病み垢とは?特徴は?病みアイコンを探せるサイトを紹介

Twitterを見ていると病み垢が量産されているのを見つけることができます。病み垢は愚痴や文句を連投しており、構ってもらえる人を探しているという特徴があります。そこで今回は病み垢についてや特徴、アイコンを探すサイトなどをご紹介します。

病みアイコンが使われる病み垢とは?

Twitterには、病みアイコンが使われる病み垢がたくさんありますがそもそも病み垢とは何なのでしょうか。

病みアイコンが使われる病み垢とは、他人には言うことのできないネガティブなことをつぶやくためだけに作られたアカウントのことです。

愚痴や文句などが日常的に投稿されており、病みアイコンが使われる病み垢は連投をすることが多め。

さらに、構ってもらう人を探しており「大丈夫?」などと声をかけてきたアカウントには粘着するという特徴があります。

病みアイコンの病み垢の特徴は?

アカウントアイコンだけを見て、病み垢だと見抜くことができます。

では病みアイコンの病み垢の特徴についてご紹介します。

愚痴と文句ばかりつぶやいている

まずは愚痴と文句ばかりつぶやいていることです。

病み垢を運用する理由は「愚痴や不満を垂れ流す」ことですので、他の投稿はあまりしない傾向にあります。

日常的に溜まっていくうっぷんなどを晴らすために毎日投稿していますので、一通り過去のツイートなどを見てみましょう。

愚痴や文句しか投稿されていない場合は、病み垢と判断してOKです。

鍵垢でアイコンが病みアイコン

次は、鍵垢でアイコンが病みアイコンです。

TwitterやInstagramは鍵垢と呼ばれる許可した人しか閲覧することができないアカウントを作ることができます。

これにより限定的な人を集めることができるのですが、その鍵垢で病みアイコンを採用している場合は病み垢でしょう。

他人には見られたくないけど、知っている人には存分に見てほしい!という場合にこういう鍵垢を作成したりします。

自撮りを上げる

次は、自撮りを上げることです。

Twitterでは顔出し無しが一般的でしたが、Instagramが登場したことで顔出しOKの病み垢も登場しました。

しかも、病み垢の主は可愛い&カッコいいことが多くちやほやされがちな傾向にあります。

それも相まって、容姿に自信がある人は一通り自撮りをあげる病み垢へ変貌したのです。

薬を飲んでいるアピール

次は、薬を飲んでいるアピールをします。

病み垢の多くはメンヘラの人が多く、薬を飲んでいる印象を付けるために薬を飲んでいるアピールをします。

しかも、薬の中身までわかるようにする病み垢もちらほら。

言ってることがころころ変わる