youtubeの動画をダウンロード出来ない?!原因と対策を紹介!

無料の動画共有サイトとして最も有名な「YouTube」は、世界中で人気があります。拡張機能やソフトを使えば「YouTube」の動画をダウンロードする事ができるのですが、利用しているデバイスなどで出来ない場合があります。そういった時の対処法や解決策を紹介します。

この記事の目次

youtubeの動画をダウンロードできない原因

 

「YouTube」内の動画をダウンロードしようとしても、うまくダウンロードできない場合があります。うまくダウンロードできない時は、いくつかの原因が考えられます。「YouTube」がダウンロードできない原因となり得るトラブルについて紹介します。

原因1.ダウンロードツールやサーバー、サイトに不具合が起きた

「YouTube」をダウンロードする際に、ダウンロードツールやダウンロードサイトを利用している場合、「YouTube」の仕様変更以外での不具合が起きることがあります。例えば、ユーザーの利用者が多いと追われている動画ダウンロードアプリ「Clipbox」だと、動画検出でエラーになって失敗したり、ブラウザの情報などが影響し、正常にアプリが作動しないなどといったエラーが発生する場合があります。ダウンロードサイトも同じく、ブラウザやOSの影響を受けたり、サーバーやダウンロードプログラムなどに不具合が生じてる場合もダウンロードができない原因になります。

原因2.セキュリティソフトが影響している

セキュリティソフトは、設定の仕方によっては「ダウンロードしたいYouTube」の動画がウイルスと判断されてしまい、ダウンロードできないようにしてしまうことがあります。セキュリティソフトが原因だと知らなければ、「YouTube」をダウンロードできない原因に気付きにくいかもしれません。「YouTube」がうまくダウンロードできない時は、セキュリティソフトがなんらかの原因になっていないか、一度セキュリティソフトの設定を確認してみてください。

原因3.接続状況が不安定

インターネットへの接続状況が不安定だと、「YouTube」の動画をダウンロードしている途中で止まってしまうことがあります。ダウンロードする動画が長ければダウンロードに時間がかかりますが、あと少しでダウンロードが完了というところで、接続エラーになってしまうと再度やり直しになり、がっかりしてしまいます。接続状況が不安定なことが多い場合は、プロバイダの変更を検討しているのも良いかもしれません。

原因4.youtubeの仕様が変更されてしまった

問題なく「YouTube」の動画がダウンロードできていたのに、突然ダウンロードができなくなる場合は、「YouTube」側の仕様が変更になった可能性が高いです。違法アップロードがなどが問題視されているため、「YouTube」側の規制が厳しくなってきています。「YouTube」側がダウンロードツールの利用をできなくしたり、「YouTube」を視聴するユーザーの利便性向上のため、「YouTube」の仕様変更を定期的に行っています。「YouTube」をダウンロードするために、サイトやアプリを利用する場合、「YouTube」の使用をアプリやサイトが分析して、ダウンロードしています。使用が変わると、ダウンロードできないようになってしまいます。

原因5.デバイスのキャッシュが溜まっている

デバイスにキャッシュが溜まっている場合も、「YouTube」のダウンロードができなくなってしまうことがあります。デバイスのキャッシュとは、一度サイトなどを開いたことによって、デバイスの中に保存されているウェブページのデータを言います。このキャッシュを定期的に削除しないと、使っているデバイスの動作が遅くなってしまったり、動画のダウンロードができにあ状態になってしまいます。定期的にカッシュの削除を行って、常にデバイスを軽い状態にしておくと、スムーズにダウンロードが行えます。

原因6.サイトやアプリの状態が最新ではない

ダウンロードアプリがアップデートされていなかったり最新の状態ではない場合にも、「YouTube」の動画がダウンロードできなくなってしまいます。利用するサイトやダウンロードアプリは、常に最新の状態である必要があります。アップデートされていないと、動画のダウンロードに影響を与えてしまいます。

youtubeの動画をダウンロードできないときの対処法

「YouTube」の動画がダウンロードできない原因はサーバーに原因があったり、「YouTube」の仕様変更であったりと原因は様々です。「YouTube」がダウンロードできなくなってしまった時に役立つ、おすすめの対処法についていくつか紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

対策1.再起動し、キャッシュを削除する

「YouTube」のダウンロードができない時は、自身のデバイスのキャッシュを削除してみてください。キャッシュがデバイスに溜まったままだと、デバイスがどんどん重くなっていきダウンロードできない原因になってしまいます。デバイスが重くなったと感じたら、一度デバイスを再起動して、不要なファイルや仮想メモリをクリアにしてください。ダウンロードサイトを利用する場合は、ブラウザのキャッシュを削除してみるのも有効です。キャッシュクリアや再起動は、不安定な動作の解消につながります。

対策2.アプリでダウンロードしている場合はアプリを再インストールする

ダウンロードアプリを使ってダウンロードする場合、使っているダウンロードアプリの不具合が原因で、動画のダウンロードができない場合があります。アプリを一度アンインストールして、再度インストールし直すとダウンロードアプリの不具合が解消されることがあります。アプリが何度も落ちたり、動画のダウンロードが正常に行えない時は、アプリの再インストールを試してみてください。

対策3.セキュリティソフトの設定を見直してみる

セキュリティソフトの設定が原因で、動画のダウンロードができないことがあります。セキュリティソフトの設定により「YouTube」のダウンロードファイルがウイルスとして認識されてしまって、動画のダウンロードができないようにされてしまいます。「YouTube」のダウンロードができない場合は、セキュリティソフトが影響していることも考えられるので、セキュリティソフトの設定を確認してみてください。

対策4.通信環境を見直す

使っているサーバーに問題がある場合も、「YouTube」の動画のダウンロードができなくなってしまいます。インターネットへの接続状況が不安定だと、ダウンロードの途中に回線が切断されてしまったり、エラーになってしまってダウンロードの完了できません。接続状況が不安定だと感じる時は、通信環境を今一度見直してみることで、不具合を解消できるかもしれません。

対策5.更新頻度の高いソフトやアプリを使用する

ダウンロードアプリやソフトを利用する場合は、常に最新の状態であることが大切です。アップデートされていないとダウンロードがうまくできなかったり、エラーになる原因となってしまいます。更新頻度が高ければ、「YouTube」の仕様変更にもいち早く対応する事ができます。常に最新の状態を保てるように、更新頻度の高いダウンロードアプリやソフトを利用するのもおすすめです。

youtubeの動画をダウンロードできない場合のおすすめのアプリを紹介!

スマホから「YouTube」の動画がうまくダウンロードできない時に役立つ、おすすめのダウンロードアプリをいくつか紹介します。どのアプリも操作が簡単で、すぐに使えるものばかりです。

1.Clip box

「Clip box」は、ダウンロードアプリの中でもとても人気のあるアプリです。iPhone、Androidどちらにも対応しています。動画だけではなく、音楽や写真、PDFファイルのダウンロードもできます。無料でインストールできて、サポートセンターもあるので安心して利用するとこができます。ダウンロードアプリを使うのがはじめての人にもおすすめのアプリです。

2.Online Video Converter

「Online Video Converter」は、「YouTube」の動画をダウンロード出来るサイトとして最も有名なサイトです。URLを入力して、ファイル形式を洗濯するだけで簡単にダウンロードができます。様々なファイル形式に対応しているので、mp3の音声のみのダウンロードも可能となっています。PCから「Online Video Converter」と検索するとサイトがでてくるので、アクセスしてみてください。

3.FLVTO

こちらのサイトも「YouTube」の動画をダウンロードできるサイトですが、「FLVTO」はGoogle Chrome用のアドオンも用意されています。アドオンを追加すれば、「YouTube」のサイト上でのダウンロードができるようになります。サイト上でダウンロードができるのは日非常に便利なので、Google Chromeを利用している人にはおすすめのサイトです。

4.dirpy

「dirpy」は、「YouTube」の動画をダウンロードできるだけではなく、動画の編集ができたり時間を指定して動画の保存、音質の指定ができたりと、他のサイトにはない機能が特徴となっています。たとえば、長い動画の中で、欲しい部分だけダウンロードしたい、といったことも「dirpy」であれば簡単にできます。

5.Offliberty

動画ダウンロードサイトの「Offliberty」は、検索バーにダウンロードしたい動画のURLを貼り付けるだけで動画のダウンロードができるサイトです。サイトも使い方も、とてもシンプルで広告もほとんどありません。しかし、これといって他のダウンロードサイトと違った特徴や優れている部分も少ないサイトだと言えます。動画のダウンロード速度も遅めで接続環境が悪い場合は、うまくダウンロードできない場合も多いです。

6.動画簡単ダウンロード

「動画簡単ダウンロード」は、名前の通り簡単に「YouTube」の動画をダウンロードできるサイトです。「thxyoutube」とも呼ばれているダウンロードサイトです。様々な画質で「YouTube」の動画をダウンロードする事が可能です。簡単に動画のダウンロードができて便利ですが、ダウンロード速度が遅い点がデメリットと言えます。他のダウンロードサイトが使えない場合などに、こちらのサイトを利用すると良いかもしれません。

7.VideoProc

「VideoProc」は、動画の録画機能と動画編集機能を備えた機能性の高いビデオ処理ソフトです。MacとWindowsどちらにも対応しています。「VideoProc」は、有料ソフトですが、無料体験版もあります。「YouTube」の動画のダウンロードの他にもPCの画面録画ができたり、カメラ録画、カメラと画面の同時録画も可能です。Mac限定ですが、iPhoneの画面録画もできます。動画のダウンロードだけではなく、編集もしたい方や多機能な動画ソフトが欲しい人におすすめです。

8.YouTube Premium

日本では2018年11月からスタートした月額制の「YouTube Premium」は、PC・Androidは月1180円、iOSは1,550円で利用できます。はじめの1か月は無料で利用する事ができます。有料コースの「YouTube Premium」は、広告なしで「YouTube」を見る事がで可能です。さらに、アプリを閉じてもバックグラウンドで再生が可能であり、ダウンロード機能も備わっているため、ダウンロードした動画はオフラインでも再生ができるようになります。「YouTube Premium」は公式のものなので、最も安全に「YouTube 」のダウンロードができます。

youtubeの動画をダウンロードできない?!ダウンロードするときの注意点

「YouTube」の動画をダウンロードする際には、いくつかの注意点があります。「YouTube」に投稿されている動画すべてが安全なものではないかもしれません。動画を安全にダウンロードするために注意してほしい点をいくつか紹介していきます。

1.セキュティ対策をする

PCやスマホのセキュリティ対策を、あらかじめしっかりと行っておくと安全です。誤って広告をクリックしてしまった時に、ウイルスに感染してしまうかもしれません。「YouTube」自体は危険なものではありませんが、ダウンロードアプリやソフトのすべてが安全に使えるものである保証はないので、自分自身のPCやスマホはセキュリティ対策をしっかりと行って守るように心がけてください。

2.広告をクリックしない

「YouTube」を観ていると、動画の間や始まる前などに多くの広告が表示されます。表示される広告は、一定時間を過ぎるとスキップできるものもあります。興味のない広告はスキップして飛ばしてください。むやみに広告をクリックをして、アクセスしないようにしてください。広告をクリックすることで、ウイルスに感染してしまうことがあります。

3.違法アップロードの動画をダウンロードしない

「YouTube」の中には、違法にアップロードされている動画も少なからずあります。アップロードする人に問題がありますが、違法だと知っていてダウンロードをする人も同罪になります。知らないでダウンロードしてしまう前に、「YouTube」にアップロードされている動画が違法なものではないか、しっかりと確認するようにしてください。違法な動画は、動画のコメント欄などにも注意喚起されていたりもします。

4.著作権には注意しよう

アーティストのミュージックビデオを「YouTube」で観る事ができますが、それらには著作権があります。「YouTube」に投稿されているミュージックビデオのほとんどがレコード会社などの公式アカウントから投稿されています。公式のものを勝手にアップロードしたりすることは著作権違反になります。音楽は著作権に厳しいコンテンツなので、曲を利用する際にも許可が必要になります。著作権がかかっているものはダウンロードすることはできないので、注意してください。

5.スマートフォンで動画をダウンロードするときはWi-Fiに接続しよう

iPhoneやAndroidで「YouTube」の動画をダウンロードする場合は、Wi-Fiに接続してからダウンロードするようにしてください。Wi-Fiがなくてもダウンロードはできますが、かなりのギガ数を消費してしまいます。ギガ数の上限がある人は、すぐに速度制限がかかってしまう原因になります。Wi-Fiに接続されていればギガが減る心配もなく、動画のダウンロードができます。Wi-Fiの接続状況が悪いとダウンロード途中で切断されたり、エラーになりやすいので接続状況も確認してください。

6.本体のデータ容量にも気をつけよう

「YouTube」の動画の時間が長かったり画質の良い動画ほど、容量が増えます。画質のきれいな動画のダウンロードをする場合は、スマホよりもPCからダウンロードした方が良いかもしれません。動画をダウンロードするほど空き容量が減っていくので、自身のスマホのストレージに空きがあるのか、ダウンロード前に確認しておくと良いです。