アプリケーション

OpenSeaを日本語化する方法を解説!アプリは日本語にできる?

2022年5月25日

OpenSeaは、NFT生成や購入、販売、オークションへの参加が可能なNFTマーケットプレイスです。最近では、有名アーティストによるNFT販売も行われており、日本の利用者も増加しています。今回は、PCやスマホでOpenSeaを日本語化する方法をまとめました。

OpenSeaは日本語に対応している?

現在、OpenSeaは完全には日本語対応していません。OpenSeaの公式サイトを開くと英語で表記されており、言語設定を行う項目もないため、公式サイトから日本語化できないと言えます。

しかし、日本でも利用者が急増していることから部分的に日本語化が進んでおり、英語が分からない方でも操作しやすく改善されてきています。UXやデザインも洗練されていることから、海外の他のNFTマーケットプレイスより使いやすいと感じる方も多いでしょう。

完全に日本語化するまでにはまだ時間がかかることが予想されるため、分からない英文がある場合は、別の方法で日本語化しながらOpenSeaを利用すると良いでしょう。

PCの場合

まずは、PCでOpenSeaを日本語化する方法です。

①GoogleChromeをインストールする

PCにGoogleChromeを入れていない方は、インストールしましょう。

Internet Explorerやsafariなど、GoogleChrome以外のWebブラウザを使っている方も、NFT関連のWEBページを閲覧する時はGoogleChromeを使うと良いですよ。メタマスクなどの仮想通貨ウォレットがGoogleChromeの拡張機能でスムーズに接続でき、とても便利だからです。

GoogleChromeダウンロードページ:https://www.google.co.jp/intl/ja/chrome/

②GoogleChromeでOpenSeaを開く

GoogleChromeのインストールが終わったら、OpenSeaの公式サイトを開いてください。

OpenSea公式サイト:https://opensea.io/

②自動翻訳機能で日本語表記に切り替える

OpenSea

OpenSeaを開くと同時に、サイト上部にGoogle翻訳のポップアップ表示が出てきます。ここで「日本語」を選択すると、OpenSeaを自動で日本語化してくれます。

もし自動でポップアップ表示が出ない場合は、画面右上から「設定」→「言語設定」を開きましょう。そして、「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」をオンにしてください。

iPhoneスマホの場合

iPhoneスマホやAndroidスマホでOpenSeaを日本語化したい場合も、まずは端末にGoogleChromeアプリを入れてください。PCと同様に、GoogleChromeのスマホアプリにもGoogle翻訳機能が内蔵しています。

iPhoenスマホの場合、手順は以下の通りです。

 

①GoogleChromeをダウンロードする

②GoogleChromeでOpenSeaを開く

③トップページ右下の「…」マークをタップする

④「翻訳」をタップする

 

英語表記に戻す場合は、右下の「…」マークから「翻訳」をタップするか、画面左上の翻訳マークをタップしてください。

Androidスマホの場合

Androidスマホの場合は、GoogleChromeでOpenSeaを開くと「ページを翻訳しますか?」と自動でポップアップが出てきます。ここでFrom英語、To日本語に設定するとOpenSeaを日本語化できます。

もしポップアップが出なかったら、画面右下の「…」マークから「設定」→「言語」をタップして日本語化してください。

OpenSeaの日本語化に関する注意点

次に、OpenSeaの日本語化に関する注意点を2つご紹介します。

スマホアプリは日本語設定ができない

2022年5月現在、OpenSeaのスマホアプリは日本語表記にする設定項目がありません。OpenSeaのスマホアプリではGoogleChromeも使えないため、現状翻訳する手段がないと言えます。

そのため、これからOpenSeaを始めたい方や英語が得意ではない方は、ブラウザ版のOpenSeaをGoogleChromeで閲覧するか、別の翻訳アプリを活用することをおすすめします。

次のページへ >