith(ウィジェットスミス)が日本語になったトラブルですが、以下の方法では英語表記に戻すことができなかったものがありました。
後述で日本語になったものを英語に戻す方法を紹介しますが、戻すことができなった方法は次の通りです。

日本語になったまま・デバイスやアプリなどを再起動
・アプリ内で言語を変更しようとしたが、そういう機能がない
・アプリの再インストールも戻せない
・端末の地域をイギリスやアメリカに変更する
・VPNを英語圏に変更する

これらの方法は試しても、日本語になったまま戻すことができませんでした。

Widgetsmithで日本語表記になる問題での症状

具体的にはWidgetsmith(ウィジェットスミス)が日本語になったままというのはどのような症状なのかを紹介していきましょう。

突然日本語表示に

次のページへ >