NFTゲームに初期費用は必要?初期費用なしや安く遊べるゲームは?

暗号通貨を稼げるということで注目されている「NFTゲーム」。スマホゲームと違い初期費用が必要になるものが多く参加するのにハードルが高いと言われています。この記事では、NFTゲームの初期費用が必要な理由や平均値などをご紹介します。

NFTゲームには初期費用が必要なの?

まずは、NFTゲームを始める際に初期費用が必要なのかについてご紹介します。

多くのNFTゲームには課金が必須

結論から言うと、多くのNFTゲームには初期費用が必要です。スマホゲームと違い、NFTゲームはゲームを進めることで稼ぐことができるのが特徴です。

ゲーム内のデータは基本的に全て資産として残すことができます。NTGゲームはゲームという観点よりも暗号通貨などの投機や投資的観点に重きを置かれています。

NFTゲームを投機や投資として考えると初期費用が必要なのは一般的ですが、単にゲームの延長だと考えると負担に感じる方もいると思います。NFTゲームの初期費用はスマホゲームの課金とは全く意味が違うので理解しておきましょう。

初期費用をどれくらいの期間で回収できるの?

初期費用を使ってNFTゲームをすると一番気になるのがどのくらいの期間で初期費用を回収できるのかということだと思います。実際にプレイするNFTゲームによって初期費用の回収期間は違います。

プレイする時間によっても違いますし、NFTゲームの内容によっても回収期間は変動します。あくまでも平均の期間ですが、3〜4ヶ月あれば回収できると言われています。

有名なNFTゲームの初期費用は平均でどれくらい必要?

有名なNFTゲームにかかる初期費用の平均をご紹介します。こちらもあくまでも平均値で5万円程度あれば始めることは可能です。

ものによっては低額で始められるNFTゲームもあれば高額のNFTゲームもあります。NFTゲームを始める上で初期費用を基準にすることも重要ですが、ゲーム内容を疎かにすると継続できない可能性があるので注意が必要です。

有名なNFTゲームの初期費用一覧を紹介!

では、有名な8種のNFTゲームの初期費用と特徴をご紹介します。

Sorare

「Sorare」は現実のサッカーの試合の結果と連動をしているNFTゲームです。選手のカードを獲得し、チーム作りをしていくゲームです。過去にはSorare内で使えるクリスティアーノ・ロナウド選手のカードが3,200万円で取引されていました。

では、実際に始めるのにかかる初期費用は、3,000円〜10,000円と言われています。最初から強いチームを作ろうと思うと初期費用が高くなります。また、初期費用をかけても、現実のサッカーの結果と連動しているため回収に時間がかかる可能性があります。

Axie Infinity