MacBook Pro/Airの電源が入らない原因と解決方法とは?

この記事は約 11 分で読むことができます。

macbookの電源が入らない・電源ボタンがつかない(反応しない)時の原因と対処方法。画面が真っ暗・アップルマークのままフリーズ・プログレスバーが進まない・充電できない時の解決策。水濡れトラブルでの最速・最安修理も。

この記事の目次

macbook(Pro/Air)が起動しない時のチェックポイント

今まで使えていたMacBookの電源が急に入らなくなったら、あせってしまいますよね。

Appleサポートに連絡をすれば解決するかもしれませんが、手間がかかります。

実は簡単なチェックをすることで元に戻る場合が多いです。

チェックポイント!1.ディスプレイが正常かを確認する

2.電源が正常かを確認する

ディスプレイが正常かを確かめる

もしかすると電源は正常で、モニターが映らない状態かもしれません。

電源が入っているかどうかを確認するには、以下のことをチェックしましょう。

  • ドライブやファンの動く音が聞こえる
  • スリープランプ (SIL)が光っている
  • 起動音が鳴る(起動音が鳴る設定にしてある場合)
  • キーボードの[Caps Lock]を押すと光る

どれかが当てはまる場合、モニターが故障の原因です。

MacBookのディスプレイの修理は自分で行うのが難しいですので、修理を依頼しましょう。

電源が正常かを確かめる

MacBookの電源が入らない原因として、充電ができていないということも考えられます。

電源ランプがつかない(接触不良)

電源アダプターをつけてもオレンジのLEDが点灯しない場合、接触不良が考えられます。

アダプタコネクタや電源ポートは非常に小さいので、汚れがあっても気づきにくいです。

電源ポート
↑ピンが詰まって充電できない状態の写真です。(出典:Appleサポート

ケーブルの挿入部分を接点洗浄剤でクリーニングすると、汚れが落ちて接触不良が改善されることがあります。

充電器、ケーブルの断線

充電器のコードは、持ち運びや折り畳みなどに伴って断線することがあります。

別の充電アダプタを使ってみましょう。

【Genius Bar推奨】放電で解決する方法

パソコンは内部に精密機器が搭載されていますので、電気が貯まりやすいです。

そのため充電ケーブルを繋ぎっぱなしにしていると、異常帯電を起こして電源が入らなくなります。

以下の方法で放電を行うと、改善する可能性があります。

  1. 充電コードをコンセントから抜きます。

  2. バッテリーを外します。

  3. 2・3回程電源ボタンを押します。

  4. バッテリーを取り付け、コードをつないで起動します。

引用元:RI-QUE LAB





MacBook(Pro/Air)の水濡れ・水没の時の対処

水濡れ・水没をさせてしまった場合、電源を入れたり充電をしたりすると、ショートして二度と使えなくなる可能性があるため、上記の内容を試してはいけません。

そのため修理を依頼することになりますが、水没が原因での故障は通常の故障とは対応が違います。

水濡れは補償の対象外・電気屋では修理を受け付けていない&Apple公式の修理は高額・・・

iPhone同様、水没や落下などの物理的なことが原因でMacBooKが壊れた場合、保証の対象にはなりません。

大手電気店などに持ち込んでも、水濡れのパソコンは修理してもらえないケースが多いです。

またApple公式に修理を依頼すると、かなりの高額になります。

重田「マジですかー、ちなみに修理費って大体どのくらい必要か分かりますか?」
アップルスタッフ「水濡れ修理の場合金額が決まっておりまして、大体9万円ぐらいが確実に必要になります」

引用元:重田のECサイト完全攻略ブログ

昼間にAppleから電話があります。事情を話すと保証期間内であるけど水没は保証対象外になり、修理費用は最大91,800円かかるとのこと。

引用元:何故かAppleの話をするブログ

インターネット上では「水濡れは9万円以上だといわれた」という体験談が多数見られます。

パソコン修理専門店がおすすめ

9万円をかけて修理するくらいなら、新品を買ったほうがよいかもしれませんが、データが取り戻せなくなります。

パソコン修理専門店に依頼をすると、Appサポートに依頼するよりも安くMacBookを修理してもらえますよ。





【推奨】電源が入らない時の対処法

物理的な原因がないにも関わらず電源が入らなくなった場合は、SMCのリセット、NVRAM・PRAMのリセットを試してみましょう。

SMCのリセット

SMCとはシステム管理コントローラのこと。電源ボタンを入れたときの反応の管理、バッテリー管理などを行っています。

電源ボタンが反応しなくなった場合、SMCのリセットを行うと正常に戻ることがあります。

リセット手順

  1. システムを終了させます。

  2. バッテリーを取り外します。

  3. 電源ボタンを5秒間長押しします。

  4. バッテリーをもう一度取り付け、MacBookの電源を入れます。

機種によってはバッテリーが取り外せない場合があります。

その場合は以下の手順を行います。

バッテリーが外せない場合

  1. システムを終了させます。

  2. キーボードの左側の[shift][control][option]を同時に押しながら、電源ボタンを押します。
    これらのボタンを10秒間押し続けてください。

  3. 全てのキーを放したあと電源をもう一度押し、MacBookを起動します。

Apple T2セキュリティチップ搭載の場合

MacBook Pro/Airの2018年発売モデルはApple T2 セキュリティチップを搭載していますので、リセット手順が異なります。

まず電源が入っていないときに電源ボタンを10秒長押しし、その後数秒待って電源を入れてみてください。

それでも変化がない場合、以下の方法でリセットを行います。

  1. システムを終了させます。

  2. キーボードの左側の[control][option]、右側の[shift]を7秒間押します。
    さらにそれらを押しながら電源ボタンを7秒押します。

  3. 全てのキーを放したあと数秒待ち、電源を入れます。

NVRAM・PRAMのリセット

NVRAM(またはPRAM)は、音量や画面解像度、時間など、Macbookが設定情報を記録しておくメモリです。

これをリセットすることで、電源が入るようになる場合があります。

リセット手順

  1. Macを一旦システム終了します。

  2. 電源を入れ[option][command][P][R]の4つのキーを同時に押し、20秒ほど押し続けてから(2回目の起動音が鳴ってから)放します。

  3. 電源が入ったら、必要に応じてシステム環境設定を開き、初期化された設定の調整をします。

画像引用元:Appleサポート





【症状別】macbook(Pro/Air)の電源が入らないの時の原因と対処法

画面が真っ暗

起動しているかをまず確かめる

最初の「macbookが起動しない時のチェックポイント」で紹介したとおり、画面が映らないだけなのか、起動自体していないのかを確かめましょう。

ファンが回る音がするなど動いている気配があれば、モニターの異常が考えられます。

電源ボタンが反応しない

SMCのリセットNVRAM・PRAMのリセットを試してみましょう。

プログレスバーが途中で止まる・最後までいっても起動できない

起動後のプログレスバーが途中で止まったり、一杯になっても次に進まない場合は、以下のことを試してみてください。

※電源ボタンを押した直後[Shift]を長押しするとセーフモードで起動できます。

それでも解決しない場合、バックアップ(TimeMachine)から復元を行いましょう。

移行アシスタント
引用:Appleサポート
Time Machineバックアップしていない場合はこの方法は使えません。

普段よりこまめにTime Machineバックアップを作成しておくことをおすすめします。

  1. 電源を入れたあと[command]+[R]を押し続け、リカバリーモードで起動する

  2. Time Machineバックアップが保管されている外付けHDDを接続する

  3. Time Machine バックアップから復元する

アップルマークから先に進まない

アップルマークが出たまま進まない場合は、以下のことを試してみましょう。

それでも解決しない場合、ディスクのアクセス権の修復を行いましょう。

ディスクのアクセス権は、リカバリーモードから起動することで修復が可能です。

  1. 電源を入れたあと[command]+[R]を押し続け、リカバリーモードで起動する

  2. macOSユーティリティ画面→ディスクユーティリィを選択

  3. 「First Aid」を選択し、実行

  4. macOSユーティリティ画面→ディスクユーティリィを選択

  5. 「ディスクのアクセス権を修復」を選択

起動中に電源が落ちる

SMCのリセットNVRAM・PRAMのリセットを試しても改善しない場合、バッテリーの消耗が原因になっていることがあります。

MacBook Air/Proのバッテリー交換は、Appleサポートで12,800円で行うことができます。

起動時に禁止マークが表示される

禁止マーク
禁止サインが表示されるのは、ディスクに入っているMac OSが使えない場合です。

改善する場合はmacOSを再インストールする必要があります。

macOSユーティリティ

  1. 電源を入れたあと[command]+[R]を押し続け、リカバリーモードで起動する

  2. macOSユーティリティ画面→macOSを再インストールを選択

起動時にはてなマークが表示される


はてなマークの表示には、以下の2種類があり、それぞれで原因・対処が違います。

  • 数秒だけ表示され、起動ができる
  • はてなマークが点滅表示してそのあと起動できない

数秒だけ表示される

Appleメニューのシステム環境設定→起動ディスクを選びます。

出典:Appleサポート

ディスクのアイコン「Macintosh HD」をクリックしてウィンドウを閉じると、次回からは表示が出なくなるはずです。

はてなマークが点滅表示してそのあと起動できない

  1. 電源を入れたあと[command]+[R]を押します。
    Appleロゴもしくは地球儀アイコンが出るまで押し続けてください。

  2. 画面に表示される案内に沿ってWi-Fiネットワークを選びます。

  3. macOS ユーティリティ→「起動ディスク」を選びます。

  4. 起動ディスクを選択して再起動します。

歯車マークが5分以上回り続ける

電源ボタンを押した直後[Shift]を長押ししセーフモードで起動後、OnyXを使用してクリーニングをすると、症状が改善されることがあります。

OnyXの利用法についてはこちらに詳しく説明があります。↓

Mac – 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロード・インストール・起動

ビープ音が鳴る

Late 2016以降のMacBookでは、、MacBook Air (13インチ・2017)を除いてビープ音は鳴りません。

音の鳴り方のパターンを確認することで、どのような異常が起きているのかを確認できます。
スマホの方は右にスライド!

原因対処法
5秒ごとに1回繰り返し鳴るRAMがインストールされていないRAMが適切に取り付けられているか確認する
3回連続で鳴り5秒休むを繰り返すRAMがデータ整合性チェックに合格していないRAMが適切に取り付けられているか確認する
電源ボタンを押している間に、起動音が長く1回鳴るEFI ROMアップデートの実行中異常ではありません
3回長く鳴り、3回短く鳴り、3回長く鳴るEFI ROMの破損を検知したため、EFI ROMリカバリモードになっている自動的に修復するため、再起動まで待ちましょう




【おすすめ】macbook(Pro/Air)内のデータをすぐに復旧したい場合

仕事などで利用しているMacBookの場合、すぐに使えるようにならないと業務に差し支える、という方も少なくないでしょう。

そのような方には宅配修理の「PCメンテプロ」がおすすめです。

宅配修理の「PCメンテプロ」


出典:宅配メンテプロ

  1. 年中無休、24時間受付でスピーディに対応!
  2. 事前見積りで明瞭会計だから安心!
  3. 個人情報を厳重に管理!情報漏洩の心配なし

PCメンテプロは関東エリアのパソコン修理・データ復旧専門の会社です。

24時間365日年中無休で受付をしており、急ぎであれば診断後にスタッフが即座に対応してくれます。

Appleサポートの場合、故障の対処までに時間がかかります。

「明日パソコンを仕事で使うのに、このままでは困る!」とお急ぎの方にオススメです。





【Genius Bar】どうしても解決できない場合の解決法

Appleの不具合を解決できない!という方はGenius Barへ相談をしてみましょう。

修理申込の手順

  • Genius Barのページから相談する
  • Apple Storeに行く
  • Apple正規サービスプロバイダ(ビックカメラなど)

いずれかの方法で申込みができます。

実店舗は混雑していることが多いですので、事前予約をしてから行くことをオススメします。

店舗に持ち込みをして修理が必要な場合、工場に本体を送り修理をしてもらうことになります。

修理が終わり手元に本体が戻るまで、1週間~10日はかかります。

修理にかかる値段と補償の加入・非加入について

修理にかかる費用は修理内容によってまちまちです。

出典:DAIKINGのおブログ

保証に加入しており、保証期間内であれば無料で修理をしてもらえます。





まとめ

電源が直らない状態をすぐに復旧したい!

そのような時Apple公式で修理を依頼すると、工場に送って修理を行うため、1週間~10日はかかります。

保証対象外であったり、保証未加入であった場合はかなりの金額がかかります。

しかしパソコンの宅配修理を利用すると、最短で即日~数日でデータが復旧する可能性が高いです。

ドクターホームネットのように、365日24時間、全国に対応している業者もあります。ぜひ試してみてくださいね。




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す