MacBookでAirPlayをする方法を解説!

皆さんはMacBookでAirPlayをすることができることをご存知でしょうか。MacBookでAirPlayができれば作業が効率化されますし、様々なメリットがあります。そこで今回はMacBookでAirPlayをする方法を徹底的に解説していきます。

そもそもAirPlayってなに?

まずはAirPlayについてみていきます。

AirPlayとは、Apple製品であるiPhoneやMacBookなどをオーディオ機器やTVなどに映し出すことができる機能の名称のことを言います。

iPhoneの小さい画面では見にくい動画でもTVの大画面で映し出すことでより見やすくなります。

また、iPhoneではなくAirPlay対応のスピーカーでiPhoneの楽曲を聞くこともできますのでその用途は多種多様です。

最初は「AirTunes」という名称だった

今でこそAirPlayという名前で通っていますが、最初は「AirTunes」という名称でした。

2004年6月に「AirTunes」としてAppleから登場しましたが、2010年9月に名称が「AirTunes」からAirPlayに変更されました。

また、2018年7月にはAirPlay2という新機能を搭載した機能が登場しています。

AirPlayでMacBookからHDTVにミラーリングする方法

では、本題の AirPlayでMacBookからHDTVにミラーリングする方法について解説します。

AirPlayでMacBookからHDTVにミラーリングする方法は、

  1. MacBookとApple TVが同じWi-Fiに接続されているかどうかを確認する
  2. コントロールセンターを開く
  3. 「画面ミラーリング」をタップし、Apple TVを選択する
  4. MacBookとApple TVの画面サイズが一緒になることを確認する
  5. 「このMac」をタップする

でOKです。

AirPlayを使用しているときはメニューバーのAirPlayアイコンが青くなります。

iPhoneからMacBookにAirPlayのやり方

では、続いてiPhoneからMacBookにAirPlayのやり方についても解説します。

iPhoneからMacBookにAirPlayのやり方が実現可能な機種とそうでない機種がありますので、まずはそちらからみておきましょう。

AirPlayに対応したMacBook機種

AirPlayに対応したMacBook機種は以下の通りです。

  • MacBook Pro (2018年モデル以降)
  • MacBook Air (2018年モデル以降)
  • iMac (2019年モデル以降)
  • iMac Pro (2017年モデル)
  • Mac mini (2020年モデル以降)
  • Mac Pro (2019年モデル)

これ以外のMacBookはAirPlayには対応していません。

iPhoneからMacBookにAirPlayでミラーリングする設定方法

ではiPhoneからMacBookにAirPlayでミラーリングする設定方法をみていきましょう。

iPhoneからMacBookにAirPlayでミラーリングする設定方法は、

  1. MacBookで「システム環境設定」を開く
  2. 「共有」→「AirPlayレシーバー」にチェックを入れる
  3. 「MacにAirPlay」をタップし、MacBookの画面を開いたままにする
  4. iPhoneのコントロールセンターを開く
  5. 「AirPlay」→「画面ミラーリング」→「Mac」をタップ

でOKです。

AirPlayでMacBookの画面をミラーリングできない