【KP41病】KP41エラーの原因と対処法!対策バッチの効果は?

次にハードディスクの「次の時間が経過後HDDの電源を切る」設定をOFFにしましょう。

デフォルトではONになっています。

③外付け機器を外す

意外とKP41病・KP41エラーにはUSB機器関連が原因であることがあります。

そのためPCの電源を落とし、コンセントを抜きます。

そしてPCを完全放電させ、外付け危機を全て外しましょう。

USB関連機器を外すことでKP41病・KP41エラーが改善されることがあります。

④コンセント周りの環境を見直す

基本的にKP41病・KP41エラーはLinuxであれば異常が出ないことがわかっています。

しかしそれでも異常が出る場合は

  • ハードウェア
  • コンセント

周りの環境不調を疑うべきです。

⑤オーディオ・グラフィックドライバの更新・再インストール

KP41病・KP41エラーの症状は人によって異なるのですが、オーディオ・グラフィックドライバの更新や再インストールをすることはほとんどの人の改善につながります。

ただ更新・再インストールする前にPC内からドライバを使いクリーニングをする必要があります。

クリーニングドライバとしては

を使うことが推奨されます。

そしてクリーニング後に最新ドライバをインストールしましょう。

⑥重複しているオーディオドライバを無効にする

もしオーディオ・グラフィックドライバが重複している場合は、無効にしましょう。

オーディオ・グラフィックドライバを無効にするには

  1. Windowsキー + Xキーを同時押し
  2. メニューから「デバイスマネージャー」を起動
  3. 「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラ」をクリック
  4. セクション内からオーディオ・グラフィックドライバを探す

で重複しているオーディオ・グラフィックドライバを無効にします。

⑦高速スタートアップを無効にする

古いドライバと高速スタートアップは相性が悪く、KP41病・KP41エラーを発症する原因となりえます。

そのため

  1. 「コントロールパネル」を起動
  2. 電源オプションから「電源ボタンの動作を選択する」をクリック
  3. 「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック
  4. 高速スタートアップのチェックを外し「OK」をクリック

で高速スタートアップを無効にしましょう。

⑧BIOSのアップデート

OSのバージョンがアップデートされるとBIOSとの相違が生まれてしまう可能性があります。

その場合は「Application Popup:56」というエラーコードでPC上に表示されます。

そのため今使っているBIOSをアップデートしておきましょう。

常に最新の状態を保っていることが望ましいです。

⑨BIOSの設定変更