【KP41病】KP41エラーの原因と対処法!対策バッチの効果は?

PCを使っているとKP41病・KP41エラーを突然発症することがあります。

KP41病・KP41エラーが出てしまうとPCが不可解な動きをしたり、面倒な作業が必要になってきます。

そこで今回はKP41病・KP41エラーの原因や対処法を解説していきます。

KP41病・KP41エラーとは

まずKP41病・KP41エラーについて見ていきます。

フリーズや再起動・強制終了などを頻発

KP41病・KP41エラーとはPCのフリーズや再起動・強制終了などを頻発してしまう病気です。

このKP41病・KP41エラー自体はWindows7以降から確認されている病気で、エンジニアたちからや「病」だといわれています。

原因は多岐に渡り特定が難しい

2016年秋のWindows10からKP41病・KP41エラーが頻発してしまうとSNS上でも投稿がありました。

しかしこのKP41病・KP41エラーの原因はたくさんあります。

そのため原因の特定はいまだ難しいとされています。

しかもネット上で提供されているKP41病・KP41エラーの対処法を試しても治らないことがほとんど。

PCのパーツやシステム、アプリケーションなどが異なるため1人1人のKP41病・KP41エラーの対処法が必要になってきます。

対処法が100以上あるため非常に厄介です。

KP41病・KP41エラーが発生しているか確認

PCの再起動や強制終了が頻発する場合は、KP41病・KP41エラーを疑ったほうがいいです。

しかし本当にKP41病・KP41エラーが発生しているのかを確認する必要があります。

KP41病・KP41エラーを確認するには

  1. Windows10スタートボタンをクリック
  2. 「イベントビューアー」を開く

ここで

  • ソース名 : Kernel-Power
  • イベントID : 41
  • レベル : 重大

という履歴があればKP41病・KP41エラーを発症しています。

KP41病・KP41エラーが発症したときの対処法

KP41病・KP41エラーが発生していることがわかれば、それを対処していきましょう。

対処法はたくさんありますが、代表例をご紹介します。

①「電源の管理」の電力設定を高パフォーマンスにする

まずは

  1. Windows10のスタートメニューをクリック
  2. 「電源の管理」の電力設定を「高パフォーマンス」に変更

しましょう。

電力設定が「バランス」や「省電力」になっていると、KP41病・KP41エラーを対処することができm選。

②ハードディスクの省電力設定を無効にする