linevoomがいらない方これで解決!おすすめの5つの設定とは

LINEのタイムラインの代わりに登場したlinevoom。2021年冬ごろに登場した新サービスですが、色々な難点があることがネット上で報告されています。また他人のライブなどが勝手に流れてきてしまいますので、linevoomを消す方法をご紹介します。

タイムラインがLINEVOOMに変更になったのはいつから?

まずLINEのタイムラインがLINEVOOMへシフトしたのはいつ頃なのかについてみていきます。

結論ですが、2021年12月31日にLINEVOOMへシフトしました。

ただLINEVOOMが実装され始めたのはそれぞれ以下の通りです。

  • iPhone:2021年12月13日
  • Android:2021年11月25日

LINEのアップデートが行われタイムラインからLINEVOOMへシフトしました。

TikTokやYouTube Shortに対抗したLINEのサービスがLINEVOOMになります。

linevoomとタイムラインの変更点は?

現在提供されているLINEVOOMとタイムラインの違いについてみていきます。

まずは、動画コンテンツになったことです。

タイムラインは文字や画像がベースとなっていましたが、LINEVOOMは動画がベースとなっています。

また、LINEVOOMで動画を視聴する場合はフォローをしておくべきだということにも変更点があります。

タイムラインは友だちの投稿が表示されますが、LINEVOOMではフォローしているユーザーの投稿が表示されるようになります。

そのため友だちの投稿は表示されなくなるのです。

LINEVOOM上でフォローしているユーザーの動画を見ることができますので、お気に入りのユーザーがいる場合はLINEVOOMでフォローしておきましょう。

linevoomがいらないと言うTwitterの声

新機能であるLINEVOOMですが、Twitter上ではあまり「いらない」という声が多く評判は良くありません。

勝手にタイムラインからLINEVOOMへシフトされ不具合も多く、LINEVOOMのせいでLINEのアップデート作業が長引くこともあります。

いらない」という声が多くあまり望まれていない機能ではありますが、他にどういった声があるのでしょうか。

勝手に動画が再生される

まず「いらない」という声は、勝手に動画が再生されるという声です。

LINEVOOMではフォローしていないユーザーの動画も表示されるようになっています。

「おすすめ」機能のようなものではありますが、勝手に動画が再生されてしまうのでいらない・鬱陶しいと感じるユーザーは多いようです。

見知らぬ相手からフォローされる

次の「いらない」という声は、見知らぬ相手からフォローされるという声です。

LINEVOOMへ動画を投稿していなくても、見知らぬ誰かからフォローされることがあります。

フォローされるとあなたのLINEVOOMへの投稿が全て筒抜けになってしまいますので、いらない機能として声が上がっています。

特に個人情報特定の恐れがありますので本当にいらない機能だと感じます。

広告がうざくて見づらい

次の「いらない」という声は、広告がうざくて見づらいという声です。

タイムラインでは広告があまり表示されませんでしたが、LINEVOOMでは広告ががっつり表示されるようになりました。

単純にLINEVOOMを楽しみたい方にとっては広告はいらない邪魔な存在になります。

linevoomをタイムラインに戻せる?