windows10のメールアプリは使いにくい?特徴もご紹介!

windows10の標準搭載メールアプリ「メール」には、使いにくいという評判があります。利用者が使いたい、振り分けや複数アカウント管理の機能があるのか解説!またその他のおすすめメールアプリも含めて、windows10のメールアプリの特徴を詳しくご紹介します。

windows10の標準メールアプリの特徴は?

使いにくいという評判のあるwindows10の標準メールアプリですが、まずは特徴をご紹介していきます。ここでは、主に3つの特徴を挙げてみましたので、ご確認ください。

機能がシンプル

windows10の標準メールアプリの特徴1つめとして、機能がシンプルというところです。大き目なボタンなど、スマホやタブレットなど小さな画面でも、見やすいレイアウトになっています。初心者でも使いやすいインターフェイスが採用されているのです。どなたでも、利用できるシンプルな機能が特徴となります。

複数のメールアドレスをまとめて管理できる

windows10の標準メールアプリの特徴2つめです。それは、複数のメールアドレスをまとめて一括管理できるという点になります。

windows10のメールアプリは、Exchange、IMAP、POP3形式のアカウントに対応可能です。

outlookの他、Gmail、プロバイダーのメールアドレス、Yahoo メールなどのフリーメール、iCloudなど。

複数のメールアドレスを、windows10のメールアドレスアプリで、まとめて管理できるので、とても便利です。

複数アカウントの受信メールを1つの受信トレイでまとめて閲覧、検索

それでは、windows10の標準メールアプリの特徴3つめです。複数アカウントの受信メールを1つの受信トレイでまとめて閲覧、検索が可能な点になります。

たくさんのメールアドレスを管理する方には、大変うれしい機能です。

「設定」から「アカウントの管理」を選択し、「受信トレイのリンク」の画面で、まとめて表示させたいメールアドレスにチェックを入れて、設定してください。

正常に設定完了後には、1つの受信トレイで、受信メールを閲覧、検索ができるようになります。

windows10の標準メールアプリの使いにくい点は?

では、windows10の標準メールアプリは、どうのようなところが使いにくい点といわれているのでしょうか。今回はポイントを6つ挙げてご紹介していきます。

メールの受信振り分け機能がない

windows10の標準メールアプリが使いにくいといわれているポイント1点めは、メールの受信振り分け機能がないということです。

このwindws10のメールアプリは、初心者が使いやすい、シンプルな機能設計が採用されています。そのため、メール機能は最小限となっているのです。振り分け機能とは、指定したメールアドレスとフォルダを設定しておくと、メール受信した際、指定したフォルダに、メールを自動で振り分けてくれる機能になります。

他のメーラーであれば、基本的な機能として備わっていることが多いので、ないと不便に感じてしまいます。やはり、仕事などで、たくさんのメールを扱う方にとっては、搭載されていてほしい機能と言えるでしょう。

こういったことから、振り分け機能がないことが、windows10のメールアプリが使いにくいといわれる点になります

メールアプリでメールを削除するとサーバからも削除される