Windowsで「Modern Setup Host」が重い時

Windowsupdate準備や実際にアップデートを実行するために必要な「Modern Setup Host」。

そんな「Modern Setup Host」が重いと感じる時があります。

今回は「Modern Setup Host」が重い時について見ていきます。

Modern Setup Hostが重い時の対処法

では「Modern Setup Host」が重い時の対処法をご紹介します。

1.クリーンブートを試す

まずは原因の切り分けのためにクリーンブートを試しましょう。

クリーンブートをすれば

  • インストールしたアプリ
  • 常駐アプリ
  • サードパーティ製のセキュリティソフトやファイアウォール

などに原因があるかどうかを確認することができます。

2.トラブルシューティングを試す

次にトラブルシューティングを試しましょう。

トラブルシューティングの手順は

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「設定」→「更新とセキュリティ」→「トラブルシューティング」をクリック
  3. 「Windows Update」→「トラブルシューティングツールの実行」をクリック
  4. 自動的にトラブルシューティングが終了するまで待つ

でOK。

これで「Modern Setup Host」の問題を解消することができます。

3.WindowsUpdateを確認する

バックグラウンドでWindowsUpdateが実行されていると重いと感じます。

そのため

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「設定」→「Windowsの設定」→「更新とセキュリティ」→「WindowsUpdate」→「更新プログラムのチェック」をクリック
  3. 「利用可能な更新プログラム」をクリック
  4. PCの再起動

でOK。

これで「Modern Setup Host」を完了させることができます。

4.システムファイルをスキャンする

システムファイルに異常がある場合があります。

この場合は

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「Windows PowerShell(管理者)」→「はい」をクリック
  3. sfc /scannow」を実行
  4. DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth」を実行
  5. PCの再起動

でOK。

コマンドを実行すると「Modern Setup Host」が解消されることがあります。

5.WindowsUpdateのキャッシュファイルを削除する

WindowsUpdateのキャッシュファイルが蓄積しているとエラーが生じます。

その場合は

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「ファイル名を指定して実行」をクリック
  3. C:\Windows\SoftwareDistribution\Download」を入力し「OK」をクリック
  4. エクスプローラーを開き「SoftwareDistribution」→「DownLoad」をクリック
  5. 「Download」フォルダを全て削除する
  6. PCの再起動

でOK。

これで「Modern Setup Host」が削除されることがあります。

6.Windows10を初期化する