キャッシュデータとは?キャッシュを削除する方法も詳しく解説!

スマートフォンやタブレットを利用しているとよくキャッシュデータという言葉を聞くことがあります。そもそもキャッシュデータとは何なのでしょうか。ここではキャッシュデータとは何か、キャッシュデータを削除する方法について紹介していきます。

キャッシュデータとは?

みなさんはスマートフォンやタブレットを利用してキャッシュデータが原因で不具合が発生したり、キャッシュデータをリフレッシュしたりしていませんか。そもそもキャッシュデータとは何なのでしょうか。キャッシュデータとは、一時データのことで次回同じようなアクセスや実行を早める機能のために、キャッシュデータとして蓄えておくことを言います。

キャッシュデータのメリット

キャッシュデータとは、一時データのことで次回同じようなアクセスや実行を早める機能のため活用されるのですが、キャッシュデータを利用することでどのようなメリットがあるのでしょうか。ここではキャッシュデータのメリットについてチェックしていきましょう。

【メリット】①キャッシュすることで表示などが早くなる

キャッシュデータとは一時データのように1度アクセスしたデータを保管してくれるので、キャッシュとして利用すると次回以降の表示を早めるメリットがあります。キャッシュデータを活用することで、2回目以降のアクセスを自動で早めるので重たいサイトなどはすぐにアクセスることができます。

【メリット】②キャッシュすることでデータ通信量を減らせる

またキャッシュデータとは次回以降の表示を早めるメリットがあるので、通信量も節約するメリットにつながります。キャッシュデータとは、1度目のアクセスデータを一時的に蓄えておくので、2回目のアクセスを早めるだけではなく、データ通信量も抑えるメリットがあります。

キャッシュデータのデメリット

キャッシュデータとは次回以降の表示を早めるメリットがあり、とても優れた機能ですが、キャッシュデータにはデメリットもあります。ここではキャッシュデータのデメリットについても紹介していきますので、メリットと比較してみてください。

【デメリット】①キャッシュがたまりすぎるとアプリや処理が遅くなる

キャッシュデータのデメリットとしては、キャッシュデータを蓄え過ぎてしまうと返ってアプリの動作が遅くなってしまうデメリットが発生する点です。次回以降のアクセスを早めることができる一方で一時データが増えてしまうと、逆に動作が重くなるデメリットが発生する可能性があることを知っておきましょう。

【デメリット】②ウェブページに最新情報が反映されないときがある

またキャッシュデータはウェブページの最新情報が反映されず古い情報が表示されてしまう場合もあります。キャッシュデータとは1度目のアクセスデータを活用するので、2回目以降のアクセスは古いデータが表示されてしまうことがあるデメリットもあるので、デメリットも理解した上でキャッシュデータを活用するようにしましょう。